国際公務員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.10.31

公開日:2018.05.24

国際公務員とは、大きく分けて「国際連合」「国連総会により設立された国連の下部機関」「専門機関」「その他の国際機関」の4種類の国際機関で働く人のことをいい、国際公務員は、「国」という概念を超えて国際社会の利益と共存のために仕事をすることが求められます。国際公務員になるには修士号以上の学位を持っている必要があります。


国際公務員は 国連事務局ヤング・プロフェッショナル・プログラムの場合は32歳以下です。の男女が目指せる、国家公務員資格です。
国際公務員資格取得者は他にも国際公務員と呼ばれております。
国際公務員の資格は「国家資格」です。


資格広場は、国際公務員になるには?国際公務員なるためには?国際公務員になりたいを応援しております。

国際公務員になるために必要な知識・受験資格

英語やフランス語での高度なコミュニケーション能力がとれること、またスペイン語や中国語なども話せるとより望ましいです。学位が修士以上であること(国際機関の条件による)、国際機関が求める専門分野での職歴や実績があることが必要です。

国際公務員の資格は「外務省」が運営管理を行っております。

外務省とは:
外務省は、日本の行政機関の一つです。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とします。1885年(明治18年)の内閣制度創設以後、一度も名称を変えていない唯一の省です。全面改正前の外務省設置法、外務省官制、太政官達(内閣職権)など設置根拠法に変遷はあるものの、省の名称は継続して用いられています。最初に「外務省」の名称が用いられたのは、1869年(明治2年)8月15日から始まった太政官制(二官六省制)からです。 外務大臣を長とし、内部部局として大臣官房および総合外交政策局ほか10局、審議会として外務人事審議会および海外交流審議会、施設等機関として外務省研修所、特別の機関として在外公館を置いています。 外務省が主管する独立行政法人 は、2015年(平成27年)4月1日現在、国際協力機構、国際交流基金の2法人です。

国際公務員

国際公務員ってどんな仕事?(仕事内容など)

国際公務員とは、国際機関で働く人のことを指します。国際機関には、大きく分けて「国際連合」「国連総会により設立された国連の下部機関」「専門機関」「その他の国際機関」の4つがあり、所属先の機関によって仕事内容は異なりますが、共通理念と目的としては、国という概念を超えて国際社会の利益と共存のために仕事をする職業になります。国際公務員には専門職と一般職があり、専門職は、各機関に貢献できる専門的な知識や技術を活かした仕事をします。業務内容の分類としては、各機関の開発・経済援助、環境保護などのプログラムの遂行に直接携わる業務と、裏方としてそれをサポートする会計、人事、広報などの総務的な業務に分けられます。一般職は、各機関の本部や各地の事務所において、専門職のサポートとして一般事務を担当し、ジェネラル・スタッフという名称が一般的です。

国際公務員資格取得の為の勉強法

国際公務員になるには、修士号以上の学位を持っている必要があります。一般職の場合は学歴を問わなかったり、学士号でも応募できる職種もありますが、専門職を目指すのであれば、経済・会計・法律・政治・行政・農業・広報・開発・ロジステクス・ITといった、国際機関で求められる分野の学位、とくに博士号まで求められます。英語またはフランス語の語学力が求められます。必要な資格は特に定められていませんが、高い専門性を証明するために、大学院在学中に専門分野の論文を発表したりするのも有効的です。

国際公務員の専門学校や通信講座について

準備中です。


国際公務員の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

国際公務員の資格試験料

公務員試験を受験するときには、受験料はかかりませんが、会場までの交通費がかかります。

国際公務員試験・検定の年間試験回数

職員の退職、転任、転出、あるいはポストの新設によってPレベルもしくはDレベルのポストに欠員が生じた場合に国際的に公募されます。ポストの職務内容と応募者の資格要件を具体的に表示した空席公告は、各国際機関のホームページ「employment」、「recruitment」の項目に掲載されています。応募したい空席ポストがあり、資格要件を満たしている場合には、所定の応募用紙を各国際機関のホームページから入手し、記入の上、各国際機関に直接応募します。 応募後、書面審査が行われ、応募者の専門性・勤務経験が、空席ポストに合っているか否かが審査されるので、空席公告の職務内容を十分に踏まえて応募用紙を作成する必要があります。

国際公務員試験科目等の内容

国際公務員になるには、修士号以上の学位が必要になります。一般職の場合は学歴を問わなかったり、学士号でも応募できる職種もありますが、専門職を目指すのであれば、経済・会計・法律・政治・行政・農業・広報・開発・ロジステクス・ITといった、国際機関で求められる分野の学位、とくに博士号まで求められます。

国際公務員資格の難易度

国際公務員になるには、 高度な語学力と能力が求められるので、相当難易度は高いです。

国際公務員資格の合格率

現在調査中

国際公務員試験の合格発表

各種の評価・査定の総合的結果に基づき、推薦すべき適格候補者が選定されます。この推薦はスタッフと管理職の代表から構成される独立の審査機関が改めて審査し、該当する手順がしっかりと守られていること、すべての応募者が公正、透明、かつ客観的に検討されていることを確認します。審査機関による候補者推薦の承認を受け、該当する部門の最高責任者が通常は1人、空席が複数ある場合には当該人数分の採用を決定します。採用が決定した場合には、その旨の通知が行われます。


国家資格バナー

PR



国際公務員

国際公務員資格取得後の就職先・年収・報酬相場

国際公務員所持者の職業例

国連事務局・国連貿易開発会議・国連地域開発センター・国連児童基金・アジア開発銀行・国際機関人事センター・国際連合広報センター

国際公務員に向いている人

国際公務員に向いているのは、国際社会に貢献しようという強い意志と高い理想を持ち、それを実現できる知力と体力が必要です。開発途上国を含めたさまざまな国で仕事をする可能性があるため、文化的な違いや生活環境の違いを苦にせず、ダイナミックに行動できる大胆さがあることも重要です。国際公務員には終身雇用制度がなく、基本的には2~3年ごとに空きのあるポストに応募し、採用されれば国際公務員として働き続けられるという雇用形態です。そのため、安定した職業や決まった居住地を望む人には向いていない職業といえます。フットワークが軽く、常に向上心を持って新しい環境にまい進していけることが、国際公務員として一番大切な態度です。

国際公務員と同じ分野の他の資格

国税専門官・国家公務員採用総合職試験院卒者試験・国家公務員採用総合職試験大卒程度試験。・裁判所職員採用試験・在外公館専門調査員・JPO派遣候補者選考試験・入国警備官

国際公務員の年収・給料相場

国連の場合は以下の3つの数字を合計して給与が算出され、人では500万円~1100万円程度が支給されているようです。一般的な水準から見ればそれなりに高収入にも思えますが、国連で働けるくらいの人ならば企業からも引く手あまたで、おそらく自国の中ではエリートに入る人が多いと思われます。

国際公務員の現状

国際機関は世界中に支部を配置していて、異動となった場合は世界規模で「転勤」することになります。雇用期間が短期に設定されている契約も少なくないので、一つの仕事が終わればまた別の仕事に応募するなどして、働きながら世界各国を転々とすることもあります。

国際公務員の将来性

日本人の有能な高学歴の若手は安定志向が強く、不安定な雇用形態の中で常に競争が求められる国際公務員という職種は、敬遠されがちです。人権・貧困・紛争などの国際問題の解決のための国際機関というのは、各種の問題があり続ける限り存在していきます。国際社会が高度にIT化していく中で、専門分野にプラスしてITリテラシーの高い人材への需要が増加することが予想されます。世界中の優秀な国際公務員の中で競争力を高めるためには、こうしたIT分野への目配りが有効だといえます。

国際公務員の独立について

国家公務員職になるので独立ではできません。

国際公務員資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*