予備試験の大学別合格率まとめ!予備試験を合格すれば司法試験は簡単?

masman

by kitasan

更新日:2019-06-21

公開日:2019-06-08

予備試験の合格率

最近では、法科大学院に進学せず予備試験ルートから司法試験突破を目指す受験者が増加していることから、予備試験への注目が高まっています。今回この記事では、司法試験予備試験の大学別合格率・合格者数や社会人の合格率・合格者数をまとめてみました。

       

弁護士になるには司法試験を突破しなければなりませんが、司法試験の受験資格には「法科大学院を修了する」か「予備試験に合格する」どちらかの条件を満たしている必要があります。

受験資格の1つである「予備試験に合格する」という方法は、社会人や大学在学中にも弁護士の道を目指すことができる夢のような制度でもあるんです。

そんな予備試験の出身大学別の合格率や社会人の合格率についてまとめてみました。

資格スクエアで予備試験合格を手にする!

予備試験資格取得

予備試験に必ず合格!

確実に予備試験合格を手にするなら資格スクエアのオンライン学習でその夢を叶えませんか?

資格スクエアは予備試験合格をゴールとして考える「逆算合格術」という学習方法を採用しており、60段階のレベル別に学習を進めていくことで確実に必要な能力を身に付けることが可能です。

レベル別学習のポイントとしては「合格までの自分のレベル」を可視化することができ、確実にレベルアップができる点にあります。また、逆算合格術は「アウトプットを最大に」「インプットを最短に」することでいち早く合格に近づく方法として、資格スクエアが力を入れている学習方法でもあります。

予備試験講座受講者はもちろん、各メディアでも掲載され評価が高い資格スクエアは、今最も予備試験合格に近い学習方法として注目されているので、どの勉強方法よりも確実に予備試験合格を目指している方には非常におすすめです!

出身大学別の予備試験合格率・合格者数

まずは、司法試験予備試験の出身大学別の合格率・合格者数を紹介していきます。

現役大学生の方や司法試験予備試験に興味を持っている方は、この出身大学別の合格率を是非参考にしてみてくださいね。

【2017(平成29)年度】出身大学別の合格率

2017(平成29)年度の司法試験予備試験の出身大学別の合格率と合格者数を確認していきます。

大学名 受験者数 最終合格者数 合格率
東京大学 636人 86人 13.5%
慶應義塾大学 645人 40人 6.2%
中央大学 882人 29人 3.3%
京都大学 275人 19人 6.9%
一橋大学 160人 18人 11.3%
早稲田大学 689人 14人 2.0%
大阪大学 146人 13人 8.9%
神戸大学 127人 5人 3.9%
北海道大学 111人 5人 4.5%
明治大学 260人 5人 1.9%

合格率、合格者数のどちらをとっても群を抜いている「東京大学」は、さすがの日本の最難関大学と呼ばれているだけありますね。

他の出身大学別で見ても日本を代表する有名大学が名を連ねていることが分かります。

【2018(平成30)年度】出身大学別の合格率

さらに、2018(平成30)年度の司法試験予備試験の出身大学別の合格率と合格者数を確認していきましょう。

大学名 受験者数 最終合格者数 合格率
東京大学 644人 52人 8.1%
慶應義塾大学 652人 44人 6.7%
中央大学 945人 27人 2.9%
早稲田大学 706人 20人 2.8%
京都大学 251人 17人 6.8%
一橋大学 178人 14人 7.9%
大阪大学 156人 12人 7.7%
同志社大学 217人 6人 2.8%
北海道大学 112人 5人 4.5%
明治大学 288人 4人 1.4%

2018年度の大学別に至っても「東京大学」出身者の合格者数はダントツで1位ですね。

他の出身大学別の名前も見ても、2017年度に引き続き難関大学がずらりと並んでいることが分かります。

社会人の予備試験合格率・合格者数

社会人の予備試験合格率

出身大学別の合格率を発表したところで、職業別に社会人の司法試験予備試験の合格率・合格者数を紹介します。

社会人から予備試験合格を目指し、司法試験を受験しようと考えている方は、是非このデータを役立ててみてくださいね。

【2017(平成29)年度】社会人の合格率

それでは、社会人の職業別に2017(平成29)年度の司法試験予備試験の合格率や合格者数を紹介していきます。

職業 受験者 合格者 合格率
無職 2,353人 66人 2.8%
会社員 1,833人 26人 1.4%
公務員 792人 7人 0.8%
自営業 448人 3人 0.6%
法律事務所事務員 228人 10人 4.3%
塾教師 135人 1人 0.7%
教職員 91人 3人 3.2%
その他 451人 7人 1.5%
全体合計 6,331人 123人 1.9%

予備試験の社会人合格者の中では、無職の方が大多数を占めていることが分かります。

しかし、全体の合格者数の半数以上が仕事をしながら予備試験に合格を叶えています。このことから、社会人でも働きながらでも予備試験を突破することは不可能ではないといえますね。

【2018(平成30)年度】社会人の合格率

次に、社会人の職業別に2018(平成30)年度の司法試験予備試験の合格率や合格者数をお伝えしていきます。

職業 受験者 合格者 合格率
無職 2,391人 47人 1.9%
会社員 1,980人 26人 1.3%
公務員 880人 20人 2.2%
自営業 486人 4人 0.8%
法律事務所事務員 241人 6人 2.4%
塾教師 147人 4人 2.7%
教職員 100人 2人 2.0%
その他 446人 6人 1.3%
全体合計 6,671人 115人 1.7%

2017年年度に引き続き、2018年度も社会人の予備試験合格者は無職の方が大半という結果に。

一方で、社会人として働きながらも予備試験合格を勝ち取っている方が存在するのも確か。社会人だからと言って諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。

社会人でも資格スクエアなら予備試験に合格可能!

予備試験資格取得

予備試験講座

経済的・時間的に余裕がなく、社会人だからといって自分自身の夢をあきらめてしまってはいませんか?資格スクエアなら、どんな勉強方法よりも費用抑えて短期間・短時間でも予備試験合格を目指すことができるんです!

資格スクエアは業界でもトップクラスの低価格を実現しているにも関わらず、大手予備校出身の豊富な指導経験を持つ講師陣、さらに独自開発された学習システムで「費用は安いが質が高いオンライン学習」を可能にしました。

パソコンやスマートフォンを利用したオンライン学習がメインなので、忙しい社会人も時間を見つけやすい勉強方法として人気が高く、実際に資格スクエアの講座を受講し予備試験に合格した社会人受講者も数多く輩出しています。

こうした確かな実績から、今最も予備試験合格に近い学習方法として多数のメディアでも取り上げられています。社会人だからといって法曹資格取得を諦めていた方!資格スクエアでその夢をもう一度叶えてみませんか?

予備試験の科目別合格率と合格者率

予備試験は3つの試験から構成されており「短答式試験」「論文式試験」「口述試験」の順に受験していくことになります。

1つ1つの試験に合格しないと次の試験を受験できない仕組みになっているからこそ、予備試験が難関試験と呼ばれている理由なのかもしれません。

短答式試験の合格率と合格者数

まずは予備試験の最初の難関である「短答式試験」の合格率から確認していきましょう。

2016(平成28)年 2017(平成29)年 2018(平成30)年
受験者数 10,442人 10,743人 11,136人
合格者数 2,426人 2,299人 2,661人
合格率 23.2% 21.4% 23.9%

予備試験の最初の試験であるにもかかわらず、短答式試験では予備試験受験者の4人に1人しか合格できていないことが分かりますね。

これだけの人数しか難関を突破することができない予備試験の短答式試験は、ふるいにかけられている第一関門といっても過言ではありませんね。

論文式試験の合格率と合格者数

次に「論文式試験」の合格率を見ていきましょう。

2016(平成28)年 2017(平成29)年 2018(平成30)年
受験者数 2,427人 2,185人 2,551人
合格者数 429人 469人 459人
合格率 17.7% 21.5% 18.0%

短答式試験と同様、論文式試験も相当な難関を潜り抜けなければならない結果がでています。

論文式試験でも受験者の5人に1人しか合格できていないのが現状です。

口述試験の合格率と合格者数

それでは、予備試験の最後の試験である「口述試験」の合格率をお伝えします。

2016(平成28)年 2017(平成29)年 2018(平成30)年
受験者数 429人 469人 456人
合格者数 405人 444人 433人
合格率 94.4% 94.7% 95.0%

短答式試験、論文式試験とは打って変わり、口述試験の合格率は非常に高いです。

世間では「合格させるための試験」とも呼ばれていますが、だからこそ必ず合格しなければならないというプレッシャーにも耐えねばならないと言えそうです。

予備試験合格率と予備試験合格者司法試験合格率

司法試験予備試験の合格率まとめ

最後に予備試験受験者全体の合格率・合格者数と、予備試験合格者の司法試験合格率・合格者数を紹介して締めたいと思います。

このデータを参考にすれば、予備試験ルートから司法試験突破を目指す希望も見えてくるかもしれませんね。

予備試験受験者の合格率と合格者数

まずは予備試験受験者全体の合格率と合格者数を紹介していきます。

2014(平成26)年 2015(平成27)年 2016(平成28)年 2017(平成29)年 2018(平成30)年
受験者数 10,347人 10,334人 10,442人 10,743 11,136
合格者数 356人 394人 405人 444人 433人
合格率 3.4% 3.8% 3.9% 4.1% 3.9%

こうしてみると、年々司法試験の受験者数も合格者数も増加してきていることが見て取れます。

それだけ司法試験予備試験に注目が集まっているといえますね。

予備試験合格者の司法試験合格率、合格者数

さらに、予備試験合格者の司法試験の合格率・合格者数を確認していきましょう。

2014(平成26)年 2015(平成27)年 2016(平成28)年 2017(平成29)年 2018(平成30)年
受験者数 244人 301人 382人 400人 443人
合格者数 163人 186人 235人 290人 336人
合格率 66.80% 61.79% 61.52% 72.50% 77.60%

このデータを基にすると、予備試験の合格者が本試験である司法試験に合格する確率が非常に高いことが分かりますね。

世間では予備試験の学習がそのまま司法試験の合格に繋がるともいわれており、予備試験ルートから司法試験合格を目指す方が増えてきているのも事実です。

司法試験の合格率、合格者数

最後に、法科大学院修了者と予備試験合格者を合わせた司法試験の合格率と、予備試験合格者のみの司法試験合格率を紹介していきます。

法科大学院修了者及び予備試験合格者 予備試験合格者のみ
最終合格者数 合格率 最終合格者数 合格率
平成26(2014)年 1,810名 22.58% 163名 66.80%
平成27(2015)年 1,850名 23.08% 186名 61.79%
平成28(2016)年 1,583名 22.95% 235名 61.52%
平成29(2017)年 1,543名 25.86% 290名 72.50%
平成30(2018)年 1,525名 29.11% 336名 77.60%

最近では、予備試験合格者が司法試験を突破することも珍しくなくなってきたといえます。

平成30年だけで見ても、司法試験に合格しているうちの5人に1人が司法試験合格者という計算になります。このことから、今後も予備試験ルートで司法試験に合格する方の数は増えていくのではないかといわれています。

司法試験予備試験の出身大学別・社会人別の合格率まとめ

予備試験資格取得

予備試験合格への近道!

いかがでしたか?

司法試験予備試験の合格率をはじめ、出身大学別・社会人別にも合格率・合格者数を紹介してみました。

社会人で働きながらでも予備試験に合格し、さらに司法試験に合格している方は数多く存在することがお分かりいただけたと思います。より確実に予備試験合格を目指すのであれば資格スクエアの講座を受講することで試験対策に役立つことは間違いありません。

年々予備試験ルートで司法試験突破を目指している方が増えてきているのも事実ですので、予備試験から司法試験合格を目指している方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

*