2019年司法書士試験の日程・試験日最新情報

masman

by matsuo

更新日:2019-06-24

公開日:2019-04-02

刑務官

国家試験のなかでも最難関の司法書士資格は、まず筆記試験に合格し、そのあとの口述試験に合格しなければなりません。ここでは、2019年度司法書士試験の試験日や、申し込み・合格発表の日程についての最新情報をお伝えします。

       

非常に難関と言われている司法書士試験には、筆記試験と口述試験があり、それぞれ試験日が異なります。

このページでは、2019年度に実施される司法書士試験の筆記・口述それぞれの試験日や、申し込み・合格発表の日程についての最新情報を随時更新しています。

司法書士試験の試験日・日程

司法書士試験取得

司法書士試験に挑むなら

司法書士試験は筆記試験と口述試験で日程が異なります。

また、この試験は年齢、性別、学歴などに関係なく誰でも受験することができます。

筆記試験の日程・試験内容

筆記試験の日程は、2019年7月7日(日)です。

【試験の内容】

(1)憲法,民放,商法(会社法その他の商法分野に関する法令を含む。)及び刑法に関する知識
(2)不動産登録記及び商業(法人)登記に関する知識(登記申請書の作成に関するものを含む。)
(3)供託並びに民事基礎,民事執行及び民事保全に関する知識
(4)その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力
出典:法務省

口述試験の日程・試験内容

口述試験の日程は、2019年10月15日(火)です。

【試験の範囲】

  • 不動産登録記及び商業(法人)登記に関する知識(登記申請書の作成に関するものを含む。)
  • その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力
出典:法務省

司法書士試験の申し込み日

司法書士試験取得

まだ間に合う!司法書士試験取得を目指す

司法書士試験の申し込み日の期間は、
2019年5月7日(火)~5月17日(金)まで(土日除く)の午前8時30分~正午まで及び午後1時~午後5時15分までです。
※郵送による申し込みは2019年5月17日消印有効

受験料は8,000円です。

平成30年度(2018年度)の司法試験の筆記試験合格者は、筆記試験の免除を受けることができます。

出典:法務省

司法書士試験の合格発表日

司法書士

司法書士試験の合格発表日は以下の通りです。

司法書士試験合格発表日2019年度
筆記試験合否8月13日(火)
法務省ホームページ
最終合格発表11月5日(火)
法務省ホームページ

またホームページ以外でも、各受験地への掲示・合格証書発送による通知・官報への広告(最終合格者のみ)で確認することができます。

筆記試験の合格者は、令和2年度(2020年度)の司法書士試験の筆記試験が免除されます。

関連リンク

司法書士試験取得

独学でも目指せる!司法書士試験

資格広場では、司法書士資格についての情報を以下の記事でまとめています。
ぜひ参考にしてください。

司法書士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析
司法書士とは司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき主に登記手続きの代理業務を行っています。他にも裁判所に提出する公的な書類作成や、成年後見に関する手続きを行っており、ある意味相談者ありきのサービス業です。司法書士試験に関して...
司法書士受験者が選ぶ!合格したら就職したい人気の事務所ランキング
法律業務の代行を行う司法書士は、合格率3%前後と厳しく、合格者が少ないことで知られています。司法書士試験に合格後、独立開業も出来ますが、ほとんどの合格者は司法書士事務所か法律系の事務所に就職、もしくは企業の法務部に勤めます。そこで司法書士受験生に聞...

コメントを残す

*

*