司法試験予備試験の勉強方法や勉強時間とは?勉強計画は立てるべき?

masman

by kitasan

更新日:2019-06-21

公開日:2019-06-08

予備試験の勉強方法

司法試験予備試験を受験しようと考えている方は必見!予備試験に必要な勉強時間や効率の良い勉強方法、さらに合格までの勉強計画の立て方などを詳しく紹介していきます。予備試験突破を目指している方は是非実践に役立ててみてください。


予備試験合格が司法試験突破のカギを握っているといっても過言ではないほど、年々司法試験予備試験ルートから司法試験合格を目指す方が急増しています。

そんな司法試験予備試験の勉強方法や勉強時間、さらに勉強計画は立てるべきなのかどうかを詳しく解説していきます。

弁護士を目指している方、予備試験合格に向けて奮起している方は、是非この記事を参考に司法試験の勉強に役立ててみてください。


予備試験合格に最適な勉強方法は資格スクエア!

予備試験資格取得

予備試験講座

今最も注目を集めている、確実に予備試験合格を手にする勉強方法は資格スクエアです!予備試験講座の受講者はもちろん、各メディアでも掲載され高い評価を得ています。

資格スクエアは「安さと質を両立した学習方法」をモットーにしており、どんな勉強方法よりも確実な合格までの道のりと安さを実現させ、講座が始まった2015年からの4年間で累計100名以上の合格者を輩出するという実績を出しています。

資格スクエアの勉強方法は「逆算合格術」という独自のレベル別学習を採用しており、合格までに必要な能力を確実に身に付けることが可能。また、現段階の自分自身のレベルを知ることができるため、予備試験合格まで効率良く勉強を進めることができます。

司法試験予備試験の合格を目指している方は、是非この機会に資格スクエアを利用してみてはいかがでしょうか?

まずは司法試験予備試験の勉強計画を!

司法試験予備試験の合格を目指しているのであれば、しっかりと勉強計画を立てることが必要となってきます。

これから先では、司法試験予備試験の詳しい勉強計画の立て方を解説していきますので、予備試験の受験を考えている方は必見です。

予備試験の勉強計画は細かく具体的に!

司法試験予備試験の合格を目指すにあたって必要不可欠な勉強計画は、明確で無駄をなくし効率的に学習を進めていくためにもしっかりプランを立てることをおすすめします。

予備試験の勉強計画を立てる際のポイントは以下の通りです。

  • なぜ司法試験予備試験を受験するのか、目標や目的のゴールを考える
  • 過去問題に取り組んだり、実際に予備試験に合格した人から勉強方法のアドバイスを受ける
  • 試験日までの日数を把握し、大まかなスケジュールを組む
  • 毎日、当日の勉強スケジュールを組み、必ず実践する

ただがむしゃらに勉強を続けていては非効率になってしまう可能性が高く、モチベーション維持や挫折を味わう可能性が高いです。

まずはなぜ司法試験予備試験を受験し、何を目的・目標に勉強計画を立てるのかを明確にしていきましょう。

予備試験の勉強計画は時間をかけて良い?

司法試験は、数ある国家資格の中でも文系最難関試験であるといわれています。

難易度が高いといわれているのには様々な理由がありますが、試験の範囲が広いことや試験の勉強が確立されていないことが原因として考えられます。

あまり勉強時間を割くことができない方は、ゆっくり時間をかけて予備試験に合格できるよう無理なく勉強計画を立てる方が効率が良い可能性があります。

司法試験合格を見据えた勉強計画を立てよう

予備試験に合格しただけでは弁護士含む法曹三者になることはできませんので、予備試験合格だけでなく翌年控えた司法試験の受験を見据えた勉強計画を立てる必要があります。

さらに予備試験の勉強は本試験である司法試験に通じるともいわれており、予備試験合格者の司法試験合格率は非常に高いというデータも出ていることから、司法試験に直結する予備試験対策を計画しましょう。

司法試験予備試験の勉強方法とは?

司法試験予備試験の勉強方法

司法試験予備試験の勉強計画がいかに重要かをお伝えしたところで、次に司法試験予備試験の勉強方法を詳しく紹介していきます。

勉強方法は人それぞれ「合う・合わない」ことがあるのは確かですが、しっかりと勉強方法のポイントを押さえておくことは非常に重要ですので予備試験対策として役立ててみてください。

予備試験では短答式よりも論文式の勉強から始めよう!

多くの予備校や通信講座、資格情報サイトにも書かれていることですが、短答式試験の学習よりも論文式試験からの学習から始める勉強方法を推奨しています。

短答式試験はマークシート形式での解答となり、即座に解答できるだけの理解力を深めなければならないため、まずは論文式試験の学習で法律知識の基礎力を高める方が効率が良いとされています。

また、論文式の試験内容を理解することで、短答式試験の内容も網羅できると考えられています。

司法試験・予備試験では民法を極めよう!

司法試験・予備試験は科目数が多く、出題範囲も非常に多いです。どちらの試験においても、法律基本7科目と呼ばれている「憲法」「民法」「民事訴訟法」「刑法」「刑事訴訟法」「行政法」「商法」の学習は必須となっています。

中でも「民法」は、条例が1000条以上あり全てを覚えるのは不可能ともいわれているほどで、民法を正しく理解することは難しく多くの勉強時間を費やさねばならない科目でもあります。

そして「民法を制する者は、司法試験を制す」と言われているほど、多くの司法試験予備試験に向けて勉強している方が躓き、脱落してしまう科目でもあります。そうならないためにも、しっかりと勉強時間をかけて進めていかねばなりません。

司法試験予備試験では通信講座を利用しよう!

最近では、司法試験予備試験の対策を行う通信講座が増加しており、費用を抑えつつ自分のペースで学習を進めることができる勉強方法です。

勉強計画を立てるのが苦手な方や、そもそも司法試験予備試験の勉強方法が分からない方は、あらかじめカリキュラムが組まれている通信講座などを利用するのが1番です。

もし予備試験を学習するうちに躓いてしまったと感じ始めて悩んでしまった際は、通信講座などで勉強方法を見直してみるのも1つの策といえそうです。

予備試験合格を目指すなら資格スクエアを受講しよう!

予備試験資格取得

予備試験講座

数多く存在する予備試験の通信講座の中でも、評価が高く実績も豊富な資格スクエアは各メディアでも注目されています。

資格スクエアは学習の質を落とすことなく、業界でもトップクラスの低価格を実現させているため非常に人気が高まっている通信講座です。

大手予備校出身の10年以上のキャリアがある予備試験講師の講義動画をはじめ、資格スクエアが独自開発したオンライン学習サービスにより、予備試験合格に焦点を当てたメリハリのある勉強方法が評判の高さの理由の1つでもあります。

実際に、資格スクエアの講座受講者の予備試験合格者はこの4年間で累計100名以上、本試験である司法試験の合格者も続出しています。難易度の高い予備試験に合格するには、資格スクエアを利用しない手はありません!

司法試験予備試験の勉強時間はどのくらい?

司法試験予備試験の勉強時間

司法試験予備試験の勉強計画・勉強方法を紹介してきましたが、肝心の予備試験の勉強時間はどのくらい必要なのでしょうか?

現役大学生の方や、社会人として働きながら司法試験予備試験に挑戦しようと考えている方は、おおよその勉強時間参考に勉強計画を立ててみてはいかがでしょうか?

予備試験に必要な勉強時間の目安とは?

世間一般に言われている、予備試験を突破するために必要な勉強時間はおおよそ「3000~8000時間」とされており、多い方では10,000時間もの勉強時間を費やしている受験者も存在します。

人それぞれ勉強方法や勉強する環境が整っているのかどうかでも強時間は異なってきますが、司法試験予備試験には相当な勉強量・勉強時間が必要となってくるようです。

それだけ司法試験予備試験は難易度が高く、突破するのが難しい試験といえます。

予備試験に必要な1日の勉強時間とは?

まず、本試験である司法試験合格に必要な勉強時間は1日10時間、試験前など多い方だと16時間以上も勉強時間に充てる方もいるようです。また、予備試験でも同様の勉強時間が必要とされています。

予備試験受験者は学歴・年齢制限がなく誰でも受験できる試験であるため、学生や社会人など人によって1日に割ける勉強時間は異なりますが、効率よく勉強方法するためには「理解すること」に重点を置くことがポイントになってきます。

長い時間をかけて勉強するよりも、しっかり内容を理解し、集中して勉強できる環境を作ることも重要です。1日の勉強時間が3~4時間程度しか取れなくとも、試験合格まで2~3年かけて合格を目指すことも視野に考えた方が良い場合もあります。

司法試験予備試験の勉強計画とは?勉強方法や勉強時間まとめ

予備試験資格取得

予備試験講座

いかがでしたか?

司法試験予備試験の勉強計画をはじめ、勉強時間や勉強方法についてを詳しくまとめてみました。

司法試験予備試験を合格するには、勉強時間をしっかり確保し正しい勉強方法を身につけねばなりません。そして、1番重要と言えるのは、明確で具体的な予備試験の目標と勉強計画を立てることです。

司法試験予備試験は難関と呼ばれており、生半可な気持ちで合格することは難しいでしょう。だからこそ、自分自身と向き合う必要があると言えそうです。確実に予備試験合格を目指すのであれば資格スクエアの予備試験講座を利用してみることもおすすめです。

コメントを残す

*

*