ホテル実務技能認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-09-26

ホテル

ホテルスタッフの需要は今後も高い状態が続くことが予想されます。ホテル実務技能認定試験に合格することで一定以上の技術をもつことが証明するでき、就職にも有利になるでしょう。


ホテル実務技能認定試験は20歳前後が多いの男女が目指せる、顧客対応に必要な知識を身に着けられる資格です。
ホテル実務技能認定試験資格取得者は他にもホテルスタッフと呼ばれております。
ホテル実務技能認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ホテル実務技能認定試験になるには?ホテル実務技能認定試験なるためには?ホテル実務技能認定試験になりたいを応援しております。

ホテル実務技能認定試験になるために必要な知識・受験資格

ホテルスタッフとして働くには、気配りができることが必要です。また、外国人への接客の機会もあることから語学力が必要になることも多いようです。

ホテル実務技能認定試験の資格は「株式会社サーティファイ ホテル実務能力認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社サーティファイ ホテル実務能力認定試験事務局とは:
株式会社サーティファイは、ビジネス能力、技能に関する認定試験の開発、主催、実施を行い、主催試験に対応した対策問題集の開発、販売をする会社で、認定試験事務局はビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験を実施する組織です。ホテル実務能力認定試験事務局は認定試験事務局の中の一つです。

ホテル実務技能認定試験

ホテル実務技能認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

ホテル実務技能認定試験は、接遇・料飲・宿泊等、ホテル業における専門分野知識および語学力を認定するための試験です。本資格の取得により一定のスキルがあることを証明できるため、就職などの際に有利になる場合があります。現在個人での受験はできず、団体受験のみ受け付けているようです。この資格の取得をするのはホテルスタッフを目指す人です。ホテルには宿泊、料飲、宴会など様々な部門があり、担当によりホテルスタッフの仕事の内容はまちまちですが、例えば宿泊部門には利用客のチェックインなどを行うフロントや、客室の清掃などを行うハウスキーピングなど、料飲部門にはメニューの説明や料理の提供などを行うウェイター・ウェイトレスなどがあります。

ホテル実務技能認定試験資格取得の為の勉強法

試験を受験する団体で開催される講座などで勉強を行うほか、サーティファイが発行している試験対応問題集や対策テキストを利用して学習するとよいでしょう。ホテルスタッフになるためには、ホテルの専門学校などで勉強する方法もあります。

ホテル実務技能認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


ホテル実務技能認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ホテル実務技能認定試験の資格試験料

試験は上級と初級にわかれており、それぞれ、小設問、料飲科目、宿泊科目の3つから構成されています。試験料はそれぞれ、上級6,900円、上級料飲科目4,100円、上級宿泊科目4,100円、初級6,300円、初級料飲科目3,700円、初級宿泊科目3,700円です。

ホテル実務技能認定試験試験・検定の年間試験回数

年2回行われます。

ホテル実務技能認定試験試験科目等の内容

試験は上級と初級にわかれており、それぞれ、小設問、料飲科目、宿泊科目の3つから構成されています。科目別受験制度があり、「料飲」と「宿泊」の科目単位で受験することが可能で、料飲のみの合格者には料飲科目合格証、宿泊のみの合格者には宿泊科目合格証が交付され、両方に合格すると上級または初級として認定されます。多肢選択式で出題され、問題数と試験時間はそれぞれ、上級の小設問が90問90分、上級料飲科目が50問50分、上級宿泊科目が50問50分、初級の小設問が70問60分、初級料飲科目が40問35分、初級宿泊科目が40問35分です。出題範囲は、場面に応じた状況判断と行動に関する知識などを問う接遇分野、料飲部門の概要や配下の部門の業務やサービス、料理や飲料に関する知識などを問う料飲分野、宿泊部門の概要や配下の部門の業務やサービスに関する知識などを問う宿泊分野、ホテル用語の外国語理解や業務上での会話理解などを問う語学分野、食品衛生・公衆衛生やホテル関連法令に関する知識などを問うその他のホテル関連分野の5つの分野に分かれています。上級、初級ともに、小設問では全ての分野から、料飲科目では宿泊分野以外の、宿泊科目では料飲分野以外の分野から、幅広く出題されます。

ホテル実務技能認定試験資格の難易度

得点率60%以上で合格となります。合格率は8割を超えており、初級はホテルスタッフとしての基本的知識を有しているれかを問われるレベルですので、それほど難しくないと思われます。

ホテル実務技能認定試験資格の合格率

2017年度の平均合格率は83.5%です。

ホテル実務技能認定試験試験の合格発表

詳細は不明です。

国家資格バナー

PR



ホテル実務技能認定試験

ホテル実務技能認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ホテル実務技能認定試験所持者の職業例

ホテルスタッフとしてホテルで働くことが多くなります。

ホテル実務技能認定試験に向いている人

人のために何かしたいなど、ホスピタリティの精神を持った人に向いています。大勢のスタッフとともに働くことになることから、チームプレイができなければいけません。また、お客さまの求めていることを即座に判断して行動に移すことができるフットワークの良い人に向いているでしょう。

ホテル実務技能認定試験と同じ分野の他の資格

ホテルビジネス実務検定

ホテル実務技能認定試験の年収・給料相場

ホテルスタッフの給与は、勤務するホテルの規模や部署によって異なりますが、平均年収は300万円〜400万円台のようです。

ホテル実務技能認定試験の現状

ホテルは人によるサービスが必須であり、各ホテルで一定数のスタッフを確保する必要があるため、需要が高い状況が続いています。ただし、不況によるコスト削減などの影響で、正社員以外の採用を増やしているホテルも多くなっています。以前は宿泊をメインにしたホテルがほとんどでしたが、現在ではランチビュッフェや結婚式を行ったり、スポーツクラブを併設したりするなど、宿泊客以外が利用する機会も増えて、ホテルのサービスが多様化しています。外資系ホテルが国内に多数進出するなど国際化も進んでおり、新しいサービスや国際化にも対応できる人材が求められているようです。

ホテル実務技能認定試験の将来性

ホテルのスタッフに対する需要は今後も高い状態が続くでしょう。また、海外からの客が増えているホテルでは、語学力や豊かな国際感覚を身につけたホテルスタッフの需要がますます高まっていくと思われます。

ホテル実務技能認定試験の独立について

ホテルで働く際に必要な知識があることを認定する資格ですので、ホテルに勤務することが多くなります。ホテルを開業を目指す場合に持っていて有利になる資格ではありません。

ホテル実務技能認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*