地方公務員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.24

地方公務員は、地方公務員になるための就職試験のようなものです。地方公務員の仕事は多岐にわたり、自分がやりたい仕事だけではありません。しかし、それを自分のステップアップして真面目に仕事をすれば、抜群の安定性がある仕事ですので、安定感のある生活ができます。


地方公務員は地方にもよるが年齢制限があり高校卒業後~30代の男女が目指せる、安定感のある資格です。
地方公務員資格取得者は他にも地方公務員と呼ばれております。
地方公務員の資格は「国家資格」です。

資格広場は、地方公務員になるには?地方公務員なるためには?地方公務員になりたいを応援しております。

地方公務員になるために必要な知識・受験資格

職種によっても違いますが、どの職種でもその住民のことを知ることが必要となります。また、法律や条例などの知識も必要となります。

地方公務員の資格は「各地方公共団体」が運営管理を行っております。

各地方公共団体とは:
国の領土の一部(県・市町村など)の運営を行う行政組織です。

地方公務員

地方公務員ってどんな仕事?(仕事内容など)

地方公務員とは、公共団体で勤務している人をさします。地方公務員には特別職と一般職があり、議員や知事・市町村長や教育委員などの職を特別職といい、その他の職を一般職といいます。仕事内容は、その地方に関わることすべてですので、役所に勤務している人から警察官・消防署員・公立の学校や病院・図書館やゴミ処理場や水道局・福祉施設の職員等があり、さまざまな仕事があります。

地方公務員資格取得の為の勉強法

地方によってまた職種によっても試験内容も異なるので自分がどういう仕事をしたいかを考えて受験をすることが大事。そして、自分の仕事をしたい公共団体がどのような試験を行っているかを確認することが必要です。どの地方公共団体でも最近は面接を重視する傾向にあるため、丸暗記が通じなくなっている傾向にあります。受験する仕事内容をきちんと把握し、自分の中で整理しておくことが必要。

地方公務員の専門学校や通信講座について

準備中です。


地方公務員の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

地方公務員の資格試験料

地方公務員試験は基本的に就職試験と同様で無料となります。

地方公務員試験・検定の年間試験回数

地方公務員試験は、地方や職種によっても日程がばらばらなため、日程が重複しない限りは、いくつでも併願可能となっています。また、日程についても流動的であるため、必ず受ける年度の日程を確認が必要となっています。

地方公務員試験科目等の内容

地方によっても異なります。自分のやりたい仕事ができる地方公共団体のホームページ等から試験内容が確認できます。基本的には1次試験が筆記試験で2次試験が面接となります。1次試験では、教養の問題や専門的な問題が出題されます。自治体によっては、ここで論文の試験があるとこともあります。2次試験では、面接試験となります。近年、面接での試験を重視する傾向があります。ここで論文の試験がある自治体もあります。

地方公務員資格の難易度

地方や職種により異なりますので、一概には言えないが、難易度がかなり高い職種もあれば低い職種もあります。また、前述にも記載のとおり、一般的に区分として上級(大卒程度)・中級(短大卒程度)・初級(高卒程度)となっており、これは、難易度の目安で学歴要件ではありません。しかし、合格率は前述にも記載したとおり、平均10%程度なっておりますので、あくまでもしっかりと勉強をしなければ、難易度が低い職種でも合格できないことをしっかりと認識しておいてください。また、その公共団体について調査も必要であります。

地方公務員資格の合格率

地方や職種によってもことなりますが、平均10%程度となります。一般的に区分として上級(大卒程度)・中級(短大卒程度)・初級(高卒程度)がありますが、上級は、志願先によってかなり変動があります。中級はほかの区分と違い、専門性が高く、専門家として将来性があれば合格しやすい傾向にあります。また、初級については、高校卒業から日が短いほうが合格しやすい傾向があります。

地方公務員試験の合格発表

1次試験から2週間から3週間で1次試験合格発表があります。各地方公共団体のホームページに記載され、合格者に郵送で合格通知と2次試験受験案内が届きます。1週間から2週間以内で2次試験があり、その後、1ヶ月程度で合格発表が各地方公共団体のホームページでされ、合格者には合格通知がとどきます。3次試験があれば、その際、3次試験受験案内が届きますし、なければそれが最終合格通知となります。

国家資格バナー

PR



地方公務員

地方公務員資格取得後の就職先・年収・報酬相場

地方公務員所持者の職業例

前述にも記載のとおり、役所勤務から警察官・消防署員・公立の学校や病院・図書館やゴミ処理場や水道局・福祉施設の職員があります。ただし、受けた公共団体内での異動がありますので、必ずしも自分の希望の職務につけるとは限りません。また、仮に自分の希望の職務につけたとしても3年から5年に一度、人事異動があります。

地方公務員に向いている人

地方公務員として向いている人としては、まずは真面目な人そしてある程度妥協ができる人・面倒くさい手続きが苦手でない人・人と話すのが苦手でない人が挙げられます。地方公務員としての仕事は、まじめにこつこつと仕事をこなしていくことが必要です。嫌な人や要求に対してもルールに基づいて確実に仕事をこなしていく必要があるため、時には妥協も必要です。また、上司等に決済等をもらう必要があるため、時に面倒な手続きも必要です。地域住民とのコミュニケーションもまた、必要となるため、上記のような人が向いていると考えられます。また、前述のとおり、必ずしも自分の希望する職種につけるわけではないので、悲観しないことも大切です。

地方公務員と同じ分野の他の資格

国家公務員

地方公務員の年収・給料相場

職種や地方によっても違いますが、平均年齢42歳・平均年収650万円程度です。20代・30代と年齢を重ねていくうちに給与も右肩あがりにあがっていく傾向があります。

地方公務員の現状

地方公務員は一般的には、残業もあまりない楽なイメージがありますが、残業時間だけでみたところ、一人年間平均158時間の残業をしていおり、過労死ラインと言われる月間80時間を超える人も全体の1%前後います。しかしながら、民間のようなリストラや大幅な給与カット等はあまり考えにくく、安定性は抜群です。

地方公務員の将来性

今後、少子高齢化による人口減少を考えると地方公共団体は、財政難になっていくことが考えられますが、地方経済の活性化を考えた場合にその地方ではたらく地方公務員は重要な存在となります。地方公共団体が財政難になれば、当然人数の削減等は考えられますが、その重要性から新規採用のとりやめ等で調整していくもので民間のようなリストラや給与カット等はかんがえにくく、将来の安定性はあると思われます。

地方公務員の独立について

地方公務員というのは、就職のようなものですので、独立は考えられません。

地方公務員資格を所有している主な著名人

役所広司(俳優)、アントキの猪木(芸人)

コメントを残す

*

*