防衛庁職員Ⅰ種資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.31

防衛庁職員Ⅰ種とは、陸・海・空自衛隊や防衛省本部などで研究・技術・事務職に携わる国家資格です。総合職の合格者のなかから採用されます。事務官が行う単純な一般事務から、技官が行う航空、建築関連等の技士、行政職、語学力を生かした国際関係職を遂行します。ほかの公務員と同様に、合格したとしても採用されないこともあります。


防衛庁職員Ⅰ種は幅広い年齢層の男女が目指せる、国の防衛資格です。
防衛庁職員Ⅰ種資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
防衛庁職員Ⅰ種の資格は「国家資格」です。

資格広場は、防衛庁職員Ⅰ種になるには?防衛庁職員Ⅰ種なるためには?防衛庁職員Ⅰ種になりたいを応援しております。

防衛庁職員Ⅰ種になるために必要な知識・受験資格

判断力や表現力が必要となります。

防衛庁職員Ⅰ種の資格は「防衛省・自衛隊」が運営管理を行っております。

防衛省・自衛隊とは:
国際平和協力活動や各種事態への対策を行っています。

防衛庁職員Ⅰ種

防衛庁職員Ⅰ種ってどんな仕事?(仕事内容など)

防衛省、国家防衛に関しての様々な業務を遂行します。具体的には事務官が行う単純な一般事務から、技官が行う航空、建築関連等の技士、行政職、語学力を生かした国際関係職、等さまざま。その他にも武器の研究、開発をしたりもします。

防衛庁職員Ⅰ種資格取得の為の勉強法

公務員資格スクールを活用します。

防衛庁職員Ⅰ種の専門学校や通信講座について

公務員資格スクールがあります。

防衛庁職員Ⅰ種の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

防衛庁職員Ⅰ種の資格試験料

受験料は無料です。

防衛庁職員Ⅰ種試験・検定の年間試験回数

一次試験は6月上旬となり、二次試験は7月中旬の指定された日となります。

防衛庁職員Ⅰ種試験科目等の内容

試験は一次試験と二次試験があります。一次試験は教養試験、専門試験、論文試験があります。教養試験は、公務員として必要な一般的知識及び知能についての筆記試験(多肢選択式)が出題されます。専門試験は、各試験区分に応じて必要な専門的知識及び技術などの能力についての筆記試験が出題されます。論文試験は、課題に対する総合的な判断力、思考力及び表現力についての筆記試験が出題されます。二次試験では、口述試験と身体検査があります。口述試験は、人柄、対人的能力などについての個別面談、身体検査は、主に胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む)、尿、その他一般内科系検査が行われます。

防衛庁職員Ⅰ種資格の難易度

かなりの難関試験だと言えるでしょう。

防衛庁職員Ⅰ種資格の合格率

平成22年度の合格率は、9.0%でした。

防衛庁職員Ⅰ種試験の合格発表

合格発表は、一次試験が7月上旬、二次試験が8月上旬となっています。

国家資格バナー

PR



防衛庁職員Ⅰ種

防衛庁職員Ⅰ種資格取得後の就職先・年収・報酬相場

防衛庁職員Ⅰ種所持者の職業例

装備施設本部、技術研究本部、海上自衛隊

防衛庁職員Ⅰ種に向いている人

自衛隊に憧れる方や武器の研究・開発をしたい方に向いていると思われます。

防衛庁職員Ⅰ種と同じ分野の他の資格

総合職試験(院卒者、大卒程度)、一般職試験(大卒程度、高卒者)

防衛庁職員Ⅰ種の年収・給料相場

給与は国の規定によって支給され、収入状況は安定しているといえるでしょう。

防衛庁職員Ⅰ種の現状

試験の申込者は、平成7年度をピークにして減少傾向にありました。平成15年度日本郵政公社の採用試験が新設されたこともあり、大幅に増加しましたが、平成16年度以降再び減少に転じています。バブル経済崩壊後平成8年にピークとなりますが、平成11年以降減少傾向に転じ、平成18年度は前年度に比べて、約16%も減少しています。

防衛庁職員Ⅰ種の将来性

防衛省職員は、日々訓練に励む自衛官とは違い武器を持って訓練することはありませんので、その職務内容は自衛官とはまったく異なります。具体的には、事務官が行う単純な一般事務から、技官が行う航空、建築関連等の技士、行政職、語学力を生かした国際関係職、武器の研究開発等様々な仕事があります。出世に関しては、防衛省職員Ⅲ種が一般職員として、防衛省職員Ⅱ種が地方幹部や中堅職員として、防衛省職員Ⅰ種が防衛省の幹部としてそれぞれ活躍することになります。

防衛庁職員Ⅰ種の独立について

国家公務員として働くことになるので、独立は難しいです。

防衛庁職員Ⅰ種資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*