検察官になるための司法試験予備試験は通信講座で合格を目指せる?

masman

by nishii

更新日:2019-06-19

公開日:2019-06-03

通信講座で検察官

検察官を目指す為の司法試験予備試験は通信講座で合格が可能なのか?という疑問についてまとめています。検察官は国家公務員で法律の専門家として社会において重要な存在です。検察官を目指す為に役立つ通信講座についてご紹介しています。


社会正義を実現する検察官は法律を専門として働きたい人には憧れの職業の1つです。

検察官になる為には試験をクリアしていく事が必要となりますが、その試験も一筋縄ではいかないものばかりですが、司法試験の合格率は圧倒的に予備試験合格者が高く、予備試験合格者は通信講座の利用割合も高いのです。

今回はそんな通信講座で予備試験は合格できるのか?についてまとめました。


合格を実現する予備試験講座は絶対資格スクエア

予備試験資格取得

合格レベルの基礎能力を実現!

司法試験予備試験は検察官になる為の司法試験を受ける為に必須となる試験となります。

資格スクエアの予備試験講座では長年の試験を分析し、予備試験の特徴を捉えた独自の学習方法で合格レベルの基礎能力を身に付ける事が可能になります!

最新の学習内容で他校と違う第3世代の学習法を採用しており、予備校では教えてくれない論文対策も徹底的に指導し解説も行ってくれるのです。

資格スクエアからを活用した合格者数は100人以上となっていて、人気の予備試験講座を活用して合格レベルの学習能力を取得しましょう!

資格スクエアはちょっと違う!

まず資格スクエアの予備試験講座では従来の予備校やオンライン講座などと大きく異なる学習方法を採用しています。

その予備試験に最適な学習方法については以下のような特徴があります!

  • 自学自習中心
  • 合格をイメージした逆算思考
  • 段階に応じたレベル別の学習
  • アウトプットを重視し効率の良い学習を
  • 予備試験で重要な答練や添削を根気よく何度も繰り返す
  • 自主学習を最大限に支援した学習システム
  • 丁寧な論文対策
  • 費用49.8万円~(他校平均:約60万円~160万円)

検察官を目指すには?

通信講座で検察官

検察官を目指す為に必要となるのは司法試験・二回試験の合格です。

まずこれから司法試験に備え予備試験・司法試験対策を行いたい方には、通信講座が最適なのです。

大学 法科大学院 司法試験 司法修習 二回試験 採用試験
司法試験予備試験→

司法試験を受験する為には、大学院に進学しているか、司法試験予備試験に合格する必要があります。

検察官になる為に必要な試験は多く、司法試験の合格が難関とされていますが、その為に努力しなければならない事は勉強量ではなく、勉強の質向上にあります。

検察官になる為に「通信講座をなぜおすすめするのか?」という理由は以下でご紹介していきます。

司法試験予備試験とは

司法試験予備試験は司法試験を受験する為の法律に関する知識や技能を判定する為の国家資格を指します。

司法試験予備試験は法科大学院に進学していない状態から検察官を目指す為には必要となる試験で、経済的な理由や時間の問題などの理由で法科大学院に通う事が困難な方が、司法試験の受験資格を得る為の、司法試験予備試験という制度が始まりました。

司法試験予備試験には特別な受験資格は必要ありません。

司法試験予備試験さえ合格できれば法科大学院卒と同等の受験資格を取得する事が可能になり、通信講座を活用して社会人から検察官を目指す方も多く、独学から合格を目指す人もいます。

司法試験予備試験は受験資格が無いので、大学在学中や社会人も受験が可能です。

司法試験予備試験の受験データ

平成30年度の司法試験予備試験のデータを見てみましょう。

司法試験予備試験の出願者・受験者数はここ数年で増加していて、合格率も上昇傾向にあります。

短答式 論文式 口述式
出願者 13,746人
受験者 11,136人 2,551人 456人
受験率 81.0% 99.3% 99.3%
合格者数 2,661人 459人 433人

続いて以下のデータを見て頂くと、司法試験の合格者数の多さは断トツで予備試験合格者になっています。

特に司法試験予備試験での司法試験合格を目指す人には通信講座がおすすめです!

その理由は沢山ありますが、社会人や在学中の取得者が多く、現代では様々な学習環境が整っている事にもあります。

順位 出身法科大学院 合格者数 合格率
1位 予備試験合格者 336人 77.6%
2位 東北学院大学 3人 60.0%
3位 一橋大学 72人 59.5%

以下で通信講座の利点についてまとめていますので、ご覧ください。

通信講座で合格を目指すメリットは?

通信講座で検察官

上記のデータを見ればお分かり頂けるかとは思いますが、司法試験対策を考えている方は通信講座の予備試験対策からの受験が断然有利になります。

法律に関する学習は司法試験に関しても短期間で時間をかけるほど合格率が下がる傾向にあると言われています。

その為に、無理せず自分の生活スタイルに合わせて学習する事ができ、効率の良い学習プランを立てる事ができます。

通信講座の予備試験講座は必要不可欠!

予備試験資格取得

ここだけの勉強方法で合格は確実

予備試験講座では業界トップクラスの低価格・高品質のオンライン学習を両立していて、学習内容も予備試験の過去のデータから、最適な学習方法を分析し、実践しています。

予備試験では、基礎能力を上げる必要がある為、独学では難しい勉強の習慣を身に付ける事ができる為、予備試験のみならず、司法試験にもその基礎能力は大きく反映されます!

また、いつでも場所を選ばずにライフスタイルに合わせた学習方法を取る事ができ、社会人や在学生からも多くの高評価を得ているので資格スクエアの予備試験講座は非常に人気があります。

仕事の空き時間に…

働きながら検察官を目指したい人も多く、社会人からも目指す為に、通信講座では自分のペースで空いている時間に司法試験予備試験の勉強が可能になります!

スマートフォンやパソコンからの学習が可能で、予備試験対策として出題される問題は司法試験にも応用が利きます。

法律に関する知識は応用が重要で、毎日の生活リズムを送り、その中に学習時間を組み込む事で充分な知識を身に付ける事が可能になります。

在学中に効率良く…

法科大学院や大学生にも通信講座は人気があるのです。

大学院や大学以外でも検察官を目指す為に学習時間を確保したいと考える学生も多いのです。

特に現役で通学している学生にとっては学習環境を変えるだけでも大きな学習能力向上にもつながり、帰宅後や通学中などでも好きな時間に好きな場所で学習が可能な通信講座は学生にも非常に人気の学習方法なのです。

独学で時間をフルに活用したい

経済的な理由などで進学できなかった人にも独学でも充分に検察官を目指す事ができます!

社会人の受験生に人気の予備試験通信講座は自分の環境に合わせた学習が実現できるので、独学で検察官を目指す方にも是非活用していただきたいです。

通信講座では法律の基礎知識から具体的な予備試験対策まで幅広い学習法・幅広い知識の学習が望めます!

通信講座で合格するには

通信講座で検察官

通信講座で司法試験予備試験・司法試験の合格は十分に目指す事が可能になります。

「司法試験は難しいもの」と考える方は多いですが、通信講座での取得は自分のペースで学習できるので、まず始めてみるという選択をしてみて「出来る事から」一歩踏み出し、資料の無料請求をしてみましょう!

効率の良い学習について

社会人や大学生の中にもやはり「法律に関しての知識が全くない」「勉強量が多いから時間が取れない」という声も目立ちます。

通信講座では特別無理に学習する事なく、質の良い学習環境を提供する事を意識して作られていて、法律に関して初心者の方にも入りやすい内容となっています。

通信講座はこんなメリットがある!

  • 睡眠時間や休息時間の邪魔をしない
  • 週20時間程の学習時間で合格が可能に
  • インターネットでどこでも学習できる
  • スキマ時間に少しずつ勉強
  • 初心者にもやさしい応用勉強

通信講座を活用した合格者

検察官を目指す為に勉強する時間は10,000時間と言われていますが、学習の質を上げる事で吸収が早くなります。

学習の質の上げる為には、程よい時間での学習が必要となり、通信講座の利用は最適なのだとも言えます。

通信講座を利用して司法試験予備試験・司法試験に合格した人が非常に多い事がわかりましたが、実際に合格された人の声を見ていきましょう。

働きながら合格を目指す

  • スマートフォンやDVDなど、選べる学習方法が仕事をしている自分にとって効率がよく、効果的に覚える事ができました。通信講座をしながら過程を両立できる事も可能になりました。
  • 空いた時間にスマートフォンで反復学習をしたり、聞き流すだけでも記憶する事に効果を感じる事ができました。
  • 昼休みなどの時間を使い、少しずつ覚えていく事が可能で、帰宅してから反復する事で覚えやすかったです。

在学中に合格を目指す

  • 科目の合間時間にスマートフォンから講座受講をしました。カフェや電車の移動時間などのスキマ時間を活用し、それを生活サイクルとする事でより良い学習環境を作る事ができました。
  • 無理なく学習する事で質の良い勉強ができ、通信講座の活用は合間時間に最適でした。
  • 大学院の成績が上がらず、2年間経過して不安感が強くなった時に通信講座を勧められ、もう一度復習という形で基礎から学び始めてから目に見えて成績が上がりました。自分の勉強方法を見直す形で大学院での勉強も捗り、自信をもって司法試験に挑む事ができました。

検察官を目指すなら通信講座?予備試験・司法試験に合格できる?まとめ

予備試験資格取得

合格を可能にする為の秘策!

検察官を目指す為の予備試験・司法試験は通信講座で合格できるか?についてご紹介しました。

受験データから予備試験を通過し、司法試験合格者には通信講座を活用するのが最適で、合格者に利用者が多い事がわかりました。

検察官を目指すには適切な学習と上手な勉強法が重要となり、決して時間や勉強量を増やす事ではありません。

資格スクエアの予備試験講座を活用すれば費用も抑えられ、独自の学習方法を学び身に付ける事ができ、基礎学習能力は司法試験にも大きく役立つ為、今後の事を考えて必ず活用していきましょう!

コメントを残す

*

*