労働基準監督官資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.06.04

労働基準監督官は、自分の管轄内の事業所(企業)が、労働に関する法律の基準を守り、適切な労働環境の運営を行っているのかをチェックするのが主な仕事です。また、労働者の権利を保護するための業務も行っています。


労働基準監督官は次の通りとなっています。1.受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳以上30歳未満の者。2.受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳未満の者で、次に掲げる者。(1)大学を卒業した者および受験年度の3月までに卒業する見込みのある者。(2)人事院が(1)と同等の資格があると認める者。の男女が目指せる、労働者と事業者のトラブルの解決、労働災害の予防、労働災害の調査などを行います。資格です。
労働基準監督官資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
労働基準監督官の資格は「国家資格」です。

資格広場は、労働基準監督官になるには?労働基準監督官なるためには?労働基準監督官になりたいを応援しております。

労働基準監督官になるために必要な知識・受験資格

一般的な公務員試験と同様、一般教養・専門ともに幅広い知識が必要です。さらにこれらに加えて、身体的にも健康であることが求められます。

労働基準監督官の資格は「厚生労働省」が運営管理を行っております。

厚生労働省とは:
国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つです。健康・医療、子ども・子育て、福祉・介護、雇用・労働、年金に関する政策分野を主に所管しています。

労働基準監督官

労働基準監督官ってどんな仕事?(仕事内容など)

労働基準監督官は、厚生労働省に所属する国家公務員です。労働基準法や労働安全衛生法に基づき労働者と事業者のトラブルの解決、労働災害の予防、労働災害の調査などを行うことが主な仕事です。労働者が職場で安全に働けているかどうか労働環境(賃金、労働時間等)を調査し、万が一、法律違反が見受けられれば指導や摘発を行うとともに、悪質な違反者に対しては司法警察員として犯罪捜査を行い、書類送検する権限も持っています

労働基準監督官資格取得の為の勉強法

本採用試験は法文系と理工系の2種類に分かれており、どちらも年齢制限があるほか、1次試験では筆記試験、2次試験は面接や身体測定などが行われます。学部や学科は問われませんが、専門知識が問われるため法学系や工学系の出身者が多くなっています。これらの専門に関する勉強は、大学での履修内容を復習するとともに公務員試験の専門試験用テキスト、過去問題集などを使って対策しましょう。また、公務員として必要な基礎的な能力(知識及び知能)についての筆記試験なども課されますので、公務員試験の教養試験用のテキストも勉強し、問題集を繰り返して解いておくと良いでしょう。

労働基準監督官の専門学校や通信講座について

準備中です。


労働基準監督官の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

労働基準監督官の資格試験料

無料です。

労働基準監督官試験・検定の年間試験回数

1年に1回実施されます。第1次試験は、6月上旬に、第2次試験は、7月上旬にそれぞれ実施されます。

労働基準監督官試験科目等の内容

法文系と理工系の共通試験は、基礎能力試験(多肢選択式):公務員として必要な基礎的な能力(知識及び知能)についての筆記試験。出題数は40題。知能分野 27題(文章理解11、判断推理8、数的推理5、資料解釈3)、知識分野 13題(自然、人文、社会13(時事を含む。))です。法文系の専門試験は、選択式では、48題出題、40題解答します。必須 12題:労働法7、労働事情(就業構造、労働需 給、労働時間・賃金、労使関係)5。選択 次の36題から28題選択:憲法、行政法、民法、刑法16、経済学、 労働経済・社会保障、社会学20。さらに記述式では、2題出題、2題解答します。労働法1、労働事情(就業構造、労働需給、 労働時間・賃金、労使関係)1となっています。理工系の専門試験は、選択式では、46題出題、40題解答します。必須 8題:労働事情(就業構造、労働需給、労働時 間・賃金、労使関係、労働安全衛生)8。選択 次の38題から32題選択:工学に関する基礎(工学系に共通な基礎 としての数学、物理、化学)38。さらに記述式では、4~6題出題、2題解答します。必須: 工業事情 1題です。選択: 工学に関する専門基礎(機械系、電気 系、土木系、建築系、衛生・環境系、応用 化学系、応用数学系、応用物理系等の工 学系の専門工学に関する専門基礎分野) から3~5題出題し、うち1題選択します。また2次試験では、人物試験として、人柄・対人的能力などについての個別面接が実施されます。また、身体検査として、主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿、その他一般内科系検査が実施されます。

労働基準監督官資格の難易度

合格率からも分かるとおり、この試験は合格するのは大変に難しく、相当の難関試験だと言えるでしょう。

労働基準監督官資格の合格率

労働基準監督Aが10倍程度、労働基準監督Bが5~6倍程度です。

労働基準監督官試験の合格発表

合格発表は、第1次試験が7月上旬に、第2次試験が8月下旬に行われます。

国家資格バナー

PR



労働基準監督官

労働基準監督官資格取得後の就職先・年収・報酬相場

労働基準監督官所持者の職業例

労働基準監督官

労働基準監督官に向いている人

労働基準監督官は、事業主に労働関連法令を遵守させ、労働災害を未然に防ぐ役割を担っています。長時間労働や安全対策のとられていない工事現場での労働など、過酷な環境を強いられ、苦しんでいる労働者を助けることが仕事です。ときには協力的ではない事業主を相手にすることもありますし、膨大な処理業務で苦しい場面もあります。そのような時でも、なんとか困っている人を助けたいという熱意をもって取り組める人が適しているでしょう。また労働基準監督官は個人に任せられる裁量は多いものの、仕事は多くの先輩や同僚と共に行います。そのため、職場の人間関係を良好に築くことも必要でしょう。体力があることも必要です。

労働基準監督官と同じ分野の他の資格

国家公務員、地方公務員など。

労働基準監督官の年収・給料相場

労働基準監督官は国家公務員のため、その給与額は法律により定められています。「行政職俸給表(一)」が適用され、たとえば大卒で新卒採用された場合の初任給は173,900円(東京都特別区内勤務の場合は205,202円)となっています。この金額をみると意外と低いと思われるかもしれませんが、この金額は基本給です。その他超過勤務手当や期末・勤勉手当などの各種手当も支給されます。そのため、公務員として安定した収入を得ることは期待できるでしょう。

労働基準監督官の現状

労働基準監督官は国家公務員であり、他の公務員と同様に比較的安定している職種です。しかし、近年の経済不況の影響から、公務員数を削減すべきという流れの中に労働基準監督官も含まれており、若干ですが人数の削減も行われています。基本的に労働基準監督官の業務量は安定しているため、残業が必要になることは少なく、働きやすい職場です。一方で、経済不況時には、労働者と事業者間のトラブルは増加しがちであり、それらの紛争を解決しなければならないため、業務量も増える傾向にあります。

労働基準監督官の将来性

諸外国に比べるとまだまだ日本での労働者の権利は保護されておらず、労働者が安心安全に働ける労働社会をつくることは、やりがいの大きな仕事でもあり、今後も大いに必要とされる仕事といえるでしょう。また、労働基準監督官は公務員のため、将来にわたって安定性を期待できる職種といえます。一方で、労働関連の専門性の高い職種でもあるため、着実に多くの経験を積むことで、キャリアアップを望めるなど、将来性も期待できるでしょう。

労働基準監督官の独立について

独立をするための試験ではありません。

労働基準監督官資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*