旅行・観光・ホテル系資格一覧

   

 

【人気な旅行、観光系資格】
クリックすると資格、職業の詳細ページに移動できます。
↓クリックで開閉できます。


こちらでは、旅行や観光・ホテルに関わる資格の一覧ページです。
例えば「観光英語検定」は普通の英語検定等とは違い、旅行先や観光の際に使用される語句や表現、言い回しを試される検定です。
気軽に海外旅行に行くことができる今では、とても役に立つ資格だといえるでしょう。
このように、自分が旅行に行った際や、もしくは日本へ旅行に来ている外国人の手助けなどが期待できる検定や資格も多く紹介しています。
興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。

 

ツアープランナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の国家資格です。旅行会社に1人以上有資格者が必要であり、即戦力として評価の高い資格になっています。国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の2つがあり、業務範囲の広い後者が高難易度であると言えます。

国内旅行業務取扱管理者試験の難易度や過去問、独学での勉強方法は?

国内旅行業務取扱管理者

国内旅行業務取扱管理者の資格取得を目指す方へ。資格取得の難易度・合格率・試験日程とは?独学での勉強法や過去問情報も掲載。旅行業界の就職・転職・スキルアップに必須の「国内旅行業務取扱管理者試験」のすべてをご紹介します。

コンシェルジュになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

コンシェルジュとは、ホテルにて観光スポットの案内、チケットの準備、旅行のプランニングまで、お客さまの多くのリクエストに応えるプロのスタッフのことです。ホテルの宿泊客のあらゆる要望、案内に対応したりします。

総合旅行業務取扱管理者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の「国家資格」です。国内旅行を含め海外旅行の取り扱いも行い、、旅の企画立案や取引・実施にまつわる幅広い業務を扱うことができます。他の国家資格と比較すると合格率は高めとなっています。旅行関係の仕事でスキルアップを目指したい方におすすめです。

国内旅行業務取扱管理者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の「国家資格」です。国内旅行のみの取り扱いになりますが、旅の企画立案や取引・実施にまつわる幅広い業務を扱うことができます。他の国家資格と比較すると合格率は高めとなっています。旅行関係の仕事でスキルアップを目指したい方におすすめです。

ツアーコンダクター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アーコンダクター、添乗員、ガイド、などなど、さまざまな名前で呼ばれるツアコンは、国内外の各種ツアーに同行して、旅行者たちを全面的にサポートする心強い旅のエキスパートです。ひとりでツアーに添乗員として参加するためには、国土交通省が認定する国家資格である旅程管理主任者の資格が必要です。

AXESS検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

AXESSシステムを使用する際の技能を測る検定なので、実際にAXESSを利用している航空会社、旅行会社など旅行観光業界への就職を希望する人には有利な資格と言えます。幅広く実用的な知識を実務に活用するためにも、取得は非常に有効です。

国際航空貨物取扱士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

国際航空貨物取扱士は、空港などの航空会社・商社・貿易関係の企業にて、航空貨物を取り扱う仕事です。貨物の輸送に関する各種事務手続きから梱包作業などに従事し、取り扱う書類などで英語に触れることも多い、グローバルな仕事です。

観光英語検定 難易度・仕事内容・合格率・給料相場

観光英語検定試験は、観光業界、旅行・ホテル業界、レストランなど様々な職場で重要視されている英語のスキルを向上させるために行われています。今後もさらに需要が高まる英語、その中でも注目度の高い検定資格です。

ホテルビジネス実務検定試験(H検)をとるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

ホテルビジネス実務検定はホテル業界の業務について理解を深めるのに役立ちます。まずはベーシックレベルから始めて、マネジメントレベルへとステップアップし、接客業務だけでなく管理業務も行えるスキルを身につけましょう。

1 / 212