司法試験予備試験の過去問の傾向とは?短答式・論文式・口述式まとめ

masman

by kitasan

更新日:2019-06-22

予備試験受験者の方は必見!司法試験予備試験の試験対策といえば、過去問を網羅することといっても過言ではありません。「短答式」「論文式」「口述式」それぞれの試験の過去問の傾向を把握して、司法試験予備試験に備えていきましょう。

       

国家資格の中でも文系最難関と呼ばれている司法試験予備試験を突破するには、早い段階で過去問をチェックし試験傾向を把握しておくことが重要です。

司法試験予備試験の出題形式である「短答式試験」「論文式試験」「口述式試験」の過去問に焦点を当て、それぞれの試験の傾向を確認していきましょう。

弁護士を目指して、予備試験を受験しようと考えている方はこの記事を参考に、司法試験予備試験対策に役立ててみてください。

予備試験合格に強い!資格スクエアがおすすめな理由

予備試験資格取得

資格スクエアで予備試験合格!

予備試験受験生は必見!資格スクエアなら基礎問・過去問の重要ポイントを抑えているので、より確実に予備試験合格に近づくことが可能です!

資格スクエアは、予備試験合格をゴールとして考える逆算合格術を考案し、60段階ものレベル別学習法を取り入れているため「現段階の自分の合格までのレベルと必要な能力」を可視化することができ、確実にレベルアップしていくことができます。

レベル別学習法は4つの学習時期に分けられ、さらに細かく各15段階のレベルに分けられています。レベル別学習法の特徴は以下の通りですので、是非参考にしてみてください。

レベル別学習法について
  • 基礎知識インプット期(レベル1〜15)
    ・・・法律の基礎知識を身に付ける期間。答案の書き方や論文答案を穴埋め式を学習します。
  • 基礎問アウトプット期(レベル16〜30)
    ・・・基礎問演習で講義を聞きます。基礎問の答案構成や指定の基礎問添削で論文答案を書く練習を行います。
  • 過去問アウトプット期(レベル31〜45)
    ・・・過去問に入ります。過去問演習の講義を聞き、指定された過去問答練で答案を書き、感覚を掴みます。
  • 実力完成期(レベル46〜)
    ・・・いわゆる復習期間です。過去に取り組んだ答案や短答の過去問、基礎講座、ワークシートを徹底的に反復します。

このように、予備試験合格までのゴールが明確に分かるのは資格スクエアだけ!本気で予備試験合格を目指している方は資格スクエアの予備試験講座を受講してみてはいかがでしょうか?

司法試験予備試験の短答式の過去問傾向

短答式試験では、法律科目である「憲法」「民法」「刑法」「商法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」「行政法」の8科目と一般教養科目から出題されます。

司法試験予備試験の最初の難関である「短答式試験」の過去問の傾向からチェックしていきましょう。

予備試験の短答式試験の過去問の傾向とは?

司法試験予備試験の短答式試験では「法律基本科目」「一般教養科目」から出題され、法律科目ではとにかく法律知識が問われますが、一方で一般教養科目では法律の知識は一切問われず、これまで自分自身が培ってきた教養が試されるといっても良いでしょう。

早速ですが、短答式試験の科目別の過去問の傾向を見ていきましょう。

「憲法」の過去問傾向

「憲法」の短答式試験では、司法試験予備試験が開始されてから現在に至るまで「判例の理解、知識」についてが出題される傾向にあるようです。

憲法で出題される判例の多くは「判例百選」などにも掲載されているものなので、しっかりと判例の理解や知識を身に着けておきたいところです。

「民法」の過去問傾向

「民法」の短答式試験では、「条文」「判例」が出題され、総則や債権法、物権法、家族法と幅広く知識が問われる傾向にあります。

さらに判例では「判例百選」のみならず「大審院民事判例集」「最高裁判所民事判例集」などに収録されている重要な判例も出題されることもあり、膨大な数をこなす必要があります。

「刑法」の過去問傾向

「刑法」の短答式試験では、他の法律科目と同じく条文・判例の理解や知識が問われる問題が出題される傾向にあるようです。

旧司法試験では学説の論理的帰結を求められることが多かったようですが、新司法試験が実施されてからは学説重視ではなくなり、刑法学は判例に比べると優先度が下がっているとされています。

「商法」の過去問傾向

「商法」の短答式試験では「会社法の条文が問われる」傾向にあるようです。

会社法以外にも、商法総則や商行為、手形小切手法からも出題されますが、基本的には条文と判例の知識が身に付いて入れば問題ないといわれています。

理由としては、会社法の条文の内容が繊密で膨大なことから、条文の知識を問うだけで十分すぎるほど問題を作成することが可能だからです。

「民事訴訟法」の過去問傾向

「民事訴訟法」の短答式試験の傾向は「民法」と似ており、判例と条文の理解と知識が試されます。

しかし「民事訴訟法」は手続法であるため、民事執行法や民事訴訟規則などの関連法規の知識・理解が問われる可能性もあります。

「刑事訴訟法」の過去問傾向

「刑事訴訟法」の短答式試験では、判例と条例が半分ずつの割合で出題される傾向にあるようです。

刑事訴訟法では、条文の知識だけで問題を十分に作ることができるため、条文の理解を高めることに重きを置くことで試験対策になるとされています。

「行政法」の過去問傾向

「行政法」の短答式試験では「憲法」と同様「判例の理解、知識」が問われる傾向にあるようです。

行政法は憲法が定める3権のうちの1つであり、憲法の条例の内容や意味を補う役割を担っているため、行政法の短答式試験では判例から出題されることが多いようです。

予備試験の短答式試験の試験対策とは?

司法試験予備試験の短答式試験では、記述の正誤を問われ、法律知識を正確に備えているかどうかを試される問題が多く出題される傾向にあるといえます。

短答式試験では、論文式試験と比べても高度な思考力が問われることは少なく、法律知識を正しく理解していれば合格点を得ることが可能とされているので、短答式試験に合格するには基本的な法律知識をしっかりと身に着けておくことが必要です。

司法試験予備試験の論文式の過去問傾向

予備試験の過去問

論文式試験では、短答式試験と同様に法律基本科目の8科目と一般教養科目、加えて実務基礎科目の「民事実務基礎」「刑事実務基礎」の計10科目から1問ずつ出題されます。

司法試験予備試験の論文式試験の過去問の傾向を把握し、しっかりと試験対策に役立てましょう。

予備試験の論文式試験の過去問の傾向とは?

司法試験予備試験の論文式試験では「法律基本科目」「実務基礎科目」「一般教養科目」の10科目から出題されます。

論文式試験の対策を練るためにも、それぞれの科目の出題傾向を把握していきましょう。

「憲法」の過去問傾向

「憲法」の論文式試験では、司法試験予備試験が実施されてから現在に至るまで「主張・反論型」という問題形式で出題される傾向にあります。

「民法」の過去問傾向

「民法」の論文式試験の傾向は「虚偽表示」「物上保証」「請負」「債務不履行」「使用者責任」などといった重要論点が問われることが多いようです。

「刑法」の過去問傾向

論文式試験での「刑法」の問題は、教科書などにも詳しく説明されているようなメジャーでポピュラーな論点が出題される傾向にあります。

「商法」の過去問傾向

「商法」の論文式試験では、「会社法」からの出題が大半を占めている傾向にあります。また、数字が厳密に決められている事例が前例として出題されるようです。

「民事訴訟法」の過去問傾向

「民事訴訟法」の論文式試験では「当事者の確定」「弁論主義」「既判力」「訴訟承継」「共同訴訟」などの基本的な問題が出題される傾向にあります。

「刑事訴訟法」の過去問傾向

「刑事訴訟法」の論文式試験では「捜査」と「公判」が問われ、基本的にメジャーな論点が問われる傾向にあるようです。

「行政法」の過去問傾向

「行政法」の論文式試験では「処分性」「原告適格」「訴えの利益」「行政裁量論」などの重要な論点が、事例を変更しながら出題される傾向にあります。

「民事実務基礎」の過去問傾向

「民事実務基礎」の論文式試験で出題されるのは、民法及び民事訴訟法ですが、答案に求められるのは「書面作成能力」と言われています。

「刑事実務基礎」の過去問傾向

「刑事実務基礎」の論文式試験も、民事実務基礎同様に実体法を背景とする問題が出題されます。

予備試験の論文式試験の試験対策とは?

司法試験予備試験の論文式試験では、短答式試験と比べて問われる知識の範囲は狭いといわれていますし、六法の参照が許可されていることから条文の細かい文言を暗記する必要はありません。

しかし、解答形式が論文式だからこそ、論文答案の「書き方」を取得するためにも過去問を解くことで自分自身のスキルを身に付けなければなりません。

予備試験突破を目指すなら資格スクエア一択!

予備試験資格取得

予備試験に必ず合格!

予備試験受験生の最大の難関である「論文が書けない」という悩み資格スクエアで解消し、予備試験突破という夢を叶えませんか?

資格スクエアでは、予備試験合格を目標とした逆算思考として「レベル別学習」を発案し、各講座で添削と答練の使い方を細かく指定することで予備試験に合格できる学習を誰でも実践することが可能となりました。

また、資格スクエアでも過去問を最も重要視しており、過去問演習の講義や過去問答練で論文を完成させることに力を入れることで、確実に合格に必要な能力を身に付けることができるのです。

さらに、予備校や他社通信・オンライン講座の答練・添削回数が数十回程度なのに比べ、資格スクエアはなんと100回以上と数の多さでは群を抜いています。だからこそ「誰でも論文が書ける」ようになり、間違いなく合格を目指すことができるというわけです。

予備試験合格に焦点を当てた予備試験講座であると評判の高い資格スクエアで、いち早く予備試験突破を目指しましょう!

司法試験予備試験の口述式の過去問傾向

口述式試験の過去問

司法試験予備試験の口述式試験は、受験者の9割以上が合格する試験であり「予備試験に合格させるための試験」ともいわれています。

それでは最後に「民事」「刑事」の2科目から出題される「口述式試験」の過去問の傾向を確認していきましょう。

予備試験の口述式試験の過去問の傾向とは?

司法試験予備試験の口述式試験の「民事」からの出題傾向は、民事実務に関する基本的で総合的な理解や知識を求められる問題が出題される傾向にあるようです。

また「刑事」の口述式試験でも同様に、刑事訴訟法・法曹倫理に関した基本的な知識や理解が問われる傾向にあります。

口述式試験の試験対策とは?

司法試験予備試験の口述式試験の対策としては、基本的な法律知識をしっかり身に着けておくことや予備試験の過去問のテーマをしっかりと把握しておくことが必要といえます。

また、口述式試験当日に試験官を前にして緊張してしまうことがないように、口述式試験の雰囲気を知るためにも「口述式試験模試」を受けてみることも1つの手段です。

司法試験予備試験の過去問対策!短答式・論文式・口述式まとめ

予備試験資格取得

予備試験に合格するなら

司法試験予備試験の勉強を進めるにあたって、過去問を解くことは最も優先的に行うことであるといわれているほど重要視されています。

短答式、論文式、口述式と、出題形式は異なりますが、全ての試験において大切なのは基本的な法律の知識が身に付いているかどうかです。

司法試験予備試験を突破するためにも、しっかりと過去問の傾向をチェックすることをおすすめします。また、資格スクエアの予備試験講座で基礎問・過去問にしっかり取り組むことで、より確実に予備試験合格を目指してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

*