プロ棋士になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-01-12

公開日:2018-05-31

棋士(きし)とは、将棋用語としては「将棋指し」・「プロ棋士」ともいい、本将棋を職業(専業)とする人のことです。現代では日本将棋連盟に所属し、棋戦に参加する人のことを言います。女性限定の制度による「女流棋士」(女流のプロ)やアマチュアへの普及・指導を担当する「指導棋士」は(狭義の)棋士ではありません。また、日本将棋連盟は各種アマチュア大会に出場するアマチュア(愛棋家)のことを「アマチュア棋士」ではなく「選手」と呼んでいます。


棋士は最初の取得は19歳から26歳までの男女が目指せる、将棋を自分の仕事にできる職業です。
棋士の職業は他にも棋士と呼ばれております。
棋士に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、棋士になるには?棋士になるためには?棋士になりたいを応援しております。

棋士

棋士ってどんな仕事?(仕事内容など)

将棋の棋士は、名人を頂点とするプロ棋士が所属するリーグ戦(順位戦)で対局を行い、名人を目指すことが基軸の活動になります。ほかにも各タイトル戦やトーナメント戦などに出場し対局を行います。また、プロ棋士は日本将棋連盟に所属し、将棋の対局をとおして賞金を得ることを主としています。それと同時に将棋連盟からプロ棋士として登録されると順位戦と呼ばれるリーグ戦に所属し、最高峰の名人位を目指します。

棋士になる為の勉強法

まず必要なのは日本将棋連盟の「奨励会」への入会です。奨励会とは棋士になるための養成リーグのようなもの、ここで勝ち抜き昇級、昇段していきます。

棋士になるための専門学校や通信講座について

準備中です。


棋士の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

棋士の学歴

現在調査中

棋士の勤務時間

現在調査中

棋士に必要なスキルや機材

現在調査中

棋士のやりがい

現在調査中

棋士苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR


棋士

棋士の年収・将来性・独立について

棋士に向いている人

一見、静かで地味な対局風景ですが、その心中には見えない闘志が隠れています。「誰よりも勝ちたい!!」という気持ちが何よりも大切といえます。将棋は大変奥の深い競技です。また将棋は自分自身との戦いでもあります。考えて考えつくすには精神力も大きな要素といえます。

棋士と同じ分野の他の職業

将棋のインストラクター

棋士の年収・給料相場

以前はすべての棋士は日本将棋連盟に所属し、そこから給料をもらう立場でしたが、数年前の国の公益法人改革により、日本将棋連盟も体制の変換を求められました。現在は給料制度がなくなったため、その分を対局料であったり、将棋の普及活動に対する報酬という形で受け取るかたちになっています。トップ棋士の羽生善治棋士で約1億円。なんと十年以上わたりその座を守ってり、過去の公表されている結果をみてみると、だいたい20位で年収1千万円くらいです。

棋士の現状

棋士の将来性を語るには、将棋の普及が絶対条件です。競技人口は減りつつあるのが現状ですが、2017年は史上最年少のプロ棋士、藤井聡太四段が公式戦29連勝の最多記録を達成したことをきっかけに、将棋ブームに沸きました。それでも昨今はテレビゲームやインターネットなどの新たな文化の誕生で将棋をする人も少なくなりました。これからはいかに将棋を存続させ、盛り上げていくのかが将棋界の課題になっています。

棋士の将来性

スポンサー(資金源)を確保しにくくなっている現状があります。将棋界のスポンサーの多くは新聞社です。そんな状況の中、日本将棋連盟もいろいろな策を打っています。たとえばインターネットの活用です。無料動画サイトで対局の様子を配信したりして将棋の魅力を多くの人に伝えようとしています。将棋連盟も女流棋士の立場を確立することによって、女性の意見を取り入れるようになりました。今まで男性社会で敷居が高いイメージがあった将棋をよりわかりやすく、多くの人に伝えるために女性やファミリー層との交流会等も多く企画されたりするようになってきています。

棋士の独立について

有名棋士になれば、タイトル戦の解説や、講演、雑誌への投稿等さまざまな仕事があります。また、町の将棋教室等でアマチュアの方の指導をおこなったり、各種将棋イベントで公開対局をしたりといろいろな活動があります。これは個人で行えるようです。

棋士の主な著名人

羽生善治・渡辺明・佐藤康光・藤井聡太

コメントを残す

*

*