日本郵政公社職員(一般職)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.30

知的財産管理技能検定

日本郵政公社職員一般職は日本郵便株式会社に所属する社員です。郵便局で荷物の預かりや保険の手続き、ゆうちょの入出金などの窓口業務や郵便物の配達業務をするのが仕事です。人の役に立ちたいという前向きで暖かい気持ちがある人に向いている職業です。


日本郵政公社職員(一般職)は内務については、試験実施年度4月1日現在、17歳以上25歳未満の者です。外務については、試験実施年度4月1日現在、17歳以上30歳未満の者でした。の男女が目指せる、頼れる地域のサービスマンです。資格です。
日本郵政公社職員(一般職)資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
日本郵政公社職員(一般職)の資格は「公的資格」です。

資格広場は、日本郵政公社職員(一般職)になるには?日本郵政公社職員(一般職)なるためには?日本郵政公社職員(一般職)になりたいを応援しております。

日本郵政公社職員(一般職)になるために必要な知識・受験資格

試験で問われる教養および、一般的なマナー等は必要です。

日本郵政公社職員(一般職)の資格は「日本郵政公社」が運営管理を行っております。

日本郵政公社とは:
日本郵政公社は、2003年(平成15年)4月1日から2007年(平成19年)9月30日までの4年半にわたり、日本で郵政三事業(郵便・郵便貯金・簡易保険)を行っていた国営の特殊法人です。

日本郵政公社職員(一般職)

日本郵政公社職員(一般職)ってどんな仕事?(仕事内容など)

日本郵政公社職員(一般職)とは、いわゆる郵便局で勤務する公務員でした。日本郵政公社一般職の採用試験は、高校卒業程度の者を対象とし、全国で約7万人の人が受験している人気のある試験でした。職務区分は、郵便局内で行う業務と外勤事務に従事する外務の2区分に分かれていました。なお、2007年に日本郵政公社は民営化されることが決定し、移行期を経て最終的に完全に民営化されました。民営化の時点で現に郵政公社の職員である者は、新会社の設立とともに国家公務員の身分を離れ、新会社の職員となりました。

日本郵政公社職員(一般職)資格取得の為の勉強法

教養試験や適性試験などが課されます。一般的な公務員試験用の問題集などを使って勉強すると効果的でしょう。また、作文試験もありますので、日頃から論理的な文章力を磨くようにしましょう。また外務では身体検査もありますので、普段から健康的で規則正しい生活を送ることを心掛けましょう。

日本郵政公社職員(一般職)の専門学校や通信講座について

準備中です。


日本郵政公社職員(一般職)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

日本郵政公社職員(一般職)の資格試験料

無料です。

日本郵政公社職員(一般職)試験・検定の年間試験回数

1年に1回実施されていました。1次試験は9月中旬に、また2次試験は10月下旬~11月上旬に実施されていました。

日本郵政公社職員(一般職)試験科目等の内容

筆記試験と面接試験によって実施されています。内務に関しては、1次試験において次の通り実施されます。1、教養(多枝選択式):職員として必要な一般教養。2、適性(多枝選択式):置換、照合、計算、分類など。3、作文(記述式):文章による表現力、課題に対する理解力など。2次試験は、個別面接です。外務に関しては、1次試験は次の通りです。1、教養(多枝選択式):職員として必要な一般教養。2、適性(多枝選択式):置換、照合、計算、分類など。3、作文(記述式):文章による表現力、課題に対する理解力など。2次試験では、1、人物:個別面接。2、身体検査:胸部疾患などについての医学的検査。3、身体測定:視力、色彩識別能力および聴力の測定。以上が実施されます。

日本郵政公社職員(一般職)資格の難易度

公表されてはいませんが、本試験は、全国で7万人を超える受験生がおり、倍率は高かったと考えられます。

日本郵政公社職員(一般職)資格の合格率

公表されていません。

日本郵政公社職員(一般職)試験の合格発表

公表されていません。

国家資格バナー

PR



日本郵政公社職員(一般職)

日本郵政公社職員(一般職)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

日本郵政公社職員(一般職)所持者の職業例

日本郵政公社職員

日本郵政公社職員(一般職)に向いている人

高齢社会に向けて地域密着型の郵便局が求められていました。そのため、人の役に立ちたい、会社の為に尽くしたいという前向きで暖かい気持ちがある人に向いている職業でした。

日本郵政公社職員(一般職)と同じ分野の他の資格

国家公務員、地方公務員など。

日本郵政公社職員(一般職)の年収・給料相場

賞与などの支給はあるものの、一般的に高くはないと言われていました。

日本郵政公社職員(一般職)の現状

日本郵政公社は、2007年9月30日をもって解散されました。

日本郵政公社職員(一般職)の将来性

前項でも記した通り、2007年9月30日に日本郵政公社は解散されました。現在は、日本郵政グループとして日本郵政株式会社及びその下にある4つの事業会社(郵便局株式会社、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険)へ移管・分割されています。

日本郵政公社職員(一般職)の独立について

独立をするための試験ではありません。

日本郵政公社職員(一般職)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*