総合旅行業務取扱管理者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-05-24

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の「国家資格」です。国内旅行を含め海外旅行の取り扱いも行い、、旅の企画立案や取引・実施にまつわる幅広い業務を扱うことができます。他の国家資格と比較すると合格率は高めとなっています。旅行関係の仕事でスキルアップを目指したい方におすすめです。

       

総合旅行業務取扱管理者は幅広い年齢層の男女問わずが目指せる、旅行業界への就・転職、キャリアアップに有利な資格です。
総合旅行業務取扱管理者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
総合旅行業務取扱管理者の資格は「国家資格」です。

資格広場は、総合旅行業務取扱管理者になるには?総合旅行業務取扱管理者なるためには?総合旅行業務取扱管理者になりたいを応援しております。

総合旅行業務取扱管理者に必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

お客様に旅行の申込み内容を説明し、契約を交わす 、旅行プランの作成を管理・監督する 、旅行に関する広告が適切かどうか管理する 、旅行者から苦情が出た場合に、適切に対応する 、企画旅行実施に際し、宿や乗り物の予約・手配などを管理・監督する 、営業所内で料金表などの掲示をチェックする・重要書類を保管する などといった旅行に関する幅広い知識が必要です。また、海外旅行の取り扱いもあるため、英語の知識・海外の知識も合わせて必要になります。

総合旅行業務取扱管理者の資格は「一般社団法人 日本旅行業協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人 日本旅行業協会とは:
旅行需要の拡大と旅行業の健全な発展を図るとともに、旅行者に対する旅行業務の改善並びに旅行サービスの向上等を図り、併せて会員相互の連絡協調につとめ、旅行の促進と観光事業の発展に貢献することを目的としています。

総合旅行業務取扱管理者の仕事内容

総合旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の「国家資格」です。有資格者は、旅に関する豊富な知識・技術を有したプロとして国から認められます。一度取得すれば生涯有効なので、 取得すれば大きな財産となる資格です。総合の資格を取得すると、国内と海外両方の旅行業務を取り扱うことができるため、一層活躍の幅が広がります。

総合旅行業務取扱管理者資格の勉強法

国内取り扱い管理者同様、すべての科目で6割をとれば合格となるため、6割以上をキープできる科目を作っておくことが大事になります。しかし総合旅行業務取扱管理者になると、国内の観光・旅行に関することだけでなく、海外の観光・旅行に関する知識も学ぶ必要があるので、国内旅行業務取扱管理者に比べると負担が多いです。さらに、海外のことに関することを学ぶ上で英語などの語学に関する勉強も同時に行わなければならないということもあって、独学での学習だと難しい部分もあります。

総合旅行業務取扱管理者の専門学校・通信講座

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

総合旅行業務取扱管理者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

総合旅行業務取扱管理者の資格試験料

6,500円

総合旅行業務取扱管理者試験・検定の年間試験回数

年1回。 願書配布:7月上旬~8月上旬、試験日:10月上旬~中旬。

総合旅行業務取扱管理者試験科目等の内容

試験は全問マークシート方式で選択肢から正しいものを選べばよいので、回答しやすいのが魅力です。試験内容は1旅行業法及び、これに基づく命令2旅行業約款、運送約款及び宿泊約款3国内旅行実務海外旅行実務になります。国内資格保有者の場合は、上記のうち1と3が免除されます。

総合旅行業務取扱管理者資格の難易度

他の国家資格と比較すると難易度的には低い方です。一般的に、標準的な難易度と言われる国家資格の合格率はどれくらいかというと、だいたい20%以上25%未満が標準的な合格率と言われています。司法書士、公認会計士、行政書士、税理士などの難関と言われる国家資格になると、合格率はだいたい5%未満になってきます、高くても合格率5%以上10%未満程度です。しかし一方で「旅行業務取扱管理者資格」の合格率はというと、まず「国内旅行業務取扱管理者資格」であれば30%~40%とかなり高めで、「総合旅行業務取扱管理者資格」でも10%~20%と少し低めから標準程度の合格率になっています。

総合旅行業務取扱管理者資格の合格率

10~20%程度です。他の国家資格と比較して合格率は高めとなっています。

総合旅行業務取扱管理者試験の合格発表

11月下旬

総合旅行業務取扱管理者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者所持者の職業例

旅行会社、航空会社、旅行企画会社、添乗員などになります。

総合旅行業務取扱管理者に向いている人

まずは第一に旅行に興味があり、旅行が好きであることがあげられます。そのうえで旅行関係の仕事でスキルアップを目指したい方におすすめです。また、基本は接客業であり、サービス業のため、人と接したり、人が喜ぶ姿を見て自分も嬉しいと感じることができる人、旅行が好きなのはもちろんですが「どんな旅行がしたいのか」「行き先でどんな楽しいことができるのか」、想像力をふくらませることができる人には向いているといえます。総合にあたっては海外が好きな人にも向いているでしょう。

総合旅行業務取扱管理者と同じ分野の他の資格

旅程管理主任者、通訳案内士、旅行地理検定、インターネット旅行情報士検定、観光英語検定、JATAトラベル・カウンセラー制度、日本の宿 おもてなし検定、クルーズアドバイザー認定制度、イベント業務管理士、イベント検定・ユニバーサルイベント検定・スポーツイベント検定

総合旅行業務取扱管理者の年収・給料相場

一般的な相場としては350万円~500万円程度だとされています。旅行業務取扱管理者の場合、経験や年齢、取得している資格などによって給料が異なることがあります。?また、勤務することになる旅行会社や旅行代理店などによっても、差が生じてきます。さらに?旅行会社ならではの手当が支給されることがあるのです。?それは、添乗手当と呼ばれているものです。?添乗手当とは、旅行の引率などを行うと、国内では5,000円程度、海外では7,000円程度が支給されるというものです。現在は、旅程管理主任者という資格を取得すれば、添乗が可能となっています。?そのため、このような資格を併せて取得しておくと、仕事の幅が広がり、給料アップも期待できます。

総合旅行業務取扱管理者の現状

旅行業界は今、大きな転換期にあります。グローバル化に伴い海外の旅行会社がわが国へ進出、インターネットの出現によってサプライヤーと消費者が直結してホテルや航空機の予約が可能になり、旅行業の存在意義が問われるようになりつつあります。また、IT化の波にのり、電子商取引・インターネットを利用して新たな業種から旅行業を営む会社が出現しました。 旅行の個性化・多様化がますます進み、旅行業界はその対応にも追われています。

総合旅行業務取扱管理者の将来性

業界を取り巻く、このような厳しい環境にあっても観光業や旅行業は21世紀の成長産業で、その将来は明るいとも言われています。観光・旅行産業は人々に幸福をもたらし、地域の活性化の大きな手段であり、雇用や経済にもたらす効果は大きいものがあるため、社会的にも意義のある業界です。旅行に対する需要は根強いものがあり、 余暇の増大とともに、21世紀の成長産業とよばれる旅行業は、景気の好不況にかかわらず、今後とも堅調に推移していくといわれています。

総合旅行業務取扱管理者の独立について

資格だけを取得して、独立をする人はまずいないといっても過言ではありません。?とにかくこの業界は、経験がものをいう業界です。?まずは旅行代理店に勤務をして、10年、15年経験を積まないと、なかなか独立は難しいといえます。?しかし実際に旅行代理店に勤務をしていた人が独立するケースは少なく、働いてみて気が付くその厳しさを感じることも多いのです。?それであれば、今働いている会社で役職に就いた方が金銭的にも収入が多く得られると考えている人もたくさんいることも事実です。

総合旅行業務取扱管理者資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

該当なし

コメントを残す

*

*