司法試験予備試験を独学で合格する勉強方法はやっぱり通信講座が人気?

masman

by kitasan

更新日:2019-06-22

公開日:2019-06-14

予備試験合格には津新講座がおすすめ

司法試験予備試験を受験しようと考えている方は必見!予備試験に独学で合格するための勉強方法や通信講座を受講するメリット・デメリットについてまとめてみました。また、完全な独学で合格することは可能なのかどうかについても解説していきます。


法科大学院を卒業しなくとも司法試験の受験資格を得ることができる「司法試験予備試験」は、年々法曹を目指している方を中心に注目が集まっています。

この記事では、司法試験予備試験を独学で合格したいと考えている方に向けて、通信講座を利用した勉強方法の魅力をお伝えしていきます。

また、予備校や通信講座を受講しない「完全な独学で合格」することは可能なのかどうかについても解説します。弁護士を目指している方の参考になれば幸いです。


独学合格を目指すなら資格スクエアがおすすめな理由

予備試験資格取得

予備試験に必ず合格!

予備試験合格を目指している人に絶対におすすめな資格スクエアの魅力をお伝えしていきます!

資格スクエアは「法学を学んだことがない」「勉強時間がない」「自分に自信がない」と悩んでいる方にこそ試して頂きたい、予備試験合格をゴールとした逆算思考で確実に合格を目指せる「レベル別学習法」を業界初の試みとして取り入れています。

自分自身に必要な能力を60段階ものレベルに分けることで、少しづつ、そして確実に合格までレベルアップしていくことが可能。また、予備試験合格を逆算することで法学を学んだことのない人でも、勉強時間のない人でも短期間・短時間で結果を出すことができるのです。

レベル別学習は「自分の合格までのレベル」を常に把握することができるので、自信にも繋がります。より確実に予備試験合格を狙うのであれば、資格スクエアの講座を受講してみてはいかがでしょうか?

司法試験予備試験の魅力を解説!

本試験である司法試験を受験するには「法科大学院を修了する」か「予備試験に合格する」どちらかの条件を満たしていなければなりませんが、近年では法科大学院生よりも予備試験ルートの受験者が増加傾向にあります。

ここでは、世間の注目を浴びている司法試験予備試験の魅力や予備試験がおすすめな理由をお伝えしていきます。

そもそも司法試験予備試験とは?

司法試験予備試験とは、本試験である司法試験を受験するための資格を取得するための試験で、予備試験に合格することで法科大学院を修了せずとも司法試験の受験資格が与えられるというものです。

予備試験には受験資格が設けられていないため、学歴や年齢・国籍に関係なく誰でも挑戦することが可能ということで年々注目が集まっており受験者も増えています。

司法試験予備試験の魅力とは?

予備試験とは、2011年から始まった「法科大学院卒業程度認定試験」のことであり、経済的理由等で法科大学院に進学することができない方も法曹を目指すことができるというものです。

お金や時間がない方のために設けられて試験制度と言っても間違いありませんし、今まで「弁護士」「裁判官」「検察官」という職業に就くことを諦めていた方にとっては夢のような制度となりました。

司法試験予備試験がおすすめな理由とは?

なぜ司法試験予備試験がおすすめなのかというと、予備試験のための勉強は司法試験の勉強にも直結しており、予備試験のために身に付けた法律知識を司法試験にも活かせるのが結果として効率的だからです。

現に予備試験に合格した方の司法試験合格率は非常に高く、法科大学院ルートではなく予備試験ルートから司法試験合格を目指す方が増えてきています。

独学で合格するなら通信講座が人気?

通信講座で予備試験合格

司法制度改革により予備試験ルートで司法試験合格を叶える方が増えてきていることから、司法試験・予備試験対策の通信講座の質が高くなってきていることをご存知ですか?

さらにインターネットの普及によりオンラインで受講できる通信講座も登場したりと、通信講座の域を超えているものも存在しているんです。

予備校に通うよりも通信講座が人気の理由

ひと昔前では、予備試験・司法試験ともに合格を目指すのであれば信頼・実績のある大手予備校に通う勉強方法が一般的ではありました。

しかし、予備校に通うとなると経済的負担、さらに時間の確保が難しいことがデメリットになってしまうこともしばしば。そんな中、司法試験・予備試験対策のできる通信講座に注目が集まってきたといえます。

通信講座であれば現役大学生、社会人でも好きな時間や好きな場所で勉強することができ、自分のペースで学習を進めることができるため、じわじわと人気が出てきているんです。

通信講座を利用した独学のメリット

独学での勉強方法のメリットは「他の勉強方法と比べて費用が抑えられる」ということが挙げられ、通信講座であれば予備校を受講するよりも費用が抑えられることが魅力の1つです。

また、通信講座を利用した独学での勉強方法は「自分のペースで進められる」というメリットもあり、理解できない問題は自分が納得できるまで時間をかけて勉強することができます。

通信講座を利用した独学のデメリット

独学での勉強方法のデメリットとしては「効率が悪い」ということが考えられ、理由としては法律知識を理解することや法律の専門用語自体が非常に難しいことが挙げられます。

また「モチベーションが続かない」ということも独学のデメリットであり、分からない問題でやる気をなくし挫折してしまう方も少なくありません。

しかし最近では、あらかじめカリキュラムが組まれている通信講座が登場していたり、疑問点をすぐに解決できるオンライン講座も増えてきています。

資格スクエアの通信講座で予備試験合格を!

予備試験資格取得

資格スクエアで合格を目指す

資格スクエアは、「安さと質を両立したオンライン学習」として受講者はもちろん各メディアでも評判の高い通信講座として注目が集まっています!

資格スクエアでは、広告料や教室の賃料などの「学習に関係のないコスト」をできる限り削減することにより、授業料を大幅に下げることに成功。資格スクエアの平均受講料は約50万円と、大手予備校の約半分以下の費用を実現しています。

もちろん学習の質を落とすことなく、予備試験合格に必要な講座・教材はすべて揃っています。大手予備校で10年以上もの指導経験がある講師陣の講義動画や、いつでも好きな時間・好きな場所で勉強可能なオンライン学習など、内容も充実していると評価が高いのも魅力的。

通信講座最大のデメリットであった「分からないことをすぐに質問できない」という悩みも解消されており、オンライン講義を観ながらすぐに質問可能な機能が搭載されていたり、「モチベーション低下」の対策としてオフラインの勉強会やイベントなども定期的に開催されているため、孤独感を感じずに予備試験講座に取り組むことができるようになりました。

通信講座の概念を覆し注目を集めている資格スクエアで、いち早く予備試験合格を目指してみてはいかがでしょうか?

予備試験を完全に独学で合格する方法はある?

独学で予備試験に合格j可能か?

司法試験予備試験に合格するための勉強方法は、予備校に通うことや通信講座を利用した独学が主流ではありますが、完全なる独学で合格することは難しいのかどうかを解説していきます。

予備試験を純粋な独学で合格を目指している方は参考に考えてみてください。

予備試験を完全に独学で合格するのは難しい

残念ながら、司法試験予備試験を完全に独学で合格された方はほとんど存在しないことから、どれだけ予備試験が難しい試験なのかがお分かりいただけると思います。

また、大手予備校や通信講座でも「予備試験に完全なる独学で合格することは不可能」と提唱されており、純粋な独学で合格を目指すことは非常に難易度が高いといえます。

それだけ司法試験予備試験は難易度が高く、受験する方の大半は予備校や通信講座を利用した勉強方法で合格を目指しているようです。

独学で合格するための勉強方法とは?

司法試験予備試験を完全なる独学で合格するのはほとんど不可能とお伝えしましたが、中には経済的理由で通信講座などを受講できない方もいらっしゃると思います。

独学で合格するのは確かに難しいですがその可能性はゼロというわけではありませんので、しっかり法律知識を理解し手順を踏めば独学で合格できる見込みはあります

完全な独学で合格を目指す場合、法律知識を身に付けるため「基本書」を一通り網羅し、さらに予備校の問題集や過去問で学習するという勉強方法を確立することが重要といえます。

通信講座なら独学で合格可能!司法試験予備試験の勉強方法まとめ

予備試験資格取得

予備試験合格を勝ち取る!

予備試験を完全に独学で合格することは非常に難しいといわれているため、もし独学で合格を目指すのであれば通信講座を受講してみることをおすすめします。

数ある通信講座の中でも、資格スクエアは安さと質を重視していて、なおかつ実績も豊富なので利用してみてはいかがでしょうか?

通信講座は予備校よりも費用を抑えることができ、完全な独学で勉強するよりも効率的に学習を進めることができる勉強方法としても非常に人気がありますので、予備試験合格を目指している方は通信講座を受講してみてください。

コメントを残す

*

*