ダンスインストラクター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

バレエ等の専門でもない限り、本来ダンスインストラクターに資格は必要ありません。しかし認定ライセンス資格の受講することで、ダンス指導に必要なコミュニケーションやマナー、教え方といった知識を得る事により、将来様々な分野での活躍が可能になります。

       

ダンスインストラクターは16歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、履歴書に記載できる職業です。
ダンスインストラクターの職業は他にも認定ダンス指導員と呼ばれております。
ダンスインストラクターに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ダンスインストラクターになるには?ダンスインストラクターになるためには?ダンスインストラクターになりたいを応援しております。

ダンスインストラクター

ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスと一言にいっても様々なジャンルが存在しており、その各ジャンルで指導を行う職業です。子供むけの教室から、プロを目指す受講者に向けたダンスの実技指導を行います。学校や自治体、企業等へダンス講師・パフォーマーとして、派遣や推薦など幅広い場所での活動が可能となっています。更新のない永久資格となっており、企業やスポーツクラブ、ダンス教室などに就職する場合や、教員採用試験にも有利になりやすいと言えます。

ダンスインストラクターになる為の勉強法

ダンス指導研修会1は、ダンスの指導方法を目的とした講習です。2と合わせて受講することで、ダンス指導の基礎を身に着けることができます。スキルアップ講習会では、ダンス教育を行う上での具体的な指導方法および、ストレッチや応用までを学びます。各研修を受講したあとは、筆記・実技による認定試験を行います。試験対策としては「ダンス教育指導士」の筆記試験では、同連盟監修書籍「ダンス教育指導士試験対策問題集」より、実務・ダンス・研修会の基礎知識等を学んでおくと良いでしょう。過去に出題された問題等も網羅されており、試験受講の唯一の対策といえます。「小・中学校学習指導要領」が試験範囲に含まれている他、研修会1や2で配布された資料も参考になります。実技試験の参考書は「中学校ダンス指導のコツ」で、ダンスの動きの基本や具体的な指導方法をDVDで解説しています。その他、筆記および実技試験の対策講座を受けておくこともおすすめします。

ダンスインストラクターになるための専門学校・通信講座

まずはダンスインストラクター専攻の専門学校に通うことから始めましょう。未経験からでも始められますが、学校卒業者やダンス経験者がスキルアップや就職の際に有利となるように、ライセンス資格を取得することが多いようです。

ダンスインストラクターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ダンスインストラクターの学歴

現在調査中

ダンスインストラクターの勤務時間

現在調査中

ダンスインストラクターに必要なスキルや機材

現在調査中

ダンスインストラクターのやりがい

現在調査中

ダンスインストラクター苦労、大変なこと

現在調査中

ダンスインストラクター

ダンスインストラクターの年収・将来性・独立について

ダンスインストラクターに向いている人

まずは音楽や踊ることが好き、将来ダンサーになりたい方はもちろん、学校の教員の方、ダンススタジオ、スポーツインストラクター、地域自治体の方、会社員等、ダンススキルをアップしたい方向けです。学校での必須科目になったことで、今までダンスに触れてこなかったスタジオ利用者や生徒に、ダンスの楽しさや素晴しさを伝えられるコミュニケーション能力の高さが、一番必要な資質であると言えます。

ダンスインストラクターと同じ分野の他の職業

スポーツインストラクター、スポーツトレーナー、ダンサー、コレオグラファー、振付師、トレーニング指導士、フィットネストレーナー

ダンスインストラクターの年収・給料相場

ダンス教室で教える場合、1レッスン当たりの単価となります。料金体系は、インストラクターのスキルによって変動します。他にも、1レッスン当たに何人受講者がいるのかという、歩合制になる場合もあります。時給平均で計算すると、通常2,000~5000円で実力や経験の長いインストラクターだと、1時間1万円の方も存在します。年収で見ると200万~400万と幅広くなります。

ダンスインストラクターの現状

本来、ダンスインストラクターに資格は必要ありません。しかし未経験者がダンスを教えて報酬を得ることは難しいので、まずはダンススクールに通ったり、認定ライセンスを取得することが必要となります。スクールや認定研修会に参加することで、広い人脈を得て就職先の斡旋を受けられるのが一番のメリットといえます。

ダンスインストラクターの将来性

ダンススクールの正社員はもちろん、副業としてのインストラクターやパート・アルバイトまで自分のスキルに合った、働き方ができます。認定ライセンスを取得する事で、推薦や信用度という観点から様々な分野での活動を行うことができます。

ダンスインストラクターの独立について

認定ライセンス資格でのスキル取得や、経験を積むことで個人経営でダンス教室を開くこともできます。

ダンスインストラクターの主な著名人

完戸夏織(ダンサー)、大前匠(元劇団四季俳優)

コメントを残す

*

*