AXESS検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-03-27

AXESSシステムを使用する際の技能を測る検定なので、実際にAXESSを利用している航空会社、旅行会社など旅行観光業界への就職を希望する人には有利な資格と言えます。幅広く実用的な知識を実務に活用するためにも、取得は非常に有効です。


AXESS検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、資格取得のための勉強がそのまま実際の業務に役立つ資格です。
AXESS検定は他にもAXESS実用検定と呼ばれております。
AXESS検定は「民間資格」です。


AXESS検定取得のために必要な知識・受験資格

AXESS検定

AXESS実用検定はAXESSでの操作がどれだけ正確に処理できるかを認定するための試験なので、AXESSの知識や一定のスキルが必須となります。

AXESS検定は「株式会社アクセス国際ネットワーク」が運営管理を行っております。

株式会社アクセス国際ネットワークとは:
旅行業向け予約システム(CRS/GDS)、業務支援システムのマーケティング・企画・開発・展開・サポート及び情報提供ビジネスを主とする会社です。

AXESS検定ってどんな資格?

アクセス(AXESS)とは、フライトの予約や発券に関連したシステムのことを指します。こちらは国際線国内線のいずれもを含んでいます。このシステムは、日本だけでなく世界のエアライン800社ほどの運行タイムテーブルのデータを持っており、主なエアラインが持つシステムに直接繋げることや、旅行代理店などとデータを共有を行うことができるものとなっています。なので、旅行関連業界においては、仕事を効率よく進めることや、不必要な費用を使うことがないので欠かすことのできないものとなっています。アクセス実用検定試験は、このシステムの操作がどれぐらい正確にできるかを試すための昔からある信頼できる試験です。その歴史は1989年度からスタートし、2015年度までの27年間の間に受験した人はだいだい15万人にも登ります。

AXESS検定取得の為の勉強法

AXESS実用検定の勉強方法としては、まずこの検定が各種のスクールにおいてAXESSを操作することを教わっている人に受験資格を与えているので、どこのスクールにも通わずに自分だけでAXESS実用検定の対策を行おうとするのはなかなか難しいでしょう。試験対策のベストな方法はシンプルなのですが、普段からスクールでの授業に真面目に取り組んでいることが重要となります。

AXESS検定の専門学校や通信講座について

準備中です。

AXESS検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

AXESS検定の試験料

AXESS実用検定の試験料ですが、級ごとに異なってきます。国内全般1級と国際予約1級が3,000円、国内全般2級と国際予約2級が2,600円、国内全般3級と国際予約3級が2,200円となります。

AXESS検定の年間試験回数

AXESS実用検定の試験は、毎年2月、7月、11月の年に3回となっています。

AXESS検定試験科目等の内容

AXESS実用試験は、国内全般1級、2級、3級、と国際予約1級、2級、3級、の全部で6クラスに分かれています。現在既に旅行業界などにおいてAXESSを使用している経験のある人や、各種のスクールでAXESSを操作することを教わっている人が受験する資格を持っています。3級は、個人旅行の予約やその処理に関連するAXESSの実際の基本的な操作がどこまでちゃんとできるかを確認するものとなっています。2級は、3級が初歩的なレベルであるのに比べてより踏み込んだレベルのスキルや知識が求められます。そしてさらに上の1級になると、実際にAXESSを使って仕事をしたことがある高いレベルの知識や技能が必要となってきます。

AXESS検定の難易度

AXESS実用検定の難易度ですが、AXESSの操作ができることである一定のふるいにかけられているので、受験する資格がある人にとってはそう高いものではありません。

AXESS検定の合格率

AXESS実用検定の合格率ですが、2014年度は合格率(国際線3級)が76.8%となっています。

AXESS検定の合格発表

AXESS実用検定の合格発表ですが、AXESS検定事務局から試験が終了してから6週間以内に結果通知書が登録した住所宛に送付されてきます。

AXESS検定取得後の就職先・年収・報酬相場

AXESS検定

AXESS検定所持者の職業例

AXESS実用検定は旅行業界で活躍できる資格です。ツアーコンダクターやランドオペレーターなどといった職種が取得後の職業としてはあります。 エアラインでの勤務はもちろん、旅行会社やホテルなどといった場所での仕事で、フライトの手配や、運行時間や運賃などの確認を行うなどして、お客さんの旅の始まりのサポートを行います。

AXESS検定の取得に向いている人

端末を操作することになるので、そういった操作自体を苦にならない人向きです。

AXESS検定と同じ分野の他の資格

総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者

AXESS検定の年収・給料相場

AXESSの資格を所有している人が多く勤務している旅行会社の給与は、世間の一般的な他の業種と比較してみると残念ながらやや低いということができます。しかしながら相反して、仕事はきつく長時間労働を余儀無くされます。旅行会社の給料の初任給はだいたい良くて20万円となり、それより低いのが一般的になっています。

AXESS検定の現状

AXESS実用検定を取得した人が多く就職している旅行業界は、現在の日本においてはぐんぐんと伸びていっている業界です。日本を訪れる外国人観光客の数は、毎年右肩上がりで上昇をしています。

AXESS検定の将来性

AXESS実用検定の資格を取得できたとしても、将来性があるかどうかというと疑問視する部分が存在します。現在ではフライトの予約というのは、旅行会社のカウンターに出向いて行うものでは無く、自宅のパソコンや携帯から簡単にできるものへと変わってきています。それとともに旅行会社が営業所の削減を行っています。営業所の賃料や人件費の削減を行い、インターネットのみの店舗を構える旅行代理店が次々に台頭してきています。近年営業所の店舗を縮小する代わりに、ホームページの作成に力をいれる旅行会社も増えてきています。フライトの発券でさえも、旅行に行きたいお客さんが自宅のプリンターを使いプリントアウトをして当日カウンターに持って行くといったものに変わってきています。このように将来的には旅行会社の店舗は減り、店頭において対面でお客さんの前でAXESSシステムを使うことも減ってくるわけです。その代わりにウェブに力を入れていく旅行会社はますます増えていくでしょう。

AXESS検定所持者の独立について

AXESS実用検定の資格を取得したからといって、独立につながるものではありません。しかしながら、ご自身で起業して独立して旅行代理店などを興す場合、有利になることはありえます。

AXESS検定を所有している主な著名人

なし

コメントを残す

*

*