行政書士

Tweet Tweet行政書士は幅広い年齢層の男女が長く続けることができる資格です。 資格名:行政書士 目次1 行政書士の資格は「国家資格」です。2 資格広場では行政書士になるには?行政書士なるためには?行政書士になりた […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行政書士は幅広い年齢層の男女が長く続けることができる資格です。

資格名:行政書士

行政書士の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では行政書士になるには?行政書士なるためには?行政書士になりたいを応援しております。

行政書士になるために必要な知識

行政書士の試験には一定の要件を満たせば受験の免除を受けられます。一つ目は弁護士・弁理士・公認会計士・税理士の資格を持っている人です。二つ目は国または地方公共団体の公務員等として行政事務の担当期間が通算20年以上の人です。

行政書士の資格は「一般財団法人行政書士試験研究センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人行政書士試験研究センターとは:

一般財団法人行政書士試験研究センターは、行政書士試験の運営・試験制度の調査研究を行っています。

行政書士 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

行政書士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

行政書士は、官公庁への許認可に関する書類提出や、契約書、交通事故調査報告書等、権利義務または事実証明に関する書類作成業務・代理提出業務を行います。行政書士が作成する書類は簡単なものから複雑なものまで数多くあり、その種類は約3000種類といわれています。官公庁に提出する書類作成業務や権利義務に関する書類作成は行政書士のみできる業務ですが、幅広い業務をするために他の資格(例えば司法書士)を取得し業務の幅を広げる行政書士もいます。

行政書士資格取得の為の勉強法

行政書士の試験はマーク方式で出題される筆記問題が57問、40文字程度で解答する記述問題は3問出題されます。法律や政治といった内容と聞いただけで難しいと思いがちですが、合格ラインは絶対評価なので合格基準点をクリアすればだれでも合格となります。問題の的を絞り合格ラインを目指す勉強法をすることでより短い勉強時間で合格することができるでしょう。

行政書士の試験料・試験の内容・合格発表について

行政書士資格試験料

行政書士の試験はマーク方式で出題される筆記問題が57問、40文字程度で解答する記述問題は3問出題されます。出願画面の指示に従ってクレジットカード(申込者本人名義のものに限る。)又は、コンビニエンスストアで払い込んでください。なお、払込みに要する費用は、受験申込者の負担となります。法律や政治といった内容と聞いただけで難しいと思いがちですが、合格ラインは絶対評価なので合格基準点をクリアすればだれでも合格となります。問題の的を絞り合格ラインを目指す勉強法をすることでより短い勉強時間で合格することができるでしょう。

行政書士試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回行われています。11月に行われ、合格発表は翌年1月に行われます。

行政書士の試験科目等の内容

行政書士国家資格の試験は法令科目と一般知識科目の2科目が出題されます。試験の内容は法令科目は憲法や民法といった法律問題、一般知識問題は政治や個人情報保護などです。記述問題は法令科目の内容より出題されます。40文字程度で解答する問題ですが、ここで点数を落とす人も少なくはありません。

行政書士資格の難易度

試験内容は憲法や民法、行政法など8科目から出題されます。合格率から見て難しい資格と言われていますが、要点さえしっかり押さえることができればさほど難しくはない試験ともいわれています。行政書士の試験を受験する人は仕事をしながら勉強する人が多く十分な勉強時間が取れないため試験に落ちてしまう人が多いと言われています。どのような試験にも言えますが、試験勉強をする時間と過去問題などからの出題傾向を読み取ることが合格への近道と言えます。

行政書士資格の合格率について

平成27年度の行政書士の合格率は13.1%と平成14年の19.2%以来、大幅に上昇しました。行政書士の試験合格率は例年5%~10%と低く一見難しいように見えますが、受験資格に制限がなく誰でも受けられる試験ともいえるため合格率が低くなっているとも考えられます。

行政書士試験の合格発表

行政書士試験の合格発表は3通りあります。1つ目は、合格発表当日に行政書士試験研究センターの事務所掲示板に掲示されるものを確認する方法です。2つ目は合否通知書が届くのを待ち確認する方法です。3つ目は行政書士研究センターのホームページで確認する方法です。行政書士試験研究センターにて掲示・反映されるのは合格発表当日の午前9時です。

sponsored link

行政書士資格取得後の傾向

行政書士の職業例

行政書士

行政書士に向いている人

とても重要な書類の作成を行うため、期限が切れていないか、記入漏れはないかなど細かいところに気を配ることのできる「神経質な人」と言われる人は行政書士に向いているでしょう。また、間違いが許されない作業になるため責任感の強い人もまた求められるスキルになるでしょう。

行政書士と同じ分野の他の資格

司法書士、弁護士

行政書士の給料相場

行政書士の給料は勤務地によって5~10万円ほど差が出ますが、平均で約20万円ほどと言われています。企業に勤務している行政書士のボーナスは一般企業とは異なり、支給されない場合が多いため年収は240万円~360万円程度となります。

行政書士の現状

行政書士試験の受験者数は年々減少傾向にあります。ですが対照的に合格者の人数は少しではありますが増加傾向にあります。東京や名古屋など人口の多い地域では司法書士の人口も比例して多く、就職口や研修先がないといった現実が合格者に影響を及ぼしています。

行政書士の将来性

少子高齢化が進んでいる今、将来は今よりもっと高齢者が街にあふれる時代になると予想されています。そうなれば相続・遺言など様々な契約書の作成など行政書士を必要とする人もまた増加していきます。行政書士の取り巻く環境は今は厳しいものでも、徐々に安定するでしょう。

行政書士の独立について

行政書士試験で学習する内容がそのまま実務に直結しているため、試験合格後短期間で独立開業することも可能です。ですがやはりあらかじめ顧客を獲得しておくことやコネを見つけておくことは起業・独立するためには必須になります。行政書士の人口増加で顧客獲得が難しくなってきているので、まずは一般企業で経験と人脈を作ることが大切です。

こんな著名人の方も行政書士資格を持ってます。

上原亜季、田島隆、片山さつき

コメントを残す

*

*