検察官になる為の資格を最短で取得するには通信講座がおすすめ?

masman

by nishii

更新日:2019-06-20

公開日:2019-06-08

検察官の資格を最短で取得する方法とは?通信講座がおすすめ!についてご紹介しています。検察官を最短で目指すには試験勉強の工夫が大切となってきます。その為に準備しておかなければならないのはどんな事か?通信講座の活用メリットなどまとめています。


検察官を目指す為の資格は予備試験・司法試験とありますが、最短で取得するにはどんな勉強方法や対策があるのでしょうか?

法律を扱う職業として人気のある検察官ですが、検察官となるまでの道のりも険しく、試験の難易度も高くなっています。

予備試験や司法試験の対策には通信講座の活用をおすすめする理由など、検察官になる為の資格の最短取得についてまとめました。


最短・高品質の試験対策は資格スクエアで!

予備試験資格取得

予備試験講座で最短合格

司法試験で確実に合格司法試験取得

資格スクエアの予備試験講座司法試験講座は時間と質を両立させた合格実績の高い人気のオンライン講座です。

通常の予備校では100万円以上の費用がかかりますが、資格スクエアでは約50万円で質の良い学習が可能になり、毎年多くの合格者を出している為、今受講者が増加中の評判の良い講座なんです!

検察官になる為には、できる限り勉強時間を抑えて次の対策へと移りたいと考える方が多く、いち早く取得を目指す為に資格スクエアではそれに対応した短時間での学習法もあり、個人の環境で選べるプランが充実しています。

低費用で最短取得で質の良い学習ができるのは試験対策にとって最も優秀な通信講座となるので、迷わず資格スクエアの通信講座を始めるべきでしょう!

予備試験講座・司法試験講座について

予備試験講座の特徴

予備試験講座は予備試験合格者の6人に1人が資格スクエア受講者という実績があり、年々利用者が増加している人気の講座で、予備試験講座から司法試験講座へとステップアップする利用者が増えています。

またその特徴としては、短期間で集中的な学習方法を採用していて、学習の基礎能力を身に付けさせる事から学ぶ為、利用者の思考・学習方法の向上が実現されているのです。

予備試験の資格スクエア利用者の合格率は年々増えていて、予備試験最短取得を目指すのであれば、間違いなく合格率の高い資格スクエアの予備試験講座をおすすめします。

司法試験講座の特徴

司法試験講座では過去問題や論文対策だけでなく、出題趣旨や採点についての細かな解説まで組み込まれていて受験者に非常に親切な内容になっています。

実際の司法試験に役立つ情報が多く過去の司法試験に沿って内容も進化していて、司法試験対策用にしっかりと作りこまれているのが司法試験講座の特徴で、高く評価されているポイントでもあります。

授業時間も従来の予備校の半分の時間となっていて、オンラインである事を強みとした短期間・自由な時間帯での学習で合格を充分に目指せるのですからこれ以上に試験に特化した通信講座は無く、最短取得を目指すなら今すぐ資格スクエアの司法試験講座を開始しましょう!

検察官を目指す為に必要なのは?

検察官

法律の専門家として活躍する検察官は正義感が強く、法曹を目指す人には憧れの職業です。

検察官になる為には約10,000時間の勉強時間が必要と言われていますが、最短で取得するにはどんな方法があるのでしょう?

検察官になる為に必要な対策を早い段階で計画していきましょう。

検察官になる為には?

検察官になる為には、予備試験からの司法試験ルートが一番最短となります。

しかし司法試験は厳しく、早ければ早いほどしっかりとした試験対策が必要となるので、勉強方法や計画をきちんと立てて勉強を始めなければなりません。

その為には的確な質の良い勉強が必要となり、最も適しているのが通信講座の試験対策となります。

以下で、資格スクエアの通信講座ではどんな対策を行っているかを見ていきましょう。

司法試験予備試験で最短合格へ!

予備試験資格取得

最効率の予備試験対策

資格スクエアの予備試験講座では、業界初の逆算思考の予備試験合格術という学習メソッドを導入しており、予備試験合格から逆算して必要となる能力を分析し、その能力を育成する為の画期的な講座構成を行っています。

試験に必要な能力は以下の通りで、それぞれ予備試験に沿った内容や重要となるポイントの補強などバランスを取った構成となります。

予備試験で必要不可欠となる能力を年々試験に対応させる為に出題形態や解説の変化を行っていながら、低価格で短時間という形態から確実に合格に導く事ができるのは資格スクエアの予備試験講座だけなので、効率良く能力向上を目指しましょう!

  • 問題分析能力:論文の問題文に対しての理解能力の向上
  • 条文適用能力:条文を理解し、適切な条文を判断できる能力
  • 答案作成能力:答案の構成や正しい論文作成能力
  • 短答対応能力:短答式の出題傾向に沿った知識の強化
  • 口述対応能力:口述式試験に対応できる能力を鍛える

司法試験予備試験について

司法試験予備試験は、様々な理由で法科大学院などに進学できなかった人の為に、司法試験受験資格を得る為の試験です。

司法試験予備試験では司法試験ほど難易度は高くはありませんが、それでも司法試験と呼ばれるだけあって簡単なものではありません。

法律の基礎知識を評価する為に、憲法や刑法など科目は司法試験と同じ科目で試験を行います。

予備試験の勉強効率を上げる為には、徹底した予備試験対策を行っている通信講座がおすすです!

予備試験から司法試験を目指すのが最短ルートと言われていて、通信講座では短期合格のコースもあり、授業内容も試験に必要となる箇所を抑えていて、試験対策が充実しています。

通信講座の予備試験対策はこんな対策をしてくれる!

  • 個々のレベルに合わせた課題
  • 自分が何をするべきか気付かせてくれる学習方式
  • オンラインでいつでも疑問点を解消できる
  • 過去の質問も閲覧可能
  • 動画を直接編集・保存可能なので、授業に集中できる
  • 受験生同士の交流を意識したイベント開催

資格スクエアの司法試験が最短!

司法試験

時間を無駄にしない司法試験対策司法試験取得

資格スクエアの司法試験講座では過去に行われた司法試験を徹底的に分析し、作成したオリジナルのレジュメになっていて質が高いと評判を呼んでいます。

司法知識の実践化やランク付け、論文式試験で役立つ知識の学習や網羅性の高い出題範囲の学習など様々な試験対策に対応していて、各科目15時間~17時間と短時間での学習となり、必要なポイントを充分に学習できる事が特徴です。

最短合格が実現できる勉強法に最も最適なのが資格スクエアの司法試験講座で、無駄な労力や時間を使わず確実な勉強をして理解力を上げるピンポイント方式は資格スクエアの講座の最大の強みとなります!

難しいと言われる司法試験も司法試験講座を活用すれば、最効率を可能にできるので試験をお考えの方は司法試験講座の受講で最短取得を目指しましょう!

【司法試験合格者の声】
  • 今まで苦手だった論証を身に付ける事ができ、あやふやだった理解が明確なものとなりました。
  • 応用が難しかった既存の知識が応用可能になり、理解を深めてくれました。
  • 試験委員会が求めている解答をどのように行うかなどの実践的ノウハウを学ぶ事ができ、司法試験に活かす事ができました。
  • 判例や解説がコンパクトに凝縮されていて、試験対策には一冊だけで十分な知識を習得できました。
  • 教材がランク別で分けられているので、難しい参考書に時間を費やする事も無く、確実に基礎を固める事が合格への最短ルートだと思いました。

司法試験について

検察官になるには司法試験は必ず合格しなければなりませんが、司法試験は法律系資格でも最難関なので、限られた時間で可能な限りの勉強が必要となり、本当に必要な部分だけを学習できているのか不安もありますよね。

そんな司法試験対策にお悩みの人に司法試験対策の通信講座がおすすめです!

司法試験にありがちな間違った勉強法を司法試験講座では改善し、分からない事は丁寧に解説してくれます。

法曹三者の世界は厳しく、試験に一発合格できなければ採用率もどんどん下がっていくので、何としても司法試験は一発合格を目指したいですね。

通信講座の司法試験対策ではスピードと効率・質を意識したプログラムで効率よくスムーズな取得を目指せます。

通信講座の司法試験対策はこんな対策をしてくれる!

  • 予備校では力を入れていない論文対策をしてくれる
  • 司法試験でそのまま活用できる授業内容
  • ベテラン講師がピックアップした過去問題
  • 基礎から司法試験に必要な内容を全て習得できる
  • 動画で答案解説を行うので、何度でも見る事ができる

最短取得での試験対策は?

対策

最短取得で高難易度の試験に挑戦するにはどんな事をしたら良いのか?

その為には勉強量よりも、質の良い試験に必要な勉強を重点に置いて対策をする必要があります。

様々な試験対策がありますが、一般的には以下のような対策が多いでしょう。

独学での勉強

検察官を目指す為に予備試験・司法試験を独学で目指す人も少なくありません。

独自の勉強方法で徹底的に時間を勉強に費やす事も可能になりますが、独学では実際に試験をしてみて初めて気づく事も多くあります。

試験の内容や傾向などの情報についても独学では不安が残ります。

通信講座では過去の試験内容を把握し、試験に活かせる内容を指導・説明してくれるので、最も司法試験に特化した教材で通信講座を始める事が有効な手となります。

予備校に通う

現在では予備試験や司法試験に特化したカリキュラムを導入した予備校も多くあり、直接講師が指導してくれる所がメリットとなります。

しかし、予備校では経済的な負担や通学面では誰しもが気楽に通える環境ではありません。

近年では通信講座が司法試験や予備試験に特化した予備校では教えてくれない事やそれぞれの科目に関しての書き方や試験勉強で重要な解答説明を行っており、まとまった時間を取るのが難しい方も、経済面に不安がある方でも始めやすくなっています。

オンライン講座で対策

オンライン講座の受講は予備試験・司法試験にもおすすめで、誰でもいつでもどこでも授業ができるという大きなメリットがあります。

その為、社会人や学生からも評判が良く利用者が増加傾向にあります。

現代のオンライン講座では予備校と同等の内容で、授業を何度でも見る事ができるので、司法試験に必要となる「繰り返し復習」が最も適している勉強法です。

通信講座をおすすめする訳

通信講座

検察官になる為の最短取得なら、やはり速さと質を意識した通信講座が最も適しているのではないでしょうか?

司法試験を受験する人にも通信講座は人気があります。

以下で通信講座が司法試験に向いている訳を見ていきましょう。

勉強の進め方

通信講座ではまず学習プランの計画をする所から始まり、未修の人も既修の人も法律の基礎から基礎学力を身に付ける為の授業を行います。

そして、これまでの試験内容に沿った次期に行われる試験を想定した解答案を作成します。

論文式試験の書き方や基礎知識、考え方や物事の捉え方など、徹底的に論文式試験で必要な対策を行っているので、受験者が陥りがちな考え方など弱点を追求した授業内容となり、論文式試験をするのに必要な学力が身に付きます。

オンラインで丁寧な解説

通信講座ではただ勉強するというシステムではなく、オンラインを活用したリアルタイムでの添削を行っています。

自分自身で添削し、解答・解説を理解する事は予備試験・司法試験では最重要な勉強法の1つとされていますが、それには限界があり、オンラインの添削を行ってもらう事によって、問題点の指摘や考え方の指導など、自分自身の弱点もきちんとサポートしてくれます。

また質問にもすぐに対応してくれるので、試験対策は通信講座が最も適していると言えます。

経済的な負担が少ない

通信講座では本格的なカリキュラムが充実していますが、予備試験や司法試験をなると「費用が不安」と感じている人も少なからずいます。

しかし、本気で検察官を目指し、法科大学院や予備校に通うとなると教材などを揃えるだけでも大きな負担となります。

通信講座では教材も必要な基本的な物からそれぞれの試験に特化した教材が用意されていて、オンラインで講座を行う事で大きなコストカットを実現できています。

通信講座の試験対策はリーズナブルな費用となっているので無料の資料請求で資料を手に取り始めてみましょう!

検察官を目指す為の資格は最短で取得できる!通信講座が最適な訳まとめ

予備試験資格取得

予備試験を最短クリア!

司法試験に一発合格する司法試験取得

検察官の最短での資格取得に、資格スクエアの通信講座を活用するべき理由をご紹介しました。

最短と言っても、試験の内容は非常に難易度が高く、上手な勉強方法を行う事が需要で、その為に適しているのは無駄な時間を使わずに一極集中が可能な資格スクエアの通信講座です。

資格スクエアの予備試験講座司法試験講座では、学習の効率化・能力向上を目的として、少しの時間も無駄にしない学習方法でその合格率も驚きの結果となっています。

覚えるだけでなく、予備試験・司法試験にとって最も必要なのは法を理解する事となってくるので、予備試験や司法試験では一発合格を目標とする事が最短のルートなのです。

試験に適した勉強法を身に付ける場合にもこの実績ある資格スクエアの無料の資料請求をして、スタートラインとして基礎能力の向上を目指すべきです。

これから試験対策を行う人や今後検察官を目指す人には費用も時間も無駄にせず、無理なく最短取得を実現できる資格スクエアの試験講座で合格を実現しましょう!

コメントを残す

*

*