ツアープランナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-07-10

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の国家資格です。旅行会社に1人以上有資格者が必要であり、即戦力として評価の高い資格になっています。国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の2つがあり、業務範囲の広い後者が高難易度であると言えます。


ツアープランナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、旅行業界で唯一の国家職業です。
ツアープランナーの職業は他にも旅行業務取扱管理者と呼ばれております。
ツアープランナーに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、ツアープランナーになるには?ツアープランナーになるためには?ツアープランナーになりたいを応援しております。

ツアープランナー

ツアープランナーってどんな仕事?(仕事内容など)

旅行会社に勤務し、パッケージツアーの提案・企画を行います。個人旅行の場合は、顧客の要望に合った提案を行います。航空券や滞在ホテルの手配、日程調整から食事・観光プランまで多岐にわたります。ツアープランナー業務は、幅広くツアーの企画から手配、カウンター業務やツアー添乗員と様々なものになります。

ツアープランナーになる為の勉強法

他の国家資格と比べて難易度は低めで、専門学校等に通わず独学での勉強で合格を目指すことが可能です。その場合でも、旅行業務取扱管理者の最新版参考書と過去問題集と使って勉強します。参考書にて、基本的な知識を身に着け問題を解いていきます。間違えた個所は、また参考書をみて覚えなおすと良いでしょう。資格取得に必要な勉強時間は、100~200時間となっており1日2時間程度の勉強で3ヶ月の期間がかかる計算になります。

ツアープランナーになるための専門学校や通信講座について

通信教育や資格スクール等の専門学校で、取得に向けての講習を受けることができます。使用テキストは練習問題や用語解説等、試験に出るポイントを押さえており、短期間での資格取得ができやすい環境になっています。独学での取得を目指す場合は、専用のテキストや問題集を使った勉強が必要です。旅行会社や添乗会社等の旅行業関連企業が、主な就職先となっています。

ツアープランナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ツアープランナーの学歴

現在調査中

ツアープランナーの勤務時間

現在調査中

ツアープランナーに必要なスキルや機材

現在調査中

ツアープランナーのやりがい

現在調査中

ツアープランナー苦労、大変なこと

現在調査中

ツアープランナー

ツアープランナーの年収・将来性・独立について

ツアープランナーに向いている人

旅行会社、旅行代理店、航空会社、バス会社などの旅行会社に勤務している方向けです。または、旅行業界への転職を考えている方が取得する傾向があります。その他にも、国内旅行業務取扱管理者は旅行業界で唯一となる国家資格となります。それゆえに受験者の半数は、旅行業者ではなく育児中等に何らかの資格取得を目指す方へのおすすめの資格となっています。また、顧客と接する機会の多い仕事になりますので、人と触れ合うことが好きな方に向いていると言えるでしょう。

ツアープランナーと同じ分野の他の職業

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)、カウンターセールス、旅行地理検定、世界遺産検定

ツアープランナーの年収・給料相場

法律上で、旅行会社の営業所ごとに1名以上の旅行業務取扱管理者を配置することが義務付けられています。資格取得者は、会社にとって必要不可欠な存在であり就職・転職へ有利に働くと言えます。ただし旅行業界全体では冷え込みが激しく、正社員でも300万円程度です。コスト削減のために派遣社員を雇うケースも多く、その場合日当7,000~12,000円の国内添乗員、海外添乗員であれば8,000~25,000円が相場となっています。

ツアープランナーの現状

国家資格の中では、難易度は低めになっています。旅行関係でスキルアップを目指す方や、就職・転職等に有利になるように取得する方が増えています。国内旅行者は伸び悩んでいますが、外国人観光客数の増加に伴い資格取得者のニーズは高まっていると言えるでしょう。またインターネットの普及により、個人手配する旅行者も増えており、多様化していくサービスが求められています。

ツアープランナーの将来性

今後の旅行業界は地方観光や旅行の増加により、地域活性化に向けた成長産業であると言えます。景気に関わらず、雇用や経済効果を見込める職業です。就職・転職・スキルアップでの資格取得をめざし、語学力等の経験を積むことで将来的には収入アップにも繋がっていきます。

ツアープランナーの独立について

基本は、旅行会社等で会社員として働くのが一般的です。しかし、資格を取得し旅行会社にて経験を積むことで、独立開業することも可能であるといえます。

ツアープランナーの主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*