行政書士、司法書士、社労士の違いとは?資格取得の難易度も紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-05-15

公開日:2019-03-15

行政書士

今回は行政書士、司法書士、社労士の違いについてまとめました。また、それらの資格取得を目指されている方のためにそれぞれの難易度や概要についても詳しく紹介しているので是非参考にしてください。


一般的に士業と呼ばれる職業には様々な種類がありますが、行政書士司法書士、そして社労士は士業の中でも特に認知度の高い資格です。

今回はこれらの資格に関して、それぞれの違いや主な仕事内容や概要、また資格取得の難易度について徹底解説します。


行政書士とは?

行政書士

行政書士対策はコチラ!

皆さんも一度は聞いたことのある職業かと思いますが、行政書士とは行政書士法に基づく国家資格の一つで各法律事務所や法律関連企業にて司法書士や弁護士と同じ法律のプロフェッショナルです。

士業の中でも専門のスキルと知識を必要とする職業であるため、行政書士は医者などと同じで業務独占資格とも言われ、行政書士の資格を持っていないと行えない業務がたくさんあります。

行政書士の主な仕事

行政書士

行政書士は、①各官公庁に提出する書類の作成及び提出代行業務、②書類作成に関する相談業務、そして③契約書等の代理作成業務の3つが主な業務になります。

まず①に関して、例えばあなたが何か新しい事業を始める際には開業や認可、許可に関する手続きを各官公庁で行う必要があります。

しかし、それらの手続きは素人の方には非常に複雑であるため何から始めたらよいか分からない方もいると思います。

そこで行政書士が代理として提出に必要な書類の作成及び提出手続きを行います。

②③に関して、例えば遺産相続や土地、建物などの不動産賃貸借、その他金銭の非消費貸借を行う際に必要となる契約書の内容をクライアントの意向に合わせるため入念な調査、相談を行い実際の作成業務や手続きを依頼主に代行して行います。

この他にもビジネスコンサルタントとして各企業の会計記帳や決算や権利義務、事実証明に関する書類作成等ありとあらゆる幅広い分野で活躍しています。

行政書士の資格取得難易度

以上で紹介した通り、行政書士は私達の快適な暮らしに必要な取り決めや各種公的業務に携わる法律のプロフェッショナルであり、国家資格でもあるため資格取得の難易度は非常に高いといって良いでしょう。

法律関係の資格である弁護士や弁理士、司法書士に比べると国家試験での出題範囲は限られてきますが素人の人間が普段の生活で耳にしないような法律や知識が問われるため合格のためには相当な勉強時間を要することになります。

行政書士の資格を取るためには毎年一度行われている国家試験に合格し、各都道府県で行政書士の申請を行う必要があります。

受験資格は特にありませんが、一般的なルートとしては大学の法学部で専門知識を身につける、もしくは通信講座や専門学校で資格取得を目指します。

行政書士の資格取得におすすめの通信講座

行政書士

行政書士対策はコチラ!

大学院に通ったり予備校に通うとなると、お金も時間もかかってしまいます。

とは言え、もっと自分のペースで勉強したいと思って自己流の勉強法で独学を貫いても、なかなか合格への道は遠いというのが現実です。

効率よく、自分に合った方法で勉強するなら通信講座がおすすめです!

資格スクエアの行政書士対策は、大手予備校の1/3以下の授業料!

リーズナブルな価格でも、講義や学習システムの中身は充実しています!

どんな方法で勉強しようか、どこの通信講座を使うか悩んでいる方は、資格スクエアがおすすめですよ!

司法書士とは?

司法書士試験取得

司法書士対策はコチラ!

司法書士とは、国家資格の一つで私達の生活に欠かせない大切な財産や権利を守り、それらに関するトラブルや問題解決を専門とする法律のプロフェッショナルです。

同じく法律の専門家である弁護士との違いですが、司法書士は限れた分野での法律相談や問題解決を行うのに対して弁護士は司法書士が行き届かない幅広い分野での業務を行います。

司法書士の主な仕事

司法書士は、①不動産登記・供託の手続き代理、②裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、そして③各種法律相談の3つが主な業務になります。

①に関して、会社を興す際や不動産を借りる際に、実際の借り主に代行して登記・供託の手続きや審査請求を行います。

②③に関しては、司法書士が対応できる分野において訴訟事案が発生した際に、依頼人からの聞き取りや相談、また実際に裁判を行うために必要となる裁判所や検察庁への提出書類の作成及び申請が司法書士のメイン業務になります。

これらの全ての業務を司法書士一人で行う場合もありますが、一人でカバーしきれない事案の際は弁護士や行政書士など他の法律の専門家と連携して業務を行うこともあります。

司法書士の資格取得難易度

国家資格でもある司法書士の試験は、最難関とも呼ばれる弁護士や検事を目指すための司法試験に次ぐ難易度と言われており、合格率も毎回10%を大きく下回るほど難易度の高い試験と言われています。

憲法や民法、刑法などの法律関係全般の知識はもちろんのこと、不動産登記法や商業登記法、司法書士法の知識も必要となります。

司法書士の資格取得におすすめの通信講座

司法書士試験取得

司法書士対策はコチラ!

司法系の試験の中で最難関と言われている司法試験と並ぶほどの難易度と言われている司法書士。

司法書士の試験を受けるなら、資格スクエアで対策をしませんか?

予備試験・司法試験の対策も行っている資格スクエアなら、他の通信講座よりもより確実な対策が出来ちゃいます!

社労士とは?

社労士

社労士対策はコチラ!

社労士とは、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。

個人から企業を対象に掻く社会保険や労働に関する問題や諸手続き、その他相談を行います。

社労士は各企業でのヒト・モノ・カネの資本に関する専門家で快適な企業づくりや生活づくりに大きく貢献します。

社労士の主な仕事

行政書士

社労士は、①労働社会保険手続き、②労働管理の相談指導、そして③退職後の年金に関する相談の3つが主な業務となります。

「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施、労働者を取り巻く環境や福祉の向上」が社労士の業務目標となり、各企業において労働者の採用から退職、退職後の生活のケアや年金の相談を行うのが社労士の使命となっています。

社労士の資格取得難易度

社労士になるには、年に一度行われている社労士国家試験に合格する必要があります。

受験資格は「短期大学・高専卒以上」となっているため誰でも受験できるわけではありません。

また社労士は国家資格の一つであることから、非常に難易度の高い資格の一つとされており、毎年約4万人ほどが受験しますが過去10年間の合格率の平均は6.5%となっております。

社労士の国家試験は「労働基準法」「雇用保険」「健康保険法」など労務に関する10個の法律分野から出題されるため、十分な時間を確保して対策する必要があります。

社労士の資格取得におすすめの通信講座

社労士

社労士対策はコチラ!

社労士の資格を取得するなら、通信講座の資格スクエアがおすすめです!

他の行政書士や司法書士の試験に比べても、そこまで難易度の高い資格には感じないかもしれませんが、例年の合格率は数%と、レベルの高い資格ではあります。

しっかり対策したいし、講義も受けたいけれど、学校や仕事との両立が難しいかも…と悩んでいる方は、資格スクエアで確実な対策方法を取っていきませんか?

行政書士、司法書士、社労士の違いまとめ

行政書士

行政書士対策はコチラ!

今回は行政書士、司法書士、そして社労士の違いやそれぞれの業務内容、試験の難易度について詳しく紹介してきました。

行政書士は主に各官公庁への手続きに必要な書類の作成代行を行います。

司法書士は、一定の分野での法律業務から訴訟業務に携わります。

社労士は主に各企業において、労働者のための福祉や社会保険等のケアを行います。

いずれも国家資格であるため試験の難易度は非常に高くなっています。
これらの資格の取得を実際に検討されている方は、それぞれの違いをしっかり理解した上で十分な時間を確保して試験対策を行いましょう。

コメントを残す

*

*