2019年税理士試験の日程・試験日最新情報

masman

by matsuo

更新日:2019-04-17

公開日:2019-04-17

税理士

大人気の国家資格である税理士資格。取得を目指して頑張っている方も多いのではないでしょうか。そんな方たちの参考となるよう、今回は2019年度税理士試験の試験日や、申し込み・合格発表の日程の最新情報をまとめました。


今回は、国家資格のなかでも最難関と言われているにも関わらず、人気の高い税理士資格についての記事です。

2019年税理士試験の試験日や、申し込み・合格発表の日程についての最新情報を随時公開していきます。

参考にしていただければ幸いです。

税理士試験の試験日・スケジュール

税理士
2019年税理士試験スケジュール
項目 日程
申し込み受付開始 5月8日(水)
申し込み受付締切 5月20日(月)
試験実施日 8月6日(火)~8月8日(木)
合格発表日 12月13日(金)

日程については、今後変更される場合があります。

また、受験願書の提出方法については、郵送のみ(一般書留、簡易書留又は特定記録郵便)となっています。

詳細については国税庁のホームページなどをご覧ください。

出典:国税庁

税理士試験の試験科目・合格基準

税理士試験では、税理士となるのに必要な学識と、応用能力の有無を判定されます。

試験科目

試験科目は、会計学(簿記論・財務諸表論)の2科目+税法(所得税法・法人税法・相続税法・消費税法・酒税法・国税徴収法・住民税・事業税・固定資産税)の中から受験者が選択した3科目(所得税法or法人税法の1つは選択必須)について行われます。

1度に5科目受験する必要はなく、1科目ずつ受験しても良いことになっています。

合格基準・合格率

合格基準は、各科目とも満点の60%となっています。

合格科目が、会計学2科目と税法の3科目の合計5科目に達することで、税理士試験合格となります。

また、合格率は毎年10~20%ほどなっているので、難易度はかなり高いものと思われます。

税理士試験の受験資格

税理士試験の受験資格には、様々な分野での受験資格が定められています。

学歴(学識)所持資格職歴
・大学、短大または高等専門学校卒業者で、法律学または経済学を1科目以上履修した者
・大学3年次以上で、法律学または経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
・一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学または経済学を1科目以上履修した者
・司法試験合格者
・公認会計士試験の短答式試験に合格した者
・日商簿記検定1級合格者
・全経簿記検定上級合格者
・法人または個人事業主の会計に関する事務に2年以上従事した者・銀行、信託会社、保険会社などにおいて、賃金の貸付や運用に関する事務に2年以上従事した者
・税理士、弁護士、公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者

詳細は国税庁ホームページをご覧ください

関連リンク

税理士

資格広場では、以下の記事で税理士資格についての情報をまとめています。
税理士試験を受験される方や、税理士資格に興味のある方はぜひご一読ください。

税理士資格の難易度に関するランキングは?取得後の年収は?
税理士とは、税の専門家として企業や個人における申告納税推進、納税代理や企業コンサルなどを行います。独立開業をしたい方にとっては税務の知識は必要不可欠で、とても重宝される資格です。難関資格ですが、それよりも難しい弁護士や公認会計士の資格を取得すると...
税理士試験を独学で合格するには?勉強時間とテキスト対策など解説!
税理士は、税や会計に関する専門家です。税理士資格を取得することで、あらゆるビジネスシーンに活用することができます。そこで今回は、税理士試験を独立合格するには「必要となる勉強時間」や「どのようなテキストを選べばいいのか」など解説していきます。
税理士と公認会計士の違いとは?気になる年収や難易度もご紹介
今回は税理士と公認会計士に関して、違いやそれぞれの仕事内容についてまとめました。また、気になる年収や就職の難易度についても紹介しているので是非参考にしてください。
2019年簿記検定試験の日程・試験日最新情報
1年に3度実施されている日商簿記検定試験ですが、今回は2019年度の簿記検定試験の試験日や、申し込み・合格発表の日程についての最新情報をまとめてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

*

*