司法試験に合格する為の勉強法とは?先ずは勉強の仕方から見直そう!

masman

by nishii

更新日:2019-06-20

公開日:2019-06-05

司法試験に合格する勉強法とは?勉強の仕方などについてご紹介しています。弁護士・検察官・裁判官を目指す為の司法試験に合格するにはどんな勉強法が効率が良く、覚えやすいのか具体的にまとめているので、司法試験対策にお悩みの方はぜひご覧ください。

       

司法試験に挑戦する為には、多くの法律に関する勉強をしなければなりませんが、勉強の量が多すぎて勉強の仕方に悩む人も少なくありません。

しかし、司法試験と言えば、法曹三者(弁護士・検察官・裁判官)を目標とするのであれば、司法試験は合格できなければなりません。

今回は司法試験に役立つ、司法試験の正しい勉強の仕方や試験で活きる効果的な勉強法などをご紹介していきます。

司法試験に最も適した司法試験講座の勉強法

司法試験

>適切な勉強法で合格!司法試験取得

司法試験合格を手にする為の勉強法は資格スクエアの司法試験講座断然おすすめです。

司法試験講座はオンラインでのweb講義・パソコン・スマートフォン・タブレットなどの各種の媒体から利用でき、空き時間に適切な学習を行う事で効率の良い司法試験対策が行う事が可能になり、時間効率を意識した凝縮学習として、利用者のメリットが多い講座です。

資格スクエアの司法試験講座は「かゆい所に手が届く」と評判が良く、利用者も予備試験講座から司法試験講座へとリピートする受験生がとても多い傾向にあります。

論文上位合格者である講師が担当し、解説答案を行うので、信頼性も高く上位を目指す事も充分可能となる為、本気で合格を目指すのであれば間違いなく司法試験講座を利用するべきでしょう。

司法試験の課題

勉強法

検察官や弁護士を目指す人が司法試験に合格する為には、多くの法律に関する勉強が必要となりますが、勉強をしていると必ずどこかで行き詰ります。

そして、その行き詰まりも多くの受験生が同じ理由で行き詰っているんです。

通信講座ではその行き詰まりも、講師に直接相談する事で、新たな考え方を生み出す事が可能になります。

以下で司法試験に必要な勉強プランの立て方や勉強の仕方を参考にして、一度勉強の仕方を見直してみましょう。

司法試験の重要性

司法試験に合格すれば法曹三者への道が開けます。

法曹三者の中の1つである検察官の仕事内容を考えれば、司法試験の難しさも納得ですよね。

法律と検察官

  • 検察官は傷害や窃盗などの犯罪事件に関しての捜査・取り調べ・起訴の判断を行います。

  • 検察官の仕事は主に法律の専門家として、法律に沿って犯罪者に適切な刑罰を裁判所に請求し、事件を処理していきます。

  • 法廷においても、検察官は事件の証拠品を使い、法律に則って犯罪を立証しなければなりません。

弁護士や裁判官も同様に法曹三者の職業は法律の専門家として業務を遂行しなければならないので、司法試験への挑戦はそれを目標とした上で理解する必要があります。

勉強の基本的な見直し

法律に関する問題は、解答できるだけでなく「なぜそうなのか」「なぜそう思うのか」を主に答えられるようにならなければなりません。

教材だけでは難しいので、解らなければすぐに解答・説明が理解しやすい通信講座のカリキュラムを活用して、司法試験対策をもう一度見直しましょう。

司法試験でありがちなのは、限られた時間に多くの勉強量を意識しすぎるあまり、頭に詰め込み書く事を怠っているパターンです。

頭では記憶していても、この勉強の仕方では実際に、試験当日に答案方法が解らなかったという声は非常に多いのです。

話を聞いて理解する事はできても、自分自身で問題を考え答案にするのはとても難しい事だからです。

勉強量よりも質を意識して答案の練習を行う事、問題の解答を理解する事から始めましょう。

基礎学力について

基礎学力は法律に関する事案などでそれに対する分析・判断などの概念と趣旨を自然にイメージできる事です。

その基礎学力を身に付ける勉強の仕方は、これまでの過去問題を繰り返し勉強する事で身についていくのです。

通信講座での司法試験での勉強は基礎学力が自然に身に付くようにカリキュラムが組み込まれていて、当たり前の事を当たり前に解答する事が実現できます。

それは簡単ではなく、ただ覚えているだけでは身に付かない司法には必要不可欠な学力なのです。

解答する事ではなく、理解している事を意識してその説明ができるよう法律の基礎の学習は司法試験では重要な勉強となるので、基礎学力としてイメージできるように目指しましょう。

司法試験講座の勉強法は間違い無し!

司法試験

合格を実現できる勉強法司法試験取得

資格スクエアの司法試験講座のメリットの1つはオンラインで24時間学習が可能となり、好きな時間に場所を選ばず、試験で必要となる知識のインプットを行える事です。

他の塾などと比較して授業時間が平均600時間が必要となりますが、資格スクエアでは300時間の学習で合格を十分に目指せるので、時間が気になる方にも凝縮された学習内容で無理無く合格まで導いてくれます。

資格スクエアの特徴であるオンラインを活用したレジュメ機能を使ってノートを取る時間も大幅に短縮が可能になるので、時間・費用・学習内容の全ての問題をクリアしてくれる司法試験講座はまさに独学に最良の学習方法となります。

初心者からも気軽に始められる司法試験講座での勉強法を利用しましょう!

司法試験の勉強法

勉強法

司法試験対策を行う勉強に必要な事は一体何でしょう?

司法試験といっても普通の勉強法で覚えるだけでは合格は不可能だと言われています。

検察官のように法律の専門家として活躍する為には、それ相応の努力が必要になってきます。

では司法試験に最適な勉強方法と、身に付け方を見ていきましょう。

自分だけの学習ノートの作成

それぞれの科目別で重要な点・過去問題・判例などをまとめる事で余計な知識を省き必要な部分だけを覚えるという事に重点を置いて覚える勉強の仕方です。

まとめノートは多くの受験生が実践しています。

自分だけのノートを作る事で、余分な知識を蓄積させる事が無くなり、効率の良い記憶が可能になります。

理解しなければ覚えておいても実現する事が難しい司法試験では自分自身で理解し、必要だと感じた問題に対してノートに残す事で、何度も何度も復習し、最大限の必要知識の記憶向上につながります。

勉強をしていると「この判例はどこかで見た事がある」という事は必ずあるので、それぞれをノートにまとめておく事で、パターン別で物事の関連性の理解や論証の整理を行う事ができるのです。

その為、ノートに自分自身が理解を深めた問題に対して、整理ができているからこそ、頭の中でも整理でき、答案をスムーズに行う事ができるようになります。

「ノートを作成している時間がない!」という人の為にも、通信講座では動画に直接書き込み保存ができるようになっているので、通信講座を活用して応用をしましょう。

論文の論証パターンを学ぶ

司法試験対策で行う勉強には論点の知識が多く必要となり、特化するよりはまずそれぞれの分野においての幅広い論点に関する勉強が必要となります。

過去の問題などから様々な例を見てそれを理解する事で、ある程度パターン化する事が可能になります。

通信講座では初心者にも丁寧に論文の書き方・考え方を教えてくれます。

自分の頭の中で理解ができていれば、それに近い理由やそれに必要な理由付け、模範的な形式をパターンとして答えられるようになり、答案もスムーズに行えるようになります。

これには相当な論証の勉強が必要となりますが、必ず身に付けておきたい勉強の仕方となります。

答案の書き方

司法試験予備試験を合格し、司法試験を受験した人の多くは「時間が足りずに書ききれなかった」という感想を持っています。

それはなぜか、司法試験予備試験は時間に余裕があるのです。

通信講座の司法試験対策では答案の書き方も丁寧に一から指導してくれるんです。

司法試験で同じように丁寧な解答を行っていると時間が足りず、満足のいかない答案になりがちなので、論証はなるべくシンプルに簡潔に解答できるように心がけましょう。

刑事系科目では「事実認定ができているか」という点が重要視されているので、余計な解釈はそこまで重要ではありません。

なので、なるべくシンプルに分かりやすく、重要な点だけはしっかりと定義を出し答案できるようにしましょう。

民事系科目では趣旨や法律に関する概念を理解しているか、それぞれに生じる不利益や反対利益にも意識が向いているかが重要視されるので、それに関しても要点だけはしっかりと抑え、わかりやすくはっきりとした答案ができるように練習しましょう。

勉強が難しいという方は資料請求をしてみて、通信講座で答案の書き方などを勉強するという事を検討してみてはいかがでしょうか?

司法試験合格者の秘策とは?

勉強法

司法試験の合格者も過去には失敗している人や勉強をする上で気付いた事が多く、実際に試験を経験して初めて見える事、それは人によって様々。

通信講座の司法試験対策を受講すれば、予備校などでは教えてくれない事も親切に教えてくれるのです。

以下で通信講座を活用し、司法試験の勉強に関する気付いた事や失敗を見ていきましょう。

通信講座を利用した合格者が気付いた事

ここでは通信講座を利用して司法試験に合格した人の試験勉強や通信講座で気付く事のできた勉強法をご紹介しています。

勉強をしていく上でどんどんレベルアップしていった先で見えて来る事は沢山あります。

  • 優秀な人の答案は模範的な解答を当たり前に書いてあるので、基本問題を再現できるようにひたすら訓練しました。

  • 試験直前には基本問題をひたすら復習し、論文式試験の流れの確認を主に行いました。

  • 自分には何が足りないのか自己分析して、詰め込んでばかりではなく、自信の不得意とする箇所を書く事で覚える事ができ、試験対策の答案が向上しました。

  • とにかく書く練習を行う事で、量が質に変化して、書けなかった事が当たり前に書けるようになりました。

  • 基本的な法律の知識から判例や条文を復習し、それを理解して口頭で自分なりに説明できるように意識しました。

通信講座の司法試験対策を受講する事で、実績のある講師に直接指導してもらうので、今まで気づかなかった勉強の視点や勉強をしていて気づく事のできた新たな学習方法が見えてきます。

通信講座を初めて見る事できっと新しい発見ができるので、気になる方はぜひ一度無料の資料請求をしてみましょう。

合格者が経験した失敗

こちらは通信講座を利用して司法試験に合格した人が試験を行って気付いた失敗などをご紹介しています。

試験を実際しなければ気付けなかった事、試験勉強でやらなかった思わぬ盲点を見つけましょう。

  • 覚える事に必死でインプットばかりを行っていて、書く事を怠ったので、答案イメージが持てていませんでした。
  • 法律の勉強をまずはザッと知識を深めるより覚える事に意識が向いていて、講座で先生の問題に答えた時に「どうしてそう思ったのか?」を聞かれうまく答える事ができず、法律を学ぶとはこういう事なんだと気づきました。
  • 成績が良いからと油断し、勉強量が不足していた。
  • とにかく応用が必要なものばかりなので、学生時代の勉強方法では厳しいと感じました。

通信講座の司法試験対策ではするべき事としない方が良い勉強法を細かく教えてくれます。

通信講座の講師陣は司法試験受験に関する知識も経験も豊富なので、分からない事や不安など相談してみると必ず新たな発見や自分の弱点を見つける事ができるので、自己分析の為にも通信講座を無料で資料請求してみませんか?

司法試験の合格に効果的な勉強の仕方は?勉強法の詳細!まとめ

司法試験

司法試験講座で勉強改革司法試験取得

司法試験の合格の為に必要な対策や勉強法・勉強の仕方をご紹介しました。

司法試験では通常の勉強とは違う目線で学習プランを立てる必要がある事がわかりました。

これは検察官などの法律家として働く為には理解力や洞察力を必要とするので、当然と言えば当然なのですが、試験を意識するあまりにそこまでイメージできる余裕がないのも確か。

検察官を目指す社会人や学生にも、司法試験対策として人気の司法試験講座は司法試験に必要な部分を重点的に、安心して基礎から始められるように勉強法やプランの相談などにも柔軟に対応してるので、まさに適切な勉強法と言えるでしょう。

合格を目指す為の正しい勉強法として資格スクエアの司法試験講座の利用を検討し、無料の資料請求をしてみて万全の司法試験対策で試験に備えておく事が大切です。

現在資格スクエアでは、司法試験に役立つ演習書と講義教材を無料プレゼント中ですので、この機会に司法試験講座始めましょう!

コメントを残す

*

*