航空管制官資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.03.13

航空管制官は国家公務員であるので、その地位や給与においては安定性がずば抜けて高い仕事と言えます。空の旅が安全に過ごせるかは航空管制官にかかっています。一部IT化が進んではいますが、航空管制官がいなくなることはこの先ありえません。


航空管制官は幅広い年齢層の男女が目指せる、地域で幅広く活動できる資格です。
航空管制官資格取得者は他にもなしと呼ばれております。

航空管制官の資格は「国家資格」です。

資格広場は、航空管制官になるには?航空管制官なるためには?航空管制官になりたいを応援しております。

航空管制官になるために必要な知識・受験資格

航空管制官は、レーダーを見て空を飛ぶ飛行機の位置関係を正確に把握し、的確な指示を出さなければなりません。そのため、平面的にではなく、立体的に頭でつっかえることなく想像できることが必要とされます。また一人で何台もの航空機を誘導しなくてはいけません。場合によっては、10台を上回る航空機を一度に完成せざるを得ない時もあります。なので、物覚えの良さも求められることになってきます。

航空管制官の資格は「国土交通省」が運営管理を行っております。

国土交通省とは:
国の土地を計画的に使うことや開拓すること、そのためのインフラの整備、また海での安全などを担当している国の省庁のひとつです。それまでの北海道開発庁と国土庁そして運輸及び建設省の4つの省庁が統廃合を行い、2001年6月に設立されました。さらに良いサービスを国民に提供することを目指しています。

航空管制官

航空管制官ってどんな仕事?(仕事内容など)

空港に設置してある管制塔からレーダーなどを使用して、飛行を行っている飛行士にルートをどのように取れば良いのかを教える仕事となります。飛行機は目的地までただ単に何も考えず飛んでいるのでは無くて、他の飛行機とぶつかったりすることを避けたり、天気の良い場所を通るために、航空管制官が常時どういった空の状態なのをちゃんと確認して飛行機が快適に飛べるように導いています。飛行機は、航空管制官の誘導がないと飛行自体が不可能です。航空管制官ひとりで数台の飛行機を誘導しなくてはいけないので、勤務の際にはいつも気を張って仕事をすることが求められています。航空管制官として勤務するには、何種類の資格が必須です。一人前になるまでに相当な訓練をこなさなければならなに困難な業務ではああります。しかしながらたくさん経験をしてうまく誘導ができるようになれば、飛行士からの信頼は大きくなります。飛行機がなくなることはこの先にわたって考えにくいので、航空管制官かけがえの無い仕事だと言えるでしょう。

航空管制官資格取得の為の勉強法

航空管制官の試験対策としては、短期間で終わるようなものでは決してありません。じっくりと時間を使って英語の勉強をしなければならいません。試験の内容が英語に重点を置かれたものになるので、各種の英語資格のテキストを使用して英語の対して備えましょう。実際に英検などを受験すれば、この先の航空管制官の試験対策についての、プランが練りやすいと思います。対策に使えるお金がたっぷりあるのなら海外の学校へ行くのも十分な英語の勉強となります。その他の勉強方法としては、航空管制官の試験で過去に出題された問題や参考書を用い自分で勉強をするか、あるいはスクールに通う方法があります。

航空管制官の専門学校や通信講座について

準備中です。


航空管制官の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

航空管制官の資格試験料

航空管制官の試験は無料で受験することができます。

航空管制官試験・検定の年間試験回数

航空管制官の年間の試験回数は、一次試験が5月、二次試験が7月、三次試験が9月の年に1回だけとなります。

航空管制官試験科目等の内容

航空管制官の試験は、大学での過程を修了したレベルが求められ、1次2次3次の試験をくぐらなければなりません。1次では基礎的な力や適性試験、そして英語とヒ英語のリスニングが試験の内容となります。そして2次試験では、英語を使っての面接、日本語での面接が内容となります。そして最終の3次試験では、適性試験、身体検査があります。だいたいの傾向から申し上げますと、80パーセント以上を平均で獲得することができているのであれば合格できるでしょう。

航空管制官資格の難易度

航空管制官の合格率が5%であることから考えてみると、非常に難易度は高いと言わざるを得ません。

航空管制官資格の合格率

航空管制官の試験を受けた人1436人の中で、見事合格した人は87人というのが平成25年度に実施された航空管制官試験の結果でした。これは合格率が6.05%というなんとも少ない数字です。平成25年度のように毎年合格率は5%ほどとなります。他の資格と比べてみても、合格できるのはわずかな人のみです。

航空管制官試験の合格発表

航空管制官の試験に合格した人には文書で通知が行きます。それと同時にインターネットの専用サイトにも合格者の掲載をしています。

国家資格バナー

PR


航空管制官

航空管制官資格取得後の就職先・年収・報酬相場

航空管制官所持者の職業例

航空管制官の試験に合格したからといって、速攻飛行場で航空管制官として仕事ができるものではありません。泉佐野市の関西国際空港の近隣に設置されている、航空保安大学校において1年間勉強をする必要があります。無事に1年間の勉強を修了することができれば、国土交通省から割り振りをされて、全国にある様々な飛行場や航空交通管制部において仕事を行うこととなります。

航空管制官に向いている人

予定通りの時間に飛行機が飛ぶことができ、快適な空の旅ができるかどうかは、パイロットやフライトアテンダントもそうですが、航空管制官次第とも言うことができるでしょう。自分が航空機で空の旅を行っているたくさんのお客さんを守っているという、しっかりと責任を感じることのできる人が、航空管制官向きであると言えるでしょう。

航空管制官と同じ分野の他の資格

パイロット、航空整備士、航空管制官

航空管制官の年収・給料相場

航空管制官は、国土交通省に勤務する国家公務員となります。なので給与も国家公務員法に則ったものが支給されています。専門行政職となるので事務職に比べてやや高い給与が与えられています。平均的な年収では、年齢にもよるのですが500-800万となります。世間一般の水準から見ても高額であることは間違いありません。

航空管制官の現状

羽田空港や成田空港が業務を拡げていることが影響して、日本全体の航空機の離発着の数は増え続けています。業務自体が一部はIT化されてきてはいますが、まだまだ航空管制官の需要が途絶えることは無く、大きな役割を担っています。

航空管制官の将来性

現在世界においてもそうですが、日本でも格安航空会社がどんどん増えていることから、それと比例して航空管制官への需要もうなぎのぼりで増え続けています。空の安全を見守る航空管制官の仕事は、飛行機がなくなることはこの先にわたって考えにくいのでずっと需要は見込めます。

航空管制官の独立について

特にこの資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。

航空管制官資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*