プロレスラーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

プロレスラーとは、さまざまな興行に参加し、プロレスのリングで試合をする仕事です。戦う相手に技をかけることを行いますが、他の格闘技とは異なりショー的な要素も強く、派手なパフォーマンスや個性豊かなキャラクターで演出して、観客を楽しませることも大切です。また試合だけではなく、リングの設営、グッズなどの物品販売、お客さまのお見送り、雑誌やテレビなどのメディア出演、トークショーなども大事な仕事の一部になります。


プロレスラーは年齢制限はありませんの男女が目指せる、エンターテイナー職業です。
プロレスラーの職業は他にもプロレスラー・レスラー・選手と呼ばれております。
プロレスラーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、プロレスラーになるには?プロレスラーになるためには?プロレスラーになりたいを応援しております。

プロレスラー

プロレスラーってどんな仕事?(仕事内容など)

プロレスラーの仕事とは、さまざまなプロレスの興行に参加し、リングで試合を行うことです。人気プロレスラーになると、他団体の興行に参加することもあり、どこの団体にも所属せず、フリーで活動している人もいます。格闘技の一つですが、他の格闘技とは異なり、見せるためのショー的要素の強いスポーツ・エンターテイメントです。多くのお客さんに喜んでもらうには、自分がどんなタイプのプロレスラーなのかを確立したり、個性的なキャラクターを設定することも重要になり、記者会見やインタビューなどリングの外でも、そのキャラクターを一貫して演じ切ることが、プロレスラーとしての役割といえます。

プロレスラーになる為の勉強法

プロレスラーになるのに、学歴や経歴は関係ありません。また、資格も必要ありませんので、プロレスラー養成所で学ぶ方法があります。現役引退した有名プロレスラーやプロレス団体が運営する養成所に入ってトレーニングを積み、プロレスラーとしてデビューする方法です。この場合、プロレスラーとして所属する団体は、養成所の運営者と関係の深い団体になることが多いです。有名な養成所としては、「アニマル浜口レスリング道場」、「新日本プロレス道場」、「U.W.F.スネークビットジャパン」、佐々木健介の「健介道場」、栗栖正伸の「栗栖ジム」、田村潔司が主宰する「U-FILE CANP」、女子プロレスラーの風香が主宰する「風香プロレス教室」などがあります。アメリカやカナダ、メキシコ、イギリスにもプロレスラー養成所があり、海外の養成所で実力をつけ、プロレスラーになるという方法もあります。

プロレスラーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


プロレスラーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

プロレスラーの学歴

現在調査中

プロレスラーの勤務時間

現在調査中

プロレスラーに必要なスキルや機材

現在調査中

プロレスラーのやりがい

現在調査中

プロレスラー苦労、大変なこと

現在調査中

プロレスラー

プロレスラーの年収・将来性・独立について

プロレスラーに向いている人

プロレスラーに向いているのは、何よりもプロレスを愛していることです。プロレスが好きで好きでたまらないという人は、生観戦はもちろん、DVDやインターネットなどでいろんなプロレスの試合を見ているはずで、昔の力道山やジャイアント馬場、アントニオ猪木といった国民的スター時代の試合もたくさん見ているかもしれません。プロレス雑誌や漫画、プロレス本も読んでいるでしょうし、アメリカやイギリス、メキシコなど海外のプロレスにも興味をもっているかもしれません。プロレスラーになりたければ、このように多くのプロレスに触れておくことが大切です。プロレスというのは、格闘技でありながら、観客に楽しんでもらうというショー的な要素をもつスポーツ・エンタータイメントだからです。

プロレスラーと同じ分野の他の職業

格闘家・力士・プロボクサー

プロレスラーの年収・給料相場

プロレスには多くの団体があり、その中に選手は所属することになります。プロレスラーは団体の一員としてプロレスをして、給料をもらいます。一般にプロレスラーの収入は、所属団体からの給料やファイトマネーになります。団体によっては年俸制のところもありますが、収入額は、所属団体や本人の人気度、試合数などによって違いがあります。人気があれば、所属団体からの給料や契約金、ファイトマネーに加え、テレビやイベントなどへの出演料、取材費、グッズ販売料なども入ってくるので、それだけ年収もアップしていきます。人気プロレスラーにとって、収入面で大きいのはテレビCMや企業広告への出演料です。契約金が、知名度や好感度によって数百万円から数千万円にもなるようです。デビューから約5年間の年収は、平均で100?200万円といわれていますので、金銭的にかなり切り詰めなければなりませんが、最近は、会社員や自営業などと兼業しながら、プロレスラーの下積み生活を送る人が増えています。また、親から援助してもらったり、アルバイトをしている人もいます。固定ファンがついて人気が出ると、年収も500万?800万円に上がるようなので、収入を増やしたいと思えば、下積み時代からコツコツと努力して、ファンを喜ばせるパフォーマンスで客を呼べるプロレスラーになる必要があります。

プロレスラーの現状

かつて、ゴールデンタイムにテレビ放映され、国民的人気の高かったプロレスも、1990年代半ばから衰退していきましたが、2010年頃から、プロレスの人気が復活しつつあります。これまでのプロレスファンに加え、女性ファンや子どものファンが増えているからです。新日本プロレスでは、選手をテレビ番組やCM、雑誌広告などに出演させ、女性ファンを増やしました。イケメンレスラーや等身大レスラーが活躍しています。

プロレスラーの将来性

過去のプロレス人気を振り返ると、人気が下がった大きな原因としてスター選手の引退があり、プロレスに限らず、スポーツの場合、次々にスター選手が誕生しなければ、国民の関心が薄れてしまいます。プロレスラーの育成は大きなカギになりますが、現実には、プロレスラーになりたい人の数は減っているようですので、今後、プロレスラーが大好きで、自分もプロレスラーになりたいという人には、チャンスが広がっています。

プロレスラーの独立について

特定の団体に所属しないフリーランスのプロレスラーも多く存在します。フリーランスではあっても、個人事務所を持ち独自で興行を行うプロレスラーもいます。最近では、複数の団体と所属契約を結ぶプロレスラーも現れています。

プロレスラーの主な著名人

アントニオ猪木・棚橋弘至・三沢光晴・高山善廣・獣神サンダー・ライガー・タイガーマスク・オカダカズチカ・天龍源一郎・長州力・中邑真輔・藤原喜明(タレント)高田延彦(タレント)

コメントを残す

*

*