司法試験の難易度が高い理由とは?司法試験を合格する必勝法はある?

masman

by nishii

更新日:2019-06-20

公開日:2019-06-04

司法試験の合格必勝法について!難易度の高さに理由はあるのかなどの疑問についてまとめています。司法試験は資格試験でもとても難しい試験だと言われていますが、合格する為にはどんな必勝法があるのか?その難易度についてもご紹介しています。


検察官・弁護士・裁判官となる為の司法試験は、非常に難しい試験と言われていて、合格までの勉強時間も労力も相当なものとなります。

しかし、司法試験の難易度が高い理由には様々な要因があるんです。

ただ単に勉強するだけでは司法試験の合格は難しく、成功する為の司法試験対策の必勝法はどんな事をすれば良いのか?

司法試験の合格の必勝法や効果的な対策についてご紹介しています。


合格に手が届く必勝法の司法試験講座

司法試験

圧倒的知識量で余裕の合格司法試験取得

資格スクエアの司法試験講座では、個々の受験生のレベルに応じた段階的な学習と、個人の弱点の対策に応じた学習法を行っています。

理解しやすく丁寧な答案の書き方の解説には、それぞれの司法試験までの司法に関する知識量が圧倒的に充実した状態で試験に挑む事ができると言われていて、利用者にとても好評な通信講座です。

実際の司法試験の出題傾向や必要な対策など試験に沿った内容で、必要な学習に時間を注ぐという学習スタイルなので、短時間学習でも大きな効果を上げる事が可能になります。

大手の予備校と比較しても、低価格で様々なスタイルの勉強が可能で合格実績の高い資格スクエアの司法試験講座の利用は費用対効果が高く、非常に有力な武器となるので、試験対策として始めるべきと言えます。

司法試験の難易度

難易度の高い理由

司法試験は資格試験での最高峰と言われていますが、その難易度の高さには何か理由があるのでしょうか?

司法試験での勉強の必要性や試験で行われる短答式・論文式の難しさについてまとめました。

司法試験の難易度について

現在の司法試験では合格率が上昇傾向にありますが、旧司法試験が最後に行われた2011年度の旧司法試験合格率は0.45%でした。

現在の司法試験では受験資格が必要となり、受験者層の底上げを行い、合格率が25.86%となりました。

司法試験は法律系資格では最難関と言われていますが「難易度の高さの理由」は何でしょう?

司法試験の難しい所

司法試験の難易度の高さは一体どういった点で難しいとされているのか?

ただ単に問題が難しいだけなら、高難易度や最高峰とは言われませんよね。

司法試験の難しいとされる部分について掘り下げていきましょう。

司法試験の勉強

司法試験で必要な時間は数千時間と言われていますが、法律に関する知識を専門とするので、勉強する量ももちろん多くなってきますが、重要なのは勉強時間よりも勉強法にあります。

その為、司法試験での勉強に向いているのは、自分の生活リズムに合わせた勉強ができる通信講座が相性が良いです。

法律に関する基礎的な問題は繰り返す事が大切と言われていますが「それはなぜなのか?」司法試験の勉強で大切なのはいつどこで聞かれても答えられる程度に覚え込む事が必要になります。

いくら問題ばかり解いていても法律を理解しなければ、意味がありません。

参考書や過去問題を何度も何度も繰り返して、法律の基礎を覚える事がまず最初の大切な勉強方法となります。

しかし、長く勉強する程、司法試験の合格率は下がると言われています。

なので、重要なのは「勉強に何時間かけたか」ではなく、まずは無理なく必要なポイントだけを徹底的に潰していく通信講座の利用など勉強スタイルを考える必要があります。

短答式試験の難しさ

短答式試験ではマークシート方式となっています。

短答式は論文式に比べ比較的難易度の高いものではありません。

短答式での難しさといえば、例えば「岩塩は塩である」という問題に対しての答えはであり「岩塩は塩の類である」とされている場合はとなります。

そのような論理的な思考力や判断力が試される問題が出題されるのが、短答式の難しさと言われる所でしょうか。

論文式試験の難しさ

司法試験では論文式が非常に難しいと言われています。

論文式の問題は文章形式で出されていて、それに対しての論述や根拠・説明などを行わなければなりません。

論文式で出される文章問題は日常で起こり得る問題などで、「弁護士としての主張と相手への主張、その上での自身の主張を述べる」というような問題などが出され、、

いくら知識があっても論文の書き方が解らないという人も多く、論文に関して断念する人も多いと言われています。

論文に関しては予備校などではあまり教えてもらえず、通信講座の活用や経験者などに教えてもらうなど論文のコツを掴んでおく必要があります。

難易度が高い理由とは

司法試験の難易度が高い理由とは一体何でしょう?

その理由については勉強の内容と社会的なポイントが考えられます。

内容面で難しい理由

  • 法律の概念が難しい
  • 問題の解釈が難しい
  • 効率の良い勉強方法が解らない
  • 論文が難しい

試験問題では法律に関する知識を幅広く扱う為に「一体どんな学習方法を実践したらいいのかわからない」という声も少なくありません。

社会的な面での難しい理由

  • 法曹三者は責任が重く、特別な権限も有する
  • 法律の専門知識を扱う為
  • 社会常識を必要とする為に倫理的思考力が必要
  • 本気で従事する気持ち

司法試験に合格すれば法曹三者を目指す事が可能になりますが、やはり責任が重い職業の為、法律を取り扱う立場でこの難易度は妥当だとも言えます。

難易度が気にならない司法試験講座!

司法試験

司法試験に最も優れた講座司法試験取得

資格スクエアの司法試験講座の講義動画では、全科目を網羅的に学習できるので、各科目に対して倫理的な説明を行い、理解しやすい構成で勉強ができます。

司法試験までに受験者に求められる必要な能力は以下になります。

  • 各科目への出題傾向の理解
  • 的確な論証の表現力
  • 各科目の知識のメリハリ
  • 基本的なインプットを兼ねたアウトプット
  • 短時間でも充分な知識量が確保可能

以上の点で他校と比較しても、資格スクエアの秒速総まくり2019は司法試験の合格の為の講座として圧倒的に優れているので、本気で合格を目指すのであれば利用しない手はありません。

資格スクエアの司法試験合格者の声

司法試験講座では合格者を多く輩出していて、合格後の声の多くが、資格スクエアの司法試験講座は最も司法試験に対応できている講座と言われています。

資格スクエアの司法試験講座を利用して合格した人の声を聞いていきましょう。

合格を叶えるだけでなく、自身の能力向上も実現できる司法試験講座は活用するしかありませんね!

司法試験で押さえておくポイント

難易度の高い理由

司法試験の難しさについてわかりましたが、では試験対策として行うべき事とは?

効果的な勉強法の改善策と、試験対策を行う前に必要な学習計画をもう一度見直しましょう。

通信講座で正しい勉強方法を

司法試験対策で最も大切なのは勉強方法になります。

時間をかけすぎても急ぎ過ぎてもダメで、バランスの良い勉強方法を実現させるには「自分の環境に合った学習」となります。

その為、最も効率の良い司法試験の勉強は通信講座が最適の勉強方法です。

通信講座では必勝法として以下のような勉強方法が実現できます。

  • 自分の空き時間での学習
  • 働きながら学習が可能
  • 司法試験で重要なポイントを集中的に学習できる
  • DVDやスマートフォンでの学習なので、いつでも何度も反復できる
  • 自分の希望のコース選びができる
  • 勉強をもっと増やしたい方
  • 法律の基礎から司法試験対策までを学びたい

司法試験の受験者にも、司法試験対策として通信講座の活用を選択する人も多く、その勉強のしやすさから人気となっています。

「働きながら」「在学中に」「時間のあるうちに」それぞれの条件において通信講座での学習が向いているのです。

司法試験を目指す為に必要な事

司法試験合格を目指してこれから試験対策を行う人に、必要な点は以下になります。

まずは勉強をはじめる前に一度、試験対策の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

  • 時間をかけるよりも質のよい勉強法
  • 過去問題を見て出題方法をチェックする
  • 冷静に物事を追求し判断する
  • 色々な教材を見ない
  • 何度も過去問題を復習する
  • 問題よりも解答の解説を理解する事が大切

司法試験の勉強では、従来の資格試験とは違う目線での学習方法が肝となります。

司法試験の法律の勉強では、色々な教材で学習するのではなく、1つの教材で集中的に学習し、基礎の知識をしっかり身に付ける事が必勝法の鍵となります。

司法試験必勝法はある?

難易度の高い理由

司法試験と言えば法曹三者を目指す人にとっては合格が必須となる資格ですが、その必勝法とは?

その心掛けや司法試験対策に通信講座が最適な理由をご紹介します。

司法試験対策の通信講座では学校では教えてくれない学習方法もあります。

心掛ける事とは?

司法試験合格を勝ち取る為に、できる事はやっておきましょう。

そして、学習環境を本だけに絞らずに自分自身に最適な学習方法を見つけ出せるようにしておく事が大切です。

  • 法曹関係者や経験者がいれば教えてもらう
  • 上手な勉強のコツを掴む
  • 自分に合った勉強スタイルを選ぶ

少しの工夫で大きく学習環境は改善される可能性があるので、勉強前にできる事をやっておきましょう。

試験の必勝法は通信講座が最適

通信講座を活用すれば何度でも好きな時に学習・復習が可能なので、論文式対策には是非通信講座で学習しましょう。

通信講座の勉強システムには以下のような司法試験対策コースがあります。

  • 司法試験の問題に関するオリジナル答案の解説を行う講座
  • 各科目短時間で、論文式試験において重要な点、判例などを習得できる講座
  • 講師が選んだ問題に対してのオリジナル答案の解説を行う講座

論文式試験は予備校ではあまり教えてくれない事なので、実践的に論文の考え方や書き方などを指導してくれるのはとても役に立ちます。

司法試験の難易度の高さの理由!合格の為の必勝法とは?まとめ

司法試験

合格を確実に手にする司法試験取得

司法試験の難易度の高い理由や司法試験での合格必勝法をご紹介しました。

ただ法律に関する知識だけを勉強していても司法試験の合格はできないという所に司法試験の難易度の高さの理由があります。

司法試験合格後の法曹職はとても責任が重く、人々に大きな影響を与える職業なので、そこを目指すには人並み以上の努力が必要となります。

的確なポイントを押さえた司法試験講座での効果的な勉強方法を得る事によって、司法試験対策もスムーズに行えるようになるのです。

これから司法試験を志す方の為にも、理解する事に重点を置いている資格スクエアの司法通信講座で合格を前提とした学習を始めましょう!

コメントを残す

*

*