ホテルビジネス実務検定試験(H検)をとるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

masman

by nishimura

更新日:2018-09-06

公開日:2017-04-18

ホテルビジネス実務検定はホテル業界の業務について理解を深めるのに役立ちます。まずはベーシックレベルから始めて、マネジメントレベルへとステップアップし、接客業務だけでなく管理業務も行えるスキルを身につけましょう。


H検資格取得者は他には英語:Hotelier Proficiency Testという名称で呼ばれております。

資格名:H検

H検の資格は「民間資格」です。

資格広場ではH検をとりたいを応援しております。

H検をとるために必要な知識

ベーシックレベル2級ではホテルについての基礎知識、宿泊、料飲、宴会、調理業務などの営業業務に関する知識が問われます。ベーシックレベル1級とマネジメントレベルでは営業業務に加えて、マーケティング、総務・人事、施設管理、仕入・購買、経理・会計などの管理業務についての知識も問われます。

H検の資格は「財団法人日本ホテル教育センター」が運営管理を行っております。

財団法人日本ホテル教育センターとは:

1976年運輸大臣の許可により、ホテルや旅館を中心とする業界の人材育成と発展を目的として設立された財団法人です。1999年からホテルビジネス検定を実施しています。

ホテルビジネス実務検定試験(H検)

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

H検取得後の仕事ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

ホテルビジネス検定では、ホテル業務に必要な宿泊・宴会などのサービスから、マーケティング、総務人事、経理会計などのマネジメント業務も含めた実務知識が問われます。この検定を受けることで、ホテル業務に対する体系的な理解を深めることができます。ホテル業界への就職を希望している人、すでにホテル業に従事している人にとっても、自身のホテル業務に対する知識レベルや、得意としている分野、苦手としている分野についても客観的に把握する助けになります。

H検取得の為の勉強法

試験の形式は選択式です。どのレベルの試験もすべて選択式で200問出題されます。公式の問題集や過去問を使って勉強すると出題形式や専門用語にも慣れることができます。間違えたところやよく理解できていなかった部分を放置せずに復習するとかk実に知識が増えていくでしょう。

H検の試験料・試験の内容・合格発表について

H検試験料

受験料は取得しようとする級によって異なります。ベーシックレベル2級:5,000円、ベーシックレベル1級:5,000円、マネジメントレベル:8,000円となっています。

H検の年間試験回数

ベーシックレベルの試験は年に2回、3月と11月に実施されています。マネジメントレベルの試験は年に1回、11月に実施されます。ベーシックレベル1級、2級は併願が可能です。マネジメントレベルの試験が行われるときは、ベーシックレベル1級とマネジメントレベルの併願も可能となっています。

H検の試験科目等の内容

ホテルビジネス実務検定の試験では基本事項としてホテルに関する基礎知識、営業業務、管理業務に関する知識が問われます。

H検の難易度

ベーシックレベル2級の受験に適しているのは、新入社員や現在ホテル業について学んでいる学生で、接客業務に従事できるレベルです。ベーシックレベル1級は一般社員~初級管理職で接客業務だけでなく基礎的な管理業務に就くことができるレベル、マネジメントレベルは中級~上級管理職で部門のマネージャー、部門の管理者として業務上の判断、決定ができるレベルの人に適しています。

H検の合格率について

平成24年度の合格率です。ベーシックレベル2級:69.9%、ベーシックレベル1級:49.2%、マネジメントレベル:48.8%となっています。※マネジメントレベル合格者は正解率によって2級と1級に分けて認定されます。

H検の合格発表

試験結果の通知表は受験した全員に発行されます。通知表には各分野の得点と成果率も記載されているので、学習の達成状況や今後の目標設定にも役立てることができます。検定の認定基準を満たす成績を修めた人には認定書と認定証明書が発行されます。

H検取得後の傾向

H検取得者のの職業例

フロントクラーク、ホテルレストランスタッフ、コンシェルジュ

H検に向いている人

ホテル業は24時間営業です。早朝や夜勤などの変則勤務となるので、そうした変化を楽しめる人に向いている職種です。そして何より求められているのは、お客様に心地よく過ごしてほしい、お客様に満足してもらえるサービスが提供したい、という「おもてなしの精神」です。時にはクレームの対応や、不規則な勤務時間からくるストレスがあっても、相手の立場になって、何が必要なのか考えることができ、誰かのために自分にできることを行うのが好きという人にはピッタリのお仕事と言えるでしょう。

H検と同じ分野の他の資格

ホテル実務技能検定、サービス接遇検定、レストランサービス技能検定

H検の年収・給料相場

勤務地が都会なのか、田舎なのか、観光地か、ホテルの規模の大小によっても収入は変わってきます。平均的な年収は300万円~400万円ほどとなっているようです。規模の大きいホテルほど給料がよいと言われています。

H検の現状

ホテルを利用する人の目的は、宿泊することだけではなくなってきています。スポーツクラブやプールなどの施設があるホテルやランチビュッフェを利用するのは宿泊客以外のお客様です。たくさんのホテルがある中で、国内外からのお客様に選ばれるような特色や独自のサービスの提供を目指すホテルが増えていて、多種多様なサービスを柔軟に提供していくことが求められています。

H検の将来性

ホテル業界は景気の影響を大きく受けます。景気の状況により、高級なホテルへの人気が高まったり、手ごろに泊まれるビジネスホテルに対する注目が集まったりします。また、2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客の増加が予想されるため、国際的な視点と語学力のアップによって海外のお客様にも満足してもらえるサービスの提供が期待されています。

H検の独立について

ホテルスタッフはチームしてお客様に心地よく満足してもらえるサービスを提供することが主な仕事です。そのため、ホテルビジネス実務検定の取得後、この検定資格を活用して独立するというのは、あまり現実的ではないようです。

こんな著名人の方もH検資格を持ってます。

該当なし

コメント・口コミ・体験談

  1. りん より:

    自分はホテルマンに憧れがあり、中途採用でホテルマンを目指すことにしました。しかしすでに違う職種で働いていたこともあり面接や試験などでなぜホテルマンになりたいのか、中途採用は非常に不利になります。そこでビジネスホテル実務検定という資格を受けることにしました。福岡、大阪、東京、北海道、愛知の5箇所で年2回しか試験は行なっておらず自分は福岡で受けました。それまでの勉強法はとにかく参考書やサンプル問題をひたすらやることです。地味に思えますが専門学校や大学に通っているわけではありませんでしたのでとにかく継続してやっていくことしかありませんでした。1日に4時間ほど仕事終わりの時間を使い集中して勉強をしました。そして無事に試験に合格をすることができました。もし落ちたらまたしばらくは受けれないというプレッシャーもありましたが無事に2級と1級の両方を取得することができました。取得後はホテルで面接を受けた際、試験を受け努力をできる力とホテルマンとして働きたいという強い想いを感じ取っていただき今もホテルマンとして働くことができています。
    (りん/広島県在住/20代/男性)

コメントを残す

*

*