コンプライアンス・オフィサー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.24

コンプライアンスの真の意味を理解し、自ら率先して組織をリードできる人材が現代社会においては不可欠です。本資格認定制度は、このような人材を育成するための方法の一つとして創設されたものです。コンプライアンス態勢の充実・高度化に貢献するものです。


コンプライアンス・オフィサーは幅広い年齢層。ただし、資格認定には、3年以上の社会人としての実務経験を必要とします。の男女が目指せる、コンプライアンス概念に精通していることをアピールできます。資格です。
コンプライアンス・オフィサー資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
コンプライアンス・オフィサーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、コンプライアンス・オフィサーになるには?コンプライアンス・オフィサーなるためには?コンプライアンス・オフィサーになりたいを応援しております。

コンプライアンス・オフィサーになるために必要な知識・受験資格

コンプライアンス・オフィサーには経営理念等を頂点とする行動基準体系の立案・整備、コンプライアンスリスクの評価、組織の内部統制整備プランの立案、倫理・法令遵守の推進など、プロアクティブな役割を果たす使命があります。そのため、企業倫理の観点から経営陣をサポートし、意見具申を行う責務を負うコンプライアンス・オフィサーにとって、民商法・刑法や各種業法など、法律の理解度の確認にとどまらず、コンプライアンスの専門家としてふさわしい知識・判断力が必要とされます。

コンプライアンス・オフィサーの資格は「一般社団法人 コンプライアンス推進機構」が運営管理を行っております。

一般社団法人 コンプライアンス推進機構とは:
コンプライアンス専門家・実務家の育成・資格認定やコンプライアンスに関する様々なサポート事業を通じて、消費者・社会からの信頼に応えつつ、高い水準の倫理規範を実践するコンプライアンス経営の普及を目的とした一般社団法人です。

コンプライアンス・オフィサー

コンプライアンス・オフィサーってどんな仕事?(仕事内容など)

企業倫理・職業倫理の徹底・浸透等を図ることを中核としたコンプライアンス概念に精通しており、かつ、コンプライアンスの実現に必要となる内部統制、企業法務等に関する幅広い知識・判断力を有する者であることを認定する資格です。民商法・刑法や各種業法など、法律の理解度の確認にとどまらず、コンプライアンスの専門家としてふさわしい知識・判断力を備えている人材を認定します。

コンプライアンス・オフィサー資格取得の為の勉強法

基本テキスト、入門用テキスト、公式問題集等が発売されていますので、これらを入手して勉強するのが一番効果的でしょう。また、通信講座やセミナーなどを活用して勉強を進めることもできます。いずれにしろ、「企業経営と企業倫理」「コーポレート・ガバナンスと内部統制」「企業法務・コンプライアンスの基礎」これらに精通していることが必要ですので、関連書籍も漏れなくチェックしておくと良いでしょう。

コンプライアンス・オフィサーの専門学校や通信講座について

準備中です。


コンプライアンス・オフィサーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

コンプライアンス・オフィサーの資格試験料

3科目一括受験では、一括割引が適用されて、19,000円(消費税込)です。2科目受験が、15,000円(消費税込)、1科目受験が7,500円(消費税込)です。また、企業・団体単位での受験の場合、団体割引制度もあります。

コンプライアンス・オフィサー試験・検定の年間試験回数

1年に2回、7月と12月に実施されます。試験実施会場がある都市は、東京、名古屋、大阪です。

コンプライアンス・オフィサー試験科目等の内容

「企業経営と企業倫理」においては、コンプライアンスの概要や体制、企業の社会的責任と社会的責任投資などについて問われます。また、「コーポレート・ガバナンスと内部統制」においては、コーポレート・ガバナンス論、内部監査論、リスクマネジメント論などに関して出題されます。さらに、「企業法務・コンプライアンスの基礎」においては、 民事法、会社法、行政法などから消費者関連法、経済法、労働法、環境法、ディスクロージャー制度などに至る分野から出題されます。

コンプライアンス・オフィサー資格の難易度

前項で記したとおりの正答率で合格ですので、決して簡単な試験とは言えないでしょう。

コンプライアンス・オフィサー資格の合格率

各3科目において、それぞれ6割程度の合格率になっています。

コンプライアンス・オフィサー試験の合格発表

試験日より3週間から1か月が経過する前までに合否結果が発表されます。

国家資格バナー

PR



コンプライアンス・オフィサー

コンプライアンス・オフィサー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

コンプライアンス・オフィサー所持者の職業例

企業倫理、職業倫理の徹底・浸透等を図ることを中核としたコンプライアンスの基本理念に関する深い知識、理解を持った人材として企業等で活躍できます。合格者は各企業においてコンプライアンス推進課や営業を担当する部署など多岐にわたって活躍しています。

コンプライアンス・オフィサーに向いている人

判断力や、分析力、提案力などが基礎的な力として求められます。企業・団体等の管理職等についている人や、コンプライアンスマインドを身に付けた優れたビジネスパーソンに向いた資格だと言えるでしょう。また、就職や転職に際して一定の専門性を証明したい社会人、意欲のある学生等にも向いていると言えます。

コンプライアンス・オフィサーと同じ分野の他の資格

ビジネスコンプライアンス検定、行政書士、司法書士など。

コンプライアンス・オフィサーの年収・給料相場

給料アップなどに直結する資格ではありません。

コンプライアンス・オフィサーの現状

企業・団体等の行動に対する顧客・消費者の目線が厳しさを増す中、内部統制関連の法整備が進められる等、わが国におけるコンプライアンス経営への関心は一層高まっています。このような環境のもと、各企業・団体においては、最低限の法令遵守体制の整備にとどまらず、社会や顧客からの信頼を受けて中長期的に勝ち残っていくための経営手法として、真の意味でのコンプライアンス態勢の充実・高度化が求められています。 そのため、この資格は企業にとって不可欠なコンプライアンスについての知識を客観的に測る資格として活用されています。

コンプライアンス・オフィサーの将来性

企業・団体等の行動に対する顧客・消費者の目線が厳しさを増す中、コンプライアンスへの需要は今後もますます高まることが予想されます。これに伴って、コンプライアンスについての正確な知識を持つ人材も、将来的に今以上に必要とされていくでしょう。

コンプライアンス・オフィサーの独立について

独立を前提とした資格ではなく、この資格のみで独立することは一般的ではありません。

コンプライアンス・オフィサー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*