新司法試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.30

知的財産管理技能検定

司法試験は、日本における法曹資格付与のための試験の1つです。法律系の資格試験において最難関の試験です。合格者は、司法修習生に採用された後、一定期間の修習を終えて、法曹の道へ進みます。大半の人が、裁判官、検察官、弁護士になります。


新司法試験は幅広い年齢層(受験時において法科大学院の課程を修了し,かつ,5年間の期間において受験回数制限(3回)の範囲内である者、または、司法試験予備試験の合格のいずれかが必須条件です。)の男女が目指せる、裁判官、検察官又は弁護士とるために必須の試験です。資格です。
新司法試験資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
新司法試験の資格は「国家資格」です。

資格広場は、新司法試験になるには?新司法試験なるためには?新司法試験になりたいを応援しております。

新司法試験になるために必要な知識・受験資格

とにかく広く深い法律の知識が要求されます。試験内容からも分かるように、公法系科目、 民事系科目、刑事系科目すべてについて万遍なく知識を身に付けておかなければなりません。さらに法律の知識以外にも、的確で論理的な文章を書くことのできる力は必須です。

新司法試験の資格は「法務省」が運営管理を行っております。

法務省とは:
行政機関の1つです。基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護、国の利害に関係のある争訟の統一的かつ適正な処理並びに出入国の公正な管理を図ることを任務した役所です。

新司法試験

新司法試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

司法試験は、日本における法曹資格付与のための試験の1つであり、平成14年の法改正後の司法試験法に基づいて行われる資格試験です。平成23年までの試験制度移行期間中は、旧司法試験と区別するために「新司法試験」と呼ばれていました。新旧司法試験の併行実施が終了したことに伴い、平成24年からは「新司法試験」ではなく「司法試験」となりました。「裁判官、検察官又は弁護士となろうとする者に必要な学識及びその応用能力を備えているかどうかを適確に評価するため、知識を有するかどうかの判定に偏することなく、法律に関する理論的かつ実践的な理解力、思考力、判断力等」を判定する試験だとされています。

新司法試験資格取得の為の勉強法

多くの人が専門の予備校に通って、試験勉強をしています。法科大学院の授業以外にも相当の勉強が必要でしょう。まず1度、最初に過去問を解いて、どのような問題が出題されるのかを知ることは大切です。その後、過去問を問いた結果や感覚をもとに勉強計画を立てていくと良いでしょう。とにかく質・量ともに膨大ですので、あらかじめ今日はここまでやる、ということをしっかりと決めて、着実にそれを実行していくことが最も大切です。大学院や予備校のテキストを無駄なく利用し、予習・復習も怠らないようにするべきでしょう。

新司法試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


新司法試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

新司法試験の資格試験料

受験手数料は28000円です。収入印紙(4枚以内)を受験願書の「収入印紙貼付欄」に消印をしないで貼ります。

新司法試験試験・検定の年間試験回数

1年に1回、5月に実施されます。

新司法試験試験科目等の内容

試験は短答式(択一式を含む。以下同じ。)及び論文式による筆記の方法により行われます。短答式試験と論文式試験は同時期に行われ,受験者全員が両方の試験を受けます。短答式による筆記試験は,裁判官,検察官又は弁護士となろうとする者に必要な専門的な法律知識及び法的な推論の能力を有するかどうかを判定することを目的とし,次の科目について行われます。・ 公法系科目・ 民事系科目・ 刑事系科目です。また、 論文式による筆記試験は,裁判官,検察官又は弁護士となろうとする者に必要な専門的な学識並びに法的な分析,構成及び論述の能力を有するかどうかを判定することを目的とし,次の科目について行われます。・ 公法系科目・ 民事系科目・ 刑事系科目・ 専門的な法律の分野に関する科目として法務省令で定める科目のうち受験者のあらかじめ選択する一科目(選択科目)です。また、 選択科目は,次の8科目とされています。・ 倒産法・ 租税法・ 経済法・ 知的財産法・ 労働法・ 環境法・ 国際関係法(公法系)・ 国際関係法(私法系)です。

新司法試験資格の難易度

合格率は30%程度ある年もありますが、やはり最難関の試験であることにかわりはありません。また、司法試験の合格率は、各大学、法学未修か既修か、といった属性により大きく異なります。20%以上の合格率をもつ法科大学は20校ほどで、他の学校はそれ以下の合格率です。中には合格者0人の学校もあります。

新司法試験資格の合格率

20%から30%程度の間で推移しています。

新司法試験試験の合格発表

合格発表は9月に行われます。

国家資格バナー

PR



新司法試験

新司法試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

新司法試験所持者の職業例

裁判官、検察官、弁護士です。

新司法試験に向いている人

まじめな人、プレッシャーに強い人でないと、この難関試験には合格できないでしょう。コツコツを勉強を積み重ね、諦めることなく勉強し続けることができる人でないと合格は難しいでしょう。また、合格後は法曹に従事するわけですから、責任感が強く、人と接する能力が高く、常に理想を持って仕事出来る人が良いでしょう。

新司法試験と同じ分野の他の資格

国家公務員、地方公務員、弁理士、司法書士、行政書士など。

新司法試験の年収・給料相場

裁判官の給料は、「裁判官の報酬等に関する法律」で定められています。昇給、昇格とともに給料は上がっていきます。検事は国家公務員として定められた給料を受け取りますが、特殊な仕事であることから、一般の公務員とは別の給与体系が設定されています。高めの給料がもらえ、階級が上がるにつれて給料もアップしていくという特徴がありますが、一方では残業手当が出ないという面もあります。弁護士は年収が高いと言われることが多いですが、どれだけ稼げるかは個々の弁護士によって異なります。年収1000万円以上をゆうに得ている人がいる一方で、破産に追い込まれる弁護士事務所もあるなど、弁護士になれば絶対に高い給料が稼げるというものではないのです。

新司法試験の現状

現在、日本では弁護士の数が増え過ぎたことなどによって、その結果、裁判官・検察官・弁護士を志す人が激減するという、深刻な事態が起きています。また、弁護士事務所によっては、法律違反の営業を繰り返すなど、法曹一般に対する社会の目も厳しくなっています。司法試験自体も制度が揺れ動き、法曹界は過渡期にあると言ってもよいでしょう。

新司法試験の将来性

今後も、法曹に対する需要がなくなることはありません。しかし、前項でも記したとおり、現在日本の法曹界は制度的にも過渡期にありますので、今後の状況を注視していく必要があるでしょう。

新司法試験の独立について

裁判官、検察官は独立して職務を行いませんが、弁護士になれば法律事務所を開設することも多いでしょう。

新司法試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*