予想屋になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

予想屋は、公営競技場から許可をもらって、レースの予想を立てて、来場者に情報を売ります。実際には場内に立ち、口上を述べて客を集めます。予想は各自独自の方法で立てます。予想がはずれても補償などはありません。料金は通常1レース100円(1日分500~1000円という所もある)で、5cm四方程度の小紙片に手書きやスタンプで予想を記したものを渡すスタイルが一般的です。1日分の予想を購入した場合、全レースの予想を記した紙がもらえます。レースごとにこの紙を見せることで最新の予想を無料で手にする事ができます。


予想屋は高齢化が進むの男性が多いが目指せる、いずれなくなるかもしれない職業です。
予想屋の職業は他にも早替、馬券予想会社と呼ばれております。
予想屋に「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、予想屋になるには?予想屋になるためには?予想屋になりたいを応援しております。

予想屋

予想屋ってどんな仕事?(仕事内容など)

予想屋はあらかじめ場によって割り振られた場所に立って、公衆に向かって自分が推定するレース展開や自分が集めた情報などを演説します。ただし、この演説では最終的な着順予想は公表されず、演説を聞いてその予想屋の着順予想を知りたいと思った客が、料金を支払って着順予想を受け取ります。料金は通常1レース100円で、5cm四方程度の小紙片に手書きやスタンプで予想を記したものを渡すスタイルが一般的です。1日分の予想を購入した場合、全レースの予想を記した紙がもらえます。レースごとにこの紙を見せることで最新の予想を無料で手にする事ができます。

予想屋になる為の勉強法

予想屋は「口上」と呼ばれる解説で客を集めます。弟子入りした後は、口上や予想の立て方を先輩予想屋から学びます。下積み期間は多様ですが、10年以上かかる場合もあります。

予想屋になるための専門学校や通信講座について

準備中です。

予想屋の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

予想屋の学歴

現在調査中

予想屋の勤務時間

現在調査中

予想屋に必要なスキルや機材

現在調査中

予想屋のやりがい

現在調査中

予想屋苦労、大変なこと

現在調査中

予想屋

予想屋の年収・将来性・独立について

予想屋に向いている人

儲けはほとんどなくても、予想をするのが好きだから頑張れる、という人は向いています。

予想屋と同じ分野の他の職業

該当なし

予想屋の年収・給料相場

現在調査中

予想屋の現状

競輪・競艇・オートレース・地方競馬では競技場側に申請を行い、認可の元に出入りしている予想屋が存在します。公式サイトで公認の予想屋を紹介している主催団体もあります。中央競馬では公な場内での活動は認めていないため存在しません。多くが大井、川崎、船橋、浦和の南関東の四競馬場を週ごとに移動して営業しています。高齢化が進んでいますが、弟子を取っている人もいます。笠松競馬場では、唯一の女性予想屋がいたり、若い予想屋もいますが、これは珍しいケースです。

予想屋の将来性

基本的には儲けることは難しい職業です。プロになっても、儲けている人は一握りです。競馬新聞やスポーツ新聞などの編集部に所属して競馬記者になる方が安定して収入を得られます。的中率が高い人は、予想者としてテレビ番組や雑誌などに出演したり、競馬の予想会社に雇われて収入を得るパターンもあります。個人で競馬の予想や情報を有料で提供していく場合は、予想者としてかなり知名度が高くないと厳しいでしょう。

予想屋の独立について

名乗るだけならその日から名乗れます。個人サイトなどで予想を披露すればいいだけです。どこかの会社に所属しないとなれない、ということもありません。しかし、自分の予想で収入を得られるような、いわゆるプロの予想屋になるには、世間に認知される必要があります。先輩の予想屋の弟子になる人もいれば、「競馬の予想コンテスト」などで好成績を残して有名になった人もいます。いずれにしても、自分が発信した情報を買ってもらえるだけの勝率や、認知度を上げるための準備が必要です。

予想屋の主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*