国家資格

   

 

 

A+(エー・プラス)

ワールドワイドで100万人以上に取得されているCompTIA A+は、ITキャリアを確立する上で最も重要なIT認定資格の一つです。 新たにIT業界での仕事に就く際も、CompTIA A+の取得により、さらに高いキャリアを目指すことが可能となります。

情報セキュリティーアドミニストレータ

情報セキュリティスペシャリスト試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。急増するサイバー攻撃に対する情報セキュリティの専門家として、高度な知識と技術を要する仕事です。

情報システムコンサルタント

情報システムコンサルタント試験は、特定非営利活動法人日本情報システム・コンサルタント協会(JISCA)が認定しています。コンピューターを活用し経営の効率化を行なうコンサルタントの育成を行なう、IT化が進む現代において非常に役に立つ仕事です。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャ試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。企業の中で、プロジェクトに対してシステム開発や導入・提案や営業までほとんど全ての責任を負う、非常にやりがいのある仕事です。

ビジネスキーボード認定試験

ビジネスキーボード認定試験は、日本商工会議所が指定するネット試験施行機関にて実施されています。高速化するパソコン処理業務において、ブラインドタッチ能力など、上級・中級程度の入力速度と正確性を証明する試験です。

パソコン財務会計主任者試験

会計ソフト実務能力試験は、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が主催していたものですが、平成27年度の試験を最後に現在は廃止されています。IT化が急激に進む社会の中で、企業や組織にとって重要な役割を担ってきただけに残念でなりません。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)

ネットワークスペシャリスト試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。情報やサービスの需要と供給を結ぶため、システム基盤のネットワークを構築・管理する、これからの時代に必要不可欠な仕事です。

テクニカルエンジニア(データベース)

データベーススペシャリスト試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。大量にあるデータを適切な構造をもとに、管理・運用・保守していく、IT社会の現代において大変重要な仕事です。

テクニカルエンジニア(システム管理)

ITサービスマネジャ試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。ITに関する専門知識・技術に加え、経営計画や運用などあらゆることを全体としてまとめあげる非常の重要な仕事です。

テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)

エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構が運営管理しており、受験資格はありません。IT情報処理に関する高度な専門知識と思考能力が必要とされる資格なので取得し就職に活かすことができるでしょう。