スポーツエージェントになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-31

スポーツエージェントは、プロスポーツ選手に代わってチームと契約交渉を行う仕事です。代理人契約を結んだ選手を売り込み、入団や移籍あるいは契約金についての交渉、契約更改などを担当します。選手は交渉を全面的に任せるので、信頼できる人でなければ代理人契約を結んでもらえませんし、チーム側も信頼関係が築けなければ、交渉の席にもついてくれません。スポーツエージェントは、その競技のあらゆる面について詳しく、かつ交渉が得意でなければなりません。


スポーツエージェントは幅広い年齢層の男女が目指せる、スポーツを通して人脈形成ができたり、他国の人々の優しさに触れられたりできます。また所属チームを移籍することは、選手にとって人生の転機になることなので、そんな大きな出来事に深く関われる、その場に立ち会えるという経験ができます。職業です。
スポーツエージェントの職業は他にもスポーツエージェント・代理人と呼ばれております。
スポーツエージェントに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、スポーツエージェントになるには?スポーツエージェントになるためには?スポーツエージェントになりたいを応援しております。


スポーツエージェントってどんな仕事?(仕事内容など)

スポーツエージェント

スポーツエージェントの仕事は、プロスポーツ選手に代わってチームと契約交渉を行うことです。プロ選手と「代理人契約」を結ぶと、その選手を売り込み、興味を示したチームと入団や移籍について交渉し、契約を結びます。所属チームとの契約更改も選手の代わりに行います。選手自身は交渉や契約に不慣れですので、チームの契約担当者と交渉するとどうしても不利になります。選手に代わって意見を主張し、チームと対等に交渉することが目的となります。契約が成立すれば、契約金や年俸の管理を行ったり、選手がプレーに集中できるように、選手や家族の引っ越し、新しい住居探し、子どもの教育の世話など日常生活のサポートまで行うこともあります。

スポーツエージェントになる為の勉強法

特別な資格はありませんので、特別な勉強法もありませんが、選手の価値を相手にアピールする能力や交渉力が問われます。

スポーツエージェントになるための専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

スポーツエージェントの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

スポーツエージェントの学歴

現在調査中

スポーツエージェントの勤務時間

現在調査中

スポーツエージェントに必要なスキルや機材

現在調査中

スポーツエージェントのやりがい

現在調査中

スポーツエージェント苦労、大変なこと

現在調査中

スポーツエージェントの年収・将来性・独立について

スポーツエージェント

スポーツエージェントに向いている人

スポーツエージェントに向いている人は、その競技のあらゆる面について詳しく、かつ交渉が得意な人になります。競技の細かなルールから戦術、主要国のチームや選手に関する動向や事情までわからなければ、契約交渉はできませんし、契約や労働に関する法律にも精通している必要があります。選手契約はビジネス契約となるので、チームから出てくる契約の専門家と対等に交渉できる知識と経験が必要になります。また、海外のチームと交渉するには英語が必須で、現地語も話せると有利です。交渉事を任せるので、信頼できる人物かどうかが問われます。信頼できる人でなければ代理人契約を結んでもらえませんし、チーム側も信頼関係が築けなければ、交渉の席にもついてはくれません。

スポーツエージェントと同じ分野の他の職業

スポーツ・エージェント

スポーツエージェントの年収・給料相場

スポーツエージェントの収入は、「代理人契約」を結ぶ選手からの契約料となります。額は選手との間で自由に決められますが、年俸の3~5%が相場といわれています。年俸3億円の選手と5%の契約をすれば1500万円です。しかし、大物選手も現役引退すれば、代理人契約は解除され、その選手からの収入はなくなりますので、若い選手とも契約を結ぶ必要がありますが、若い選手は年俸も少なく、代理人としての収入は限られます。多くの選手と契約すると仕事量が増えるため、会社組織にするエージェントが増えています。そうした会社の給料は、会社の規模や業績によってさまざまです。

スポーツエージェントの現状

日本のプロ野球で、エージェント業務はまだビジネスになっていません。交渉は、球団側がトラブルを警戒して弁護士か、メジャーリーグの公認代理人に限っていて、メジャーリーグのように誰でも登録できるようになればビジネスチャンスは広がります。それに対して、サッカー界は2015年4月から難関だった代理人試験が廃止され、誰でも登録できるようになりました。日本のサッカー界では、多くの選手がエージェント会社と契約しています。代理人登録ができるのは個人ですが、仕事内容が多岐に渡るため、会社組織にしているところが多いようです。日本のサッカー界で代理人になりたい人は、こうした会社に就職するのが近道になるようです。

スポーツエージェントの将来性

現在は日本のプロ野球界ではビジネスになっていませんが、今後は日本人選手の海外進出が増えることが期待できるので、会社に就職して経験を積めば、代理人としても活躍できそうです。また、アメリカやヨーロッパのエージェントに就職すれば、世界のスポーツビジネスの現場で経験が積めますので、こうした会社で実績を積んで人脈を広げれば、将来的に独立することも夢ではありません。

スポーツエージェントの独立について

スポーツエージェントは、プロスポーツ選手に代わってチームと契約交渉を行う仕事で、代理人契約を結んだ選手を売り込み、入団や移籍あるいは契約金についての交渉、契約更改などを担当します。収入は選手からの契約料となり、年俸の3~5%が相場です。プロ野球界ではエージェント業務はまだビジネスになっていないなど、スポーツエージェントになるための道のりは厳しいものとなりますが、海外のスポーツビジネスの場で経験を積み、多方面からも信頼を得ることができれば、独立することは可能です。

スポーツエージェントの主な著名人

団 野村(元プロ野球選手)

コメントを残す

*

*