社労士の通信で人気の講座はどれ?おすすめの勉強で合格を目指そう!

masman

by ari_na

更新日:2019-10-03

社労士

”社労士”は社会保険労務士といい、合格率の低い国家資格を取得しなくてはなりません。もしも通信講座を利用して勉強する場合、おすすめはどこの講座でしょうか?現在、人気が急上昇しているものを見ていきましょう!勉強のコツも掴めます!

       

”社労士(社会保険労務士)”とは、社会保険関係や労働関係の法律に詳しく、全国の社会保険労務士事務所や企業の人事部に就職するほか、独立開業する人もいます。
難易度の高い国家資格に合格しなくてはならないので、勉強法がとても大切です。

社労士の勉強をするにあたり、人気が高い通信講座はどこでしょうか?おすすめのものをご紹介します!!

社労士を目指そう!

優しさ

法律に関係することを扱う仕事に就きたい方で、”社労士”を目指している人も大勢います。
社労士は「社会保険労務士」のことで、社会保険や労働関係の法律に詳しく、企業の人事や労務に関してはスペシャリストと言える立場です。

今回は、この社労士の資格を取得するために、どのような通信講座がおすすめなのかを見ていきましょう!

仕事内容①「人事労務管理のコンサルティング」

社労士は、法律の知識を活かしてたくさんの仕事をこなしていきます。

主な仕事の1つ目は「人事労務管理のコンサルティング」です。
会社には正社員以外にも派遣社員やアルバイト、定年退社する人、産休や育児休暇を取る人など、様々な雇用条件で働いている人が多くいますね。

そこで、1人1人のために十分なアドバイスをして、労働者の健康保険や労災保険の手続きを行うのが社労士の役割です。

仕事内容②「手続きの代行」

2つ目は、労働社会保険関係の「手続きの代行」です。
保険や年金の手続きは煩雑なので、「雇用保険」、「健康保険」、「厚生年金」などの書類を作成して申請し、給付などの事務手続きや従業員の給与計算、労働基準監督署へ提出する書類の作成などを代行します。

社労士を企業が雇うのはコストが増えることになりますが、法律違反や重大なミスを防ぐことができるうえ、総務担当者の負担も減らせるのでお願いするメリットは大きいと言えます。

仕事内容③「年金に関するアドバイス」

3つ目は、「年金に関するアドバイス」です。
これは法人も個人もOKで、年金の種類や加入期間を調べて支給額を計算したり、手続きを行う際にはアドバイスします。

年金の問題は関心度も高く、相談したいと考えている人も多いので社労士がかなり頼りにされています。

おすすめの通信講座どれ?

優しさ

社労士は国家資格であり、合格しなければ働くことができません。
ただ、合格率がかなり低い資格でもあり、年度によって若干の変化はあるものの、10%を下回ることが多いです。

大勢が受験する人気の資格なので、抜かりない勉強が必要になってきます。
今回は、自分の好きな時間に勉強できる通信講座について見ていきましょう!

通信講座のメリットとは?

まずは、通信講座で勉強するメリットが知りたいですよね。

上記したとおり、通信講座の最大の特徴は「自分の好きな時間に勉強できる」ことです。
これは大学生など、他の学校に通っているために通学の掛け持ちができない方や、会社勤めをしていて予備校などに通う時間が作れない方にはとくにおすすめです。

さらに「通学する学校よりも費用が安い」ことが多く、さらに「講義の動画が何度でも視聴できる」ところも増えており、講師へもメールなどで「バンバン質問できる体制が整っている」ところもあります。

そんな数多くある通信講座の中でも、とりわけ人気が高く、注目されているのは次のものとなっています。

フォーサイト

まずは『フォーサイト』という通信講座についてご紹介します。

『フォーサイト』を利用した人の試験の合格率は高い方で、2018年度は全国平均の4.08倍という数字を叩き出しています。
それでは、この通信講座で社労士について勉強する魅力について見ていきましょう。

教材のクオリティーが高い

『フォーサイト』で使用する教材は、図表を多く取り入れたフルカラーのテキストと、専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなどがあります。
教材のクオリティーがかなり高いことが話題となっており、人気の秘訣とも言えるでしょう。

また、社労士の通信講座の中では費用が安いとされており、「基礎講座」と「過去問講座」のセットを合わせて10万円以下です。

さらに、『フォーサイト』で社労士の通信講座の資料を請求すると、講座パンフレットと一緒に講座で使用しているテキストと講義DVDのサンプルがもらえます。
一度このサンプルを使用してから、通信講座を受講するか決めてみても良いですね。

生徒の口コミは?

実際に『フォーサイト』で社労士の資格の勉強をした生徒さんからは、次のような口コミがあります。

ある男性は「講義のDVDを視聴し、先生の話し方が良く、重要な箇所が分かりやすかった。テキストも必要な部分がコンパクトにまとまっていて、優先順位がつけやすかった。」と話しています。

ある女性は「先生のメールサポートやフォローメールの返信が早く、質問した答えも分かりやすかった。そのため、孤独を感じることなく勉強を続けることができた。」とコメントしています。

教材、講師の対応ともに人気の高さが伺えます。

▷▷スマホで学べる社労士講座!?フォーサイトの詳細はコチラ!

資格スクエア

続いては、『資格スクエア』という学習サービスをご紹介します。

こちらは通信講座ではないとしているものの、独自のSQUAREメソッドに基づく最短合格のための勉強ができ、ネットワーク通信を利用して講義の動画が視聴できます。
『資格スクエア』には次のような魅力があります。

自分専用のオリジナル演習問題集になる

『資格スクエア』の社労士の講座は「社労士合格パック」と言い、入門から基礎講座、一般常識講座まで、合計およそ150時間・全203講座がスケジュールに沿って順次アップロードされていきます。

テキストはダウンロード可能な講義レジュメと参考書を使用し、アウトプット専門教材である「択一Web問題集」は、自分の解答データが蓄積されていくので自分専用のオリジナル演習問題集となります。

生徒の口コミは?

『資格スクエア』で社労士の資格の勉強をした生徒さんからは、次のような口コミがあります。

「通学するタイプの講座と同じように、講義の動画に臨場感がある。何より、勉強を教えてくれる講師の質が高いことが嬉しい。」との声や、「動画講義のクオリティーがとにかく高い。メリハリがあって、丁寧な解説がとても分かりやすい。」と喜びのコメントがありました。

こちらも無料で資料が請求できるほか、LINEでの質問も受け付けているので、社労士の資格に興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

▷▷資料請求は【無料】!資格スクエアの社労士講座

社労士の通信講座についてのまとめ

”社労士”の国家資格を受験するにあたり、通信講座を利用して勉強する人も大勢います。
自ら学校に赴くわけではないので、好きな時に学習できるというメリットはありますが、その分、講義の内容は重視しなくてはなりません。

そこで、今回は2つの通信講座についてご紹介させていただきました。
どちらも社労士の勉強としてはクオリティーの高い教材を使用し、講師の教え方にも人気があります。

人気が高いからとすぐに飛びつかず、資料を請求したり質問したりして、内容をよく知ってから申し込みをすると良いですね。

コメントを残す

*

*