力士になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

力士とは、日本相撲協会に所属する相撲取りのことで、一番の仕事は、日本相撲協会が年6回主催する本場所で相撲をとることです。また、本場所に備えて相撲部屋で稽古をしたり、地方や海外での巡業があれば参加したりもします。力士になるには、日本相撲協会が年6回、本場所の前に実施する新弟子検査に合格する必要があります。


力士は義務教育修了から23歳未満で新弟子検査を受けられ、平均31歳で引退となるの男(アマチュア相撲では女性の大会もあるが、厳密には力士ではない)が目指せる、相撲道に精進すること職業です。
力士の職業は他にも相撲取りと呼ばれております。
力士に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、力士になるには?力士になるためには?力士になりたいを応援しております。

力士

力士ってどんな仕事?(仕事内容など)

力士とは、日本相撲協会に所属する相撲取りのことです。その一番の仕事は、日本相撲協会が年6回主催する本場所で相撲をとることです。横綱、大関ら幕内と十両の力士は1場所に15番、幕下以下の力士は7番の相撲をとって、各階級で勝ち星を競います。本場所以外には、地方や海外での巡業があれば参加します。本場所に備えて相撲部屋で稽古をするのも大切な仕事です。また、相撲は、古代から神前で行われた神事であり、力士は神から特別な力を授けられた士とされてきました。そのため、さまざまな行事や祭、イベントなどに参加することもあります。相撲部屋では地位の低い力士ほどちゃんこ作りや掃除などの仕事や雑用をこなしたり、幕内力士の身の回りの世話などもすることになっています。

力士になる為の勉強法

力士に学歴や資格は必要なく、なりやすい進学先も特にありません。中学、高校、大学と、どのルートからでも力士になる事は可能です。ただ、近年は幕内における、学生相撲出身者(大学)の割合が高く、学生相撲を経ての入門に一考の価値があります。学生、アマチュア時代(学生相撲や全日本相撲選手権など)に優秀な成績を収めた力士には、前相撲や序の口を飛ばして、いきなり幕下からのデビューが可能になる「幕下付出」という制度もあります。そして、大相撲の力士になるには、日本相撲協会が年6回、本場所の前に実施する新弟子検査に合格する必要があります。受検資格は、「中学校を卒業していること(義務教育を終えていること)」と「受検日に23歳未満」であることです。新弟子検査では背筋力、ハンドボール投げ、握力、上体起こし、垂直跳び、反復横跳び、50メートル走、シャトルランの体格検査と内臓検査(健康診断)が行われ、体格は身長167㎝以上、体重67㎏以上が合格です。ただし、中学を卒業する3月に新弟子検査を受ける場合は165㎝以上、65㎏以上と合格基準が下げられています。合格すれば、その場所の前相撲で新弟子同士相撲をとり、その成績によって次の場所での番付が決まります。最初は「序の口」からのスタートですが、前述したとおり学生横綱やアマチュア横綱などアマチュアで優秀な成績を残した者で、25歳未満の者は、身長、体重に関係なく、幕下付け出しとしてデビューすることができます。合格後は両国国技館にある相撲教習所に半年間通い、力士としての相撲の技術や知識を学習します。

力士になるための専門学校や通信講座について

準備中です。


力士の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

力士の学歴

現在調査中

力士の勤務時間

現在調査中

力士に必要なスキルや機材

現在調査中

力士のやりがい

現在調査中

力士苦労、大変なこと

現在調査中

力士

力士の年収・将来性・独立について

力士に向いている人

力士に向いているのは、コツコツと地道に厳しい稽古に励むことができる素質でしょう。あまりの厳しさに部屋を逃げ出す力士も数多くいます。力士になって出世したいという決意と覚悟がないと務まりません。また、力士は体が資本ですから、体づくりも仕事の一つです。体が小さい新弟子時代は、とにかく食べる、食べるの連続で、稽古よりも食べることが辛かったと振り返る力士もいるくらいです。食べることで体を大きくし、稽古で鍛えて強い肉体を作っていく、力士にはこうした努力を地道にやっていくスキルが必要となります。

力士と同じ分野の他の職業

行司、呼出し、床山、若者頭

力士の年収・給料相場

力士の収入の基本は、相撲協会からの給与や手当、成績に応じて額の決まる褒賞金などです。十両が年間約1700万円、幕内で約2100万円、大関で約3800万年、横綱で約4700万円となっています。これに1本につき3万円をもらえる懸賞金や「タニマチ」とよばれる支援者からのご祝儀、CMや各種イベントへの出演料などが入ると、十両で年間約2,000万円、人気横綱なら1億円を超えるといわれています。当然ながら強くて人気があれば、収入がどんどん増えます。ただし、所属する相撲部屋によって収入の何%かを部屋の運営費として支払うことになっています。ちなみに力士の月収は決まっており、最高位の横綱がもらえる月収は282万円、大関は234万円です。「十両」に昇進すると、「関取」といわれ、一人前の力士として月収がもらえます。また、給料のない幕下以下は場所ごとに手当がつき、その額は序の口で年額42万円、序二段で48万円、三段目で60万円、幕下で90万円です。

力士の現状

力士の数は、この20年で大きく減っています。20年前には約800人いた力士が、現在は600人程度。20年で約200人も減りました。また、20年前には年間150人前後だった新弟子の数も、近年は50~80人に減っています。力士を目指す若者が減っている一方、幕内力士の約30%を外国人力士が占めるようになりました。現在は各相撲部屋に外国人力士は1人という制限があるため、外国人力士の数が抑えられていますが、このまま日本人力士の数が減り続ければ、大相撲のあり方や運営方法にも影響が出そうです。今後は、日本人力士の数を増やす努力が必要であると同時に、力士をめざす日本の若者が増えるように、昔ながらの育成システムも変えていくことが求められるでしょう。

力士の将来性

1990年代のいわゆる若貴ブームといわれた時代には、一度の新弟子検査に百人以上が受検した時代もあり、現在はそのブームも下火にはなりましたが、入門を志す方はいます。一昔前は、中学校を卒業したら入門する新弟子が多かったですが、今は高校や大学の学生相撲を経験して入門する力士が多くなってきました。そういった意味でもアマチュア相撲の経験者が入門するという風潮になっているといえます。つまり大相撲を志す若者はたくさんおり、力士という「職業」というよりも、相撲道を志す若者が消えることはないでしょう。大相撲の力士は、文字通り「裸一貫」で、自分の体を使って土俵で相撲を取ることが仕事です。毎日、毎日厳しい稽古を行い、年に6回開催される本場所の土俵で戦います。ハッキリ言うと非常に厳しい世界で、会社員のように勤続していれば出世や昇給が約束されているわけではなく、万一ケガでもすれば本場所の土俵にあがることはできず、番付が下がっていきます。そういった意味で、将来性や安定性が確実に約束されている世界ではありませんが、本人のやる気次第で番付を上げていくことが大事です。

力士の独立について

独立して自分の部屋をもつことが出来ます。2006年に相撲部屋の新規開設の要件が作られました。その要件は、「横綱もしくは大関」「三役(関脇・小結)通算25場所以上」「幕内通算60場所以上」以上を満たした年寄で師匠の了承を受けることにより、引退後1年以上経過で部屋を新設できることになります。また、力士は1人以上在籍してれば良いことになっています。

力士の主な著名人

萩原寛(稀勢の里 寛)

コメントを残す

*

*