独学で司法試験を合格するには参考書と通信講座どっちがおすすめ?

masman

by nishii

更新日:2019-06-20

公開日:2019-06-11

司法試験を独学で合格する為には参考書と通信講座どちらが良いのか?をまとめています。資格系の試験で最難関と言われる司法試験を独学で合格するには、時間と労力を必要としますが、適切な勉強法で合格を目指せます!独学を希望する人は是非ご覧ください。


検察官を目指す為の、難関である司法試験を独学で合格するには、一体どんな勉強法を取るべきなのでしょうか?

司法試験は非常に難易度の高い試験となりますが、合格する為に必要となる時間や対策は非常に重要となるので、正しい勉強方法選びをするために参考書と通信講座でどのような違いがあるのかをご紹介しています。

これから独学で司法試験を目指す事でお悩みの人は是非ご覧ください。


独学で司法試験合格を目指すなら絶対に資格スクエア

司法試験

無駄なく合格に走れる司法試験講座司法試験取得

独学での司法試験は個人で適切な学習が必要となりますが、なかなか範囲が絞れず時間を浪費してしまいがちです。

そのような遅れを取らない為には資格スクエアの司法試験講座を活用しましょう!

資格スクエアが行っている司法試験講座では、受験生の目線から司法試験の傾向と試験が必要としている要点を抑え、徹底的に分析され司法試験に必要な内容で構成されていて、受験生から高い支持を得ている通信講座です。

実体験を元に作られているカリキュラムでは、実践的な講義を可能としているので、合格者からも「司法試験対策は司法試験講座の一冊があれば十分に合格ラインの知識を得る事ができる」と言われています。

限られた時間を無駄にせず、覚えるから理解する勉強法は資格スクエアの司法試験講座で習得しましょう!

司法試験独学の難しさ

司法試験独学

独学で司法試験を受験する事は無謀と言われますが、適切な勉強方法を取る事で司法試験の合格は不可能ではありません。

経済面や時間の問題など色々な理由から独学を選択する人も多く、ここでは独学での司法試験の難しさや司法試験対策に最適な勉強方法をまとめていますので、ご参考にして下さい。

司法試験の難しさ

司法試験経験者と未経験では、司法試験の難易度が大きく変わってきます。

司法試験で重要とされている点は「法を理解し明確な根拠に基づいた判断ができているか?」という部分になってくるので、勉強だけしていてもしっかりと理由付けをし、説明できなければならないのです。

その為、既修者ではその学習方法も基礎学力でも違いがあり、現在では司法試験も新司法試験と言われ、旧司法試験は比較的難易度が少し下がっていました。

しかし、新司法試験の難易度は高く、それを目指す為の予備試験も同様に、旧司法試験以上の難易度と言われているのです。

参考書の解釈の難しさ

司法試験に適した参考書の記述分は極めて難しいもので、文章や構成も非常に解釈が難しいものとなっていて、司法試験の問題に対しても、主に論述を行わなければならない司法試験はその点で非常にハードルが高くなっています。

司法試験の参考書はあくまで研究結果であり、個人の見解によって明確な答案を見出すのはとても難しいのです。

司法試験の勉強方法

司法試験の勉強の範囲は膨大なものとなり、どれが必要であるか、どれが必要のないものかまでは判断し難く、だからといって全部覚えている時間はありません。

そして何より的確な答案を必要としている司法試験では、確実な解答がしっかりとできるような知識が必要となります。

どうしてこの答えになったのか?どうしてそう思ったのか?まで安定的に答えられるようになる為の試験に必要な勉強を行わなければならないので、独学の勉強法の確立は難しいものとなります。

自身で正しい勉強を見つけるにはそれこそ経験があれば良いのですが、費用面などを抑える目的での独学であれば気軽にまず受験とはいかないので、司法試験の正しい勉強法を身に付ける為には丁寧に初歩から学ぶ事のできる通信講座が最良だと言えます。

効率良く学ぶなら司法試験講座

司法試験

司法試験講座は合格の道しるべ司法試験取得

司法試験の正しい勉強法を模索するには多くの時間を必要とし、独学では間違った学習に気付く事も難しくなります。

「どうせなら少しの時間も無駄にせず学習したい!」と考えるのであれば資格スクエアの司法試験講座が最適の勉強方法なのではないでしょうか。

資格スクエアが司法試験対策として意識しているポイントは以下になります。

司法試験に関してここまで立体的に分析している通信講座は資格スクエアしかありません。

独学では身に付きにくい予備試験にも司法試験対策にも本番にも必ず役立つ資格スクエアの司法試験講座を今のうちに始めましょう!

  • 充実した参考文献:これまで学んできた基本書を使いながらの学習も可能に
  • 予備試験・司法試験の過去問を参照:「どのように出題されてきたか」という目線での学習
  • 試験で使える論証:実際の試験でそのまま使える論証を掲載し、科目ごとの出題形式も含め必要な知識を得る

司法試験は独学でも合格できる?

司法試験独学

司法試験での勉強は10,000時間必要と言われますが、独学では更なる時間が必要になります。

しかし、効率よく時間を抑えて独学で司法試験対策を行う方法もあります。

その時間を無駄にしないのはやはり通信講座が最も司法試験では優秀な教材となります。

以下では司法試験対策の独学の秘訣をまとめています。

勉強のやり方で結果は大きく変化する

司法試験の独学では、どのように試験対策を行うかによって結果は大きく変化します。

例えば独学での司法試験対策では通信講座を活用すれば、予備校と同じだけの学習量を自宅で習得する事が可能になります。

またオンライン講座では生徒からの質問や解答とその説明などを徹底しており、添削もリアルタイムで行われる為、実際に学校に通っているのと同じ成果を得る事ができるのです。

通信講座を利用せずに参考書を読んでの勉強はまずその基礎知識や勉強方法を知る所から始まる為、対策を行う前に多くの時間が必要となります。

その為、独学での司法試験対策は通信講座を利用するのが一番良いのではないでしょうか?

過去問題をひたすら解く

司法試験受験者の大半の人が何度も繰り返し過去問題を使い勉強しています。

司法試験では一度出題された問題は二度と出題されませんが、必要なのはその答案・説明となり、その答案の定義を理解する事が重要となるのです。

問題を理解していても、しっかりと理由付けできるようにならなければ意味がないので、ひたすら答案内容を理解する事、ただその繰り返しで、徹底的に基礎学力を身に付けていくのです。

毎日の目標を立てる

司法試験では何をすべきか、どんな事を望んでいるのかを考えておく事が必要となります。

過去の問題や参考書などを読んでいればかならず趣旨が見えて来るので「どんな事を期待しているのか?」を意識して必要となる問題や答案を見出していく事が大切です。

司法試験も情報戦であり、できる限りの司法試験の細かい情報を収集して、それをリストアップしていき目標を作り、情報に沿った学習を心がけましょう。

通信講座では個々の能力に合ったレベルの学習から始めるので、まずは勉強プランから計画的に行ってくれます。

参考書か通信講座か?

司法試験独学

参考書での勉強と通信講座での勉強ではどちらの方が効率が良いのか?

司法試験を受ける為の独学で向いているのはどちらなのか、参考書と通信講座それぞれの特徴を見ていきましょう。

参考書で独学する

参考書に書かれているのは、経験者の研究結果であり、司法の世界では行間を読む事が重要だと言われていて、著者の真意を読み取る事と、参考書では内容が凝縮されているので、その内容自体と読み解いていく事が必要となります。

また、あくまで参考書は著者によって思考も異なるので、参考書によって考えの違う結果になるのです。

その為、司法試験での勉強材料にするには参考書は自身で編集し、教科書を作る必要があります。

参考書の特徴

  • 経験者の経験談・考え方が聞ける
  • 自分に合った参考書選びができる
  • 法律の用語が独特で難しい
  • 間違った勉強法に気付けない可能性がある
  • 参考書の問題は司法試験に対応したものがない
  • 解らない部分に対しての解釈に限界がある
  • 論文対策が極めて難しい

通信講座での独学は?

通信講座では予備校に通うのと同等の学習環境となっていて、独学で司法試験の勉強をするなら、わざわざ必要な箇所を模索する必要もありません。

通信講座は司法試験対策としてしっかりとした準備ができているので、集中的に司法試験までに対策を取っておく事が可能になります。

司法試験の独学は難易度が高いものとなりますが、学び方や問題などピンポイントで大切な事を学ぶ事ができます。

通信講座の特徴

  • 少しの疑問でも質問し、説明してもらえる環境
  • 司法試験対策としての問題が出される
  • 論文式の書き方を学ぶ
  • やるべき事がはっきりしているので集中的に学習できる
  • 自分の都合の良い時間に学習が可能になる
  • 費用面でも予備校よりずっとお得に
  • 何度でも講義を確認できるので、解らない部分もクリアしやすい

費用面では?

専門の参考書は価格も比較的高値なものになります。

通信講座では入学の際に参考書の無料進呈などがあり、お得なプランが豊富にあります。

独学で参考書を購入するには、きちんとした参考書を調べておかないと、どんどん出費がかさんでしまう可能性があります。

また、勉強のやり方や選ぶべき参考書を探す事を考えると、同じ費用をかける場合には様々な面で、通信講座の方が圧倒的にコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

独学で司法試験の合格を目指す!参考書と通信講座どっちが最良?まとめ

司法試験

正しい独学で司法試験に合格司法試験取得

独学での司法試験合格を目指す為に参考書と通信講座どちらがおすすめかをご紹介しました。

独学では独自の目線で自分の思うように自由に学習できるメリットがありますが、難しい試験となるので合格を本気で目指すなら的確な学習ができる資格スクエアの司法試験講座が最適で費用も1/3となり断然お得という事がわかりました。

司法試験の独学は相当の時間を要しますが、費用面や労力を考えると一発合格を狙いたい所なので、勉強開始段階でやるべき事がわかっている司法試験講座の司法試験対策が無駄も無くおすすめですよ。

これから独学での合格を考えている人にも、資格スクエアの司法試験講座を使って確実に合格を狙っていきましょう!

コメントを残す

*

*