【2019年】検察官の就職状況や求人について解説

masman

by nishii

更新日:2019-06-18

公開日:2019-06-18

検察官の就職活動

検察官の求人や就職活動について、2019年に検察庁が実施している検察官の就職活動に関する説明会や体験会などまとめています。検察官になる為に必要な行動や気を付ける事もご紹介していますので、検察官志望者の人はご参考にしてください。

       

検察官の求人や就職状況などについて、2019年に実施される体験会や説明会など就職活動についてもご紹介しています。

検察官の採用ってどんな風に行われていて、毎年どのくらいの人が検察官に任官されているのでしょう?

そもそも求人ってどこに掲載されているのか?あまり見る機会もありませんよね。

今回は検事として採用される流れや、それに関する情報など検察官を目指す人は是非ご覧ください。

検察官の就職状況

検察官の就職活動

法曹三者である検察官の就職状況について、毎年検察庁で採用される検事の任官者はどのくらいの割合いるのでしょうか?

検察官は狭き門と言われていますが、多くの活動を行い、検事になる為にはどんな就職活動が必要なのか。

そして、検察官を志望する人はどんな事に気を付けなければならないのかについてまとめています。

検察官の採用実績

「検察官はどのくらい検察庁に毎年任官されているのか?」検事の就職状況についてまとめています。

検察官として任官されている検事の割合を大学院・予備試験合格者で分けています。

以下の表を見る限り、検事への就職状況は法科大学院からの採用率が高くなっていますが、法科大学院生の多くも予備試験を受けていて、予備試験合格者の上位にも多くの在学生がいます。

検察官を目指す為に法科大学院に進学を計画している人は、可能であれば予備試験の準備も行っておきましょう。

年度 任官者数 法科大学院 予備試験合格者 平均年齢
2016年 70人 63人 7人 27.3
2017年 67人 58人 9人 26.8
2018年 69人 56人 13人 27.2

検察官志望者が気を付けるべき事

検事になる前の就職状況としては、多くの検察官志望者が弁護士事務所などでも就職活動を行っています。

その理由について、弁護士と違い検察官は司法修習が終了し、習合修習が行われる8月頃になると内定が出され、それによって検察官として内定したか分かるのが遅くなり、正式な通知は二回試験の成績発表後になるのです。

つまり検察官になれないと分かってから就職活動を行ったとしても殆どの法律事務所の求人は、すでに締め切っています。

この流れは法曹界では当然のように知られていて、面接を行う事務所側も、仮に内定を出したとして蹴られる事も想定できているので、殆どの場合内定を蹴ったとしても双方が納得して受け入れてもらえるという就職状況があります。

法律の知識を活かして法律事務所で働くという保険をかけておくのも就職活動ではとても大切になります。

検察官の就職について

検察官の就職活動

検事として任官される為には検察庁に採用されなければなりません。

またその過程で、成績だけでなく人としての資質を見られる場面も多くあり、検事を目指す人はまず検事という職業について知る為にも、積極的に実務体験などの就職活動をしていきましょう。

検察庁も検察官の増加を望んでいる為、様々な職業に関する催し物を実施しているので、2019年に検事の就職に関して法務省が行っている就職支援についてまとめました。

検事採用情報の概要

「検察官の求人情報ってどこに載っているの?」という疑問について、検事の採用や求人はあまり目にする機会はありませんよね?

では一体どんな風に求人が行われているのか?

検事の採用については、二回試験合格後に法曹三者の希望職業を選び登録申請を行います。

そこで検事の登録を行い、検事任用資格(2級)を得る事が可能になります。

検察庁の求人については以下の検察庁のホームページにて、掲載されています。

検察庁の採用について

検察官の求人に関する連絡は法務省/人事課に直接問い合わせるよう記載されています。

検事として採用されるまで

検察官になるには多くの勉強と試験を通過しなければならず、最終的に検事として任官されるのは極僅かとなります。

その過程でも検事としての素質があると認められた場合に司法修習中に教官から声をかけられたり、実務からのきっかけで検事に誘われるといった声もあります。

少しでも検察官と触れ合う機会や経験の場に訪れる事で、新たな発見や知識の向上にも繋がります。

  • 法科大学院修了または司法試験合格
  • 二回試験合格
  • 検事任用資格2級の資格取得
  • 検事採用面接
  • 検事任官

検事採用面接は修習期間中に行われ、志望者の中から能力の総合判断を行い採用していきます。

2019年検察庁が行っている就職支援情報

2019年の実施は説明会以外には終了してしまっていますが、検察官の職務について更に知識を深めたいのであれば、毎年実施されているのでご参考にして下さい。

法務省/検察庁では検察官の仕事に関する説明会などを毎年実施しています。

検察官について知る機会もあまりないので、今後検察官を目指したい方や検察官に興味のある方は、以下のページから確認しましょう。

検察事務官からの就職

検察官の就職活動

一般的な検察庁の求人として掲載されるのは検察事務官となっています。

検察事務官から検事を目指す人もとても多く、司法試験を通過する必要もなく、まず実務からという人は検察事務の求人情報にも注意しておきましょう。

検察事務官から検事となる流れ

検察事務官から検事を目指すルートでも毎年多くの検察事務官が検事になる為の試験を受けています。

検察官志望者も皆が検事として歩める訳ではないので、法科大学院在学中に予備試験を受ける人や、就職活動中を行う人、事務官として検事を目指す人など、その人によって選ぶ道も複数あります。

検察事務官として検事になる為、司法試験ルートを行かずに公務員試験を目指す人もいて、確実に検事になるにはこのルートも有効な手となりますね。

  • 国家公務員採用一般試験を取得
  • 各検察庁へ検察事務官として採用
  • 3年間の勤務を行い、副検事選考試験を受け合格する

【2019】検察事務官の求人情報について

検察事務官としての就職情報は各検察庁のホームページにて採用情報が掲載されています。

検察官事務官の採用に関しては各検察庁で採用についての詳細を掲載しているので、それぞれの検察庁のホームページから求人情報を確認しましょう。

2019年に行われている検察庁の採用情報の一部をご紹介します。

※検事の採用に関しては毎年検察庁のホームページにて検事希望者は人事課に問い合わせるよう記載されています。

  • 法務省(東京高等検察庁)
  • 法務省(東京高等検察庁)
    • 検察事務官 名古屋高等検察庁
  • 検察事務官の採用情報
    • 東京地検業務説明会(国家公務員採用一般試験の第一次試験受験者)
  • 東京地方検察庁(業務説明会)
  • 検察官の就職活動や求人は?2019年の就職に関する情報詳細まとめ

    2019年の検察庁の就職情報や求人について、検察官の2019年の就職活動・就職状況などについてご紹介しました。

    検事の採用情報は基本的には大きく掲載している訳ではなく、司法修習など検事を目指す過程で面接が行われるという就職状況である事がわかりました。

    採用については法務省の人事課に問い合わせるか、検察庁が行っている説明会や体験会などに参加してみましょう。

    また検察事務官の求人は各検察庁でもサイトや求人掲載も行っているので、就職活動の1つとして、そこから検事を目指すルートも検討してみるといいでしょう。

    検察事務官から検事を目指す道は長い道のりとなりますが、その他のルートは非常に難易度も競争も高いものとなっていて、確実に検察官になる為には最適のルートとなるのでしょう。

    これから検察官を目指したい人にも、説明会や実務体験会などの実施は短期間となるので、検察庁について知る為に色々な就職活動を前もって計画しておく事をおすすめします。

    コメントを残す

    *

    *