グラウンドキーパーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

グラウンドキーパーは、野球場やサッカー場などでグラウンド整備を行う仕事です。特別な資格は必要ありませんが、整備の際にはグラウンド状態を見極める必要があるため、スポーツ経験がある人のほうが望ましいといえるでしょう。


グラウンドキーパーは幅広い年齢層の男女が目指せる、芝管理のプロ職業です。
グラウンドキーパーの職業は他にもグラウンドキーパーと呼ばれております。
グラウンドキーパーに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、グラウンドキーパーになるには?グラウンドキーパーになるためには?グラウンドキーパーになりたいを応援しております。

グラウンドキーパー

グラウンドキーパーってどんな仕事?(仕事内容など)

グラウンドキーパーの仕事は、野球場やサッカー場などでグラウンドの整備を行うことです。試合直前にグラウンドを平らにならしたり、規則に沿ってラインを引いたりして準備をします。グラウンド状態は、その日の天気に大きく左右されますし、気象条件によっても微妙に変化します。野球場なら試合当日の天気に合わせて土を硬くしたり、柔らかめに仕上げたりと微調整もします。また、サッカー場なら、芝の状態がプレーにまで影響します。速いパス回しを得意とするサッカーチームのスタジアムなら、少しでもボールの転がりをよくするため、ピッチの芝を短く刈り込んだりもします。選手たちが試合で最高のパフォーマンスを発揮できるように、競技場の細部にまで目配りしながらグラウンドを整備していきます。

グラウンドキーパーになる為の勉強法

グラウンドキーパーになるのに、とくに必要な資格はありません。グラウンドキーパーは、競技場によって委託を受けた専門業者の社員だったり、ホームチームの球団職員だったり、管理・運営する国や自治体の職員だったりとさまざまです。専門業者ならその会社の社員、球団職員ならその球団に採用される必要があります。また、国や自治体の職員なら、公務員試験を受けて採用されることが前提です。甲子園球場の整備で有名な阪神園芸は「新卒採用」と「キャリア採用」を行っています。新卒採用の場合、大学や専門学校などの卒業見込み者、キャリア採用は実務経験のある人が対象で、筆記試験と面接によって合否が判定されます。競技場ごとにどんな人がグラウンド整備を担当しているか調べ、それぞれの採用情報をチェックする必要があります。

グラウンドキーパーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

グラウンドキーパーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

グラウンドキーパーの学歴

現在調査中

グラウンドキーパーの勤務時間

現在調査中

グラウンドキーパーに必要なスキルや機材

現在調査中

グラウンドキーパーのやりがい

現在調査中

グラウンドキーパー苦労、大変なこと

現在調査中

グラウンドキーパー

グラウンドキーパーの年収・将来性・独立について

グラウンドキーパーに向いている人

グラウンドキーパーに向いているのは、まず繊細な感性をもつ人です。1年を通じて緑の芝を維持するには、ほんのわずかな変化もキャッチしながら慎重に育てる必要があります。また、芝やグラウンドの乱れが勝敗を左右したり、選手のケガにつながります。わずかな乱れにも敏感に気づけることが重要です。さらに、どちらかといえば、スポーツ経験のある人の方が向いています。たとえば、野球場の整備で一番難しいのはマウンドです。マウンドの作りを変えたことで投手成績がアップした球団もありますし、先発投手によってマウンドの硬さを変えている球団もあります。グラウンド状態とプレーの密接な関係をしっかり理解するには、競技経験がある方が有利でしょう。もちろん競技経験がなくても、繊細な感性があれば、仕事をしながら理解を深めていくことは可能です。

グラウンドキーパーと同じ分野の他の職業

グリーンキーパー

グラウンドキーパーの年収・給料相場

グラウンドキーパーは、業者や団体の社員として給料をもらいます。その額は会社や企業によって異なりますが、全体的な相場は一般サラリーマンと同程度です。阪神園芸のHPによれば、初任給は大学卒が20万1000円、専門学校卒が16万7500円となっています。待遇も、一般企業並みに整っています。現在のように競技場やテーマパーク、商業施設の人気が高く、緑化など環境問題に関心が高いと、こうした会社は一般的には地味ですが、専門業者として貴重な存在です。また、グラウンドキーパーの仕事は奥が深く、経験を積むほど重要な仕事も任されるようになり、やりがいも感じるでしょう。アルバイトの場合、時給は900円前後が相場です。

グラウンドキーパーの現状

グラウンドキーパーは、現在のスポーツ界では、グラウンドを整備するだけではなく、勝敗や戦術にまで大きく関わる貴重な存在になっています。チーム戦術や選手の特徴に合わせたグラウンドを作れるグラウンドキーパーは尊敬もされ、プロ選手を支える裏方としてマスコミに取り上げられることもあります。しかし、競技場の施設は限られており、グラウンドキーパーの人数自体が多くありません。また、経験を積むことで熟練していくため、長く務める人が多く、新規採用の少ないのが現実です。

グラウンドキーパーの将来性

長く務める人が多く、新規採用の少ない現実ですが、それでも希望はあります。2020年の東京五輪に向けてスポーツ環境が見直される可能性があるからです。全国にはまだまだ整備の行き届いていない競技場がいくつもあります。そうした競技場をしっかり管理・運営するようになれば、グラウンドキーパーの働き場所も増えていくはずです。

グラウンドキーパーの独立について

造園会社や競技場運営会社で一般的なサラリーマンとして働くのみ。

グラウンドキーパーの主な著名人

輪嶋正隆

コメントを残す

*

*