弁理士になるには?資格取得の難易度・試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.13

公開日:2018.03.12

弁理士とは、人間の知的活動によって生み出された知的財産権を守るための仕事です。


弁理士は幅広い年齢層の男女が目指せる、資格です。
弁理士資格取得者は他にも弁理士と呼ばれております。

弁理士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、弁理士になるには?弁理士なるためには?弁理士になりたいを応援しております。

弁理士になるために必要な知識・受験資格

短答式筆記試験では、主に特許・実用新案に関する法案、意匠に関する法案などの知識が問われます。それらの知識に加え、論述式筆記試験では理系科目、もしくは法律科目からの選択科目方式になっている為、自分の得意分野を選択しましょう。最後の口述試験では工業所有権に関する知識に加えて口述能力も問われます。

弁理士の資格は「経済産業省」が運営管理を行っております。

経済産業省とは:
日本の行政期間の一つで、民間の経済力活発化などのための業務・事業を行う。


弁理士

弁理士ってどんな仕事?(仕事内容など)

弁理士とは、人間の知的活動によって生み出された知的財産権を守るための仕事です。知的財産に含まれる特許、著作権や商標などある個人によって生み出された創造物を他者による使用や悪用から守るために、弁理士が特許出願や商標登録出願の代理を請け負います。知的財産権登録のための出願代理だけでなく知的財産に関する相談やコンサルも弁理士の役割です。

弁理士資格取得の為の勉強法

弁理士資格習得のための勉強法には大きく分けて独学や予備校などに通う方法があります。独学のためには市販の教材を購入して勉強するのですが、弁理士の試験科目は頻繁に改正されるので常に最新の情報に注意することが重要です。弁理士の試験には筆記試問と口述試問の大きく分けて二つの種類が含まれてるのでしっかり対策しましょう。

弁理士の専門学校や通信講座について

準備中です。



弁理士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

弁理士の資格試験料

12000

弁理士試験・検定の年間試験回数

通常1回

弁理士試験科目等の内容

短答式筆記試験、論文式筆記試験、口述試験

弁理士資格の難易度

試験科目も多く過去には合格率5%を下回わる年もあったことから近年の試験の難易度はやや低くなっているといわれていますが、試験の内容が非常に専門的なものになっているのでしっかりとした対策が必要です。

弁理士資格の合格率

平成27年度から過去3年間の合格率は、27年6.6%、26年6.9%、25年10.5%となっています。

弁理士試験の合格発表

通常10月下旬から11月上旬です。

国家資格バナー

PR


弁理士

弁理士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

弁理士所持者の職業例

弁理士の多くは特許事務所で働いています。ある程度経験を積んだ人の中には独立して個人で事務所を開設する人もいます。

弁理士に向いている人

弁護士に次ぐ難関国家資格の一つである弁理士になるためには、頻繁に改正される知的財産権についての専門的な知識を有していることが必要なので、常に新しい情報を得ようと積極的な方に向いています。

弁理士と同じ分野の他の資格

弁護士、行政書士など

弁理士の年収・給料相場

特許事務所に勤めている弁理士の平均年収はおよそ700万円と言われています。しかし、弁理士の給料はスキルや実績によって変化するため、一概には言えません。また独立開業している弁理士の中には1000万円を超える方もいます。

弁理士の現状

知的財産のプロフェッショナである弁理士は、日本国内よりも、国際的な事業が年々増え続けているため需要は高まり、競争倍率も増え続けています。

弁理士の将来性

グローバル化が進んでい日本では、日本国内だけでなく国際的な知的財産に関する事業も年々増え続けているため、これからどんどん弁理士の需要が増えるといってもよいでしょう。

弁理士の独立について

特許事務所で十分な経験を積んでいる弁理士の中には独立して新たに事務所を立ち上げる方も少なくありません。

弁理士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*