NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-07-10

パーソナルトレーナーは、主に1対1でクライアントのニーズに応じたエクササイズ指導を行うスペシャリストです。NSCA認定パーソナルトレーナーは、クライアントが求める健康増進や体力向上に関するニーズに合わせて個別のアプローチを用いてマンツーマンで運動指導を行う専門的能力をもつ人材であることを認定する資格です。


NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】は幅広い年齢層の男女が目指せる、需要の高まりが期待できる資格です。
NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格取得者は他にもスポーツトレーナーと呼ばれております。
NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の資格は「民間資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】になるには?NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】になりたいを応援しております。

目次

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】になるために必要な知識・受験資格


マシンを使ったトレーニング法や柔軟性エクササイズなどのエクササイズテクニック、目標設定などのプログラムプランニング、安全な手順や専門職としての法的な知識や基礎栄養学など、幅広い知識が必要です。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の資格は「特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)」が運営管理を行っております。

特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)とは:
米国に本部を持つNSCA(National Strength and Conditioning Association)の日本支部で、研究に裏付けられたストレングストレーニングとコンディショニングの知識の普及と、その健康やスポーツ現場への応用を支援しています。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】ってどんな仕事?(仕事内容など)

パーソナルトレーナーは、主に1対1で個々のニーズに応じたエクササイズ指導を行います。

対象となるクライアントは、スポーツ選手や、健康、体力作りを目的とした一般の人、医療的な問題を抱えてリハビリテーションを目的とした人など多岐に渡るため、様々な目的に応じたエクササイズプログラムを作成し、指導を行うことができる幅広い知識が必要です。
個人でクライアントと契約を結ぶこともありますが、民間フィットネスクラブや公共トレーニング施設に勤務することが多いようです。

NSCA認定パーソナルトレーナーは、クライアントが求める健康増進や体力向上に関するニーズに合わせて個別のアプローチを用いてマンツーマンで運動指導を行う専門的能力をもつ人材であることを認定する資格です。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格取得の為の勉強法

パーソナルトレーナーとしての知識は大学や専門学校で学ぶこともできますが、独学でNSCA認定パーソナルトレーナーの取得を目指すことも可能です。
独学の場合、NSCAで販売しているテキストと問題集や受験対策のWebコンテンツを利用するとよいでしょう。

また、NSCAでは年に一度、資格認定試験前に2日間の受験対策講座を開催していますので、こちらを受講するのも有益です。
NSCAのHPに学習方法が記載されていますので、参考にするとよいでしょう。

受験資格にCPR(心肺蘇生)およびAED(自動体外式除細動器)の認定を保持していること、とありますので、事前に消防署などでCPRとAEDの実技を含む講習を受け、認定証を受け取っておく必要があります。
出願時に有効なCPRおよびAEDの認定を保持していない場合は、受験日の1年後までに提出すればよいようです。

資格取得後は資格更新が必要で、資格を維持するためには一定期間内に所定の継続教育活動単位を取得しなければいけません。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の専門学校や通信講座について

先ずは無料で資料請求

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の資格試験料

試験料は45,200円です。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】試験・検定の年間試験回数

試験は全国各地の試験会場で随時実施されています。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】試験科目等の内容

試験は、コンピュータの画面上に試験問題と3つの選択肢が表示され、選択肢から1つの解答を選ぶ方式で行われます。
ノンスコアード問題と呼ばれる採点対象外の15問を含めた全155問で構成されていて、試験時間は3時間です。

クライアントに対する面談と評価、プログラムプランニング、エクササイズテクニック、安全性、緊急時の手順および法的諸問題等に関する設問が出題されます。
25~35問が映像や画像と関連して出題され、主にエクササイズテクニック、機能解剖、および体力テストのプロトコルに関する知識を問う内容となっています

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格の難易度

全体的にかなり幅広い知識が必要となり、難易度は高めです。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格の合格率

約65%です。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】試験の合格発表

試験終了後すぐに、試験の合否と点数が記載されたスコアボードが手渡されます。
試験に合格し、資格認定の条件を満たしている人には、後日、NSCAジャパンから資格認定証が届きます。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格取得後の就職先・年収・報酬相場

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】所持者の職業例

フィットネスクラブやジムに所属するほか、フリーでフィットネスクラブなど契約して活動したり、個人でジムを持ってパーソナルトレーナーとして完全に独立したりします。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】に向いている人

相手の状況に合わせて的確に対応ができる、コミュニケーション力のある人に向いています。
また、自らのスキルや知識、対応力を常に磨こうとする向上心のある人に向いています。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】と同じ分野の他の資格

認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)、NESTA PFT認定、JATI認定トレーニング指導者資格(JATI-ATI)、スポーツプログラマー(日本体育協会)、健康運動指導士(健康・体力づくり事業財団)

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の年収・給料相場

プロスポーツのスタッフとして契約した場合、年俸は300万から1000万円ほどになるようですが、契約できる人は多くはありません。
スポーツジム等に所属する場合は安定収入が見込めますが、年収300万円程度です。

フリーとして活動したり、個人で事務を経営する場合は、本人の技術力や経営努力により差が出てきます。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の現状

アメリカにおいてはパーソナルトレーナーはすでにかなりメジャーな職業になっています。

日本でも生活習慣病などの問題が増えて、健康志向が高まっていることから、身体トレーニングや食事方法を指導するパーソナルトレーナーの需要も高まっています。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の将来性

今後も健康志向の高まりが続くと予想され、これに伴いパーソナルトレーナーの需要も増えていくことが予想されます。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】の独立について

フリーのパーソナルトレーナーとしてフィットネスクラブと契約して活動たり、個人でジムを持って完全に独立したりすることが可能です。

NSCA認定パーソナルトレーナー【NSCA-CPT】資格を所有している主な著名人

不明

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*