働きながら介護の資格を取得したい!女性におすすめの方法は?

masman

by ari_na

更新日:2019-08-10

公開日:2019-08-09

介護の資格を働きながら

現代では就職や転職をする際、何らかの資格を取得していると大きく評価されることがあります。例えば、女性が働きながら「介護」の資格を取得する場合、どのようにすれば良いのでしょうか?就職に強いおすすめのサイトなどを見ていきましょう!

       

就職難が続いている現代において、何らかの資格を取得していることは大きな武器となります。
また、学生時代に資格の勉強などをしてこなかったという方でも、今やりたい仕事のために働きながらコツコツ勉強をしているというケースも多いのではないでしょうか。

今回は女性の資格取得についてスポットを当て、「働きながら介護を学ぶ」にはどうすることがおすすめかをご紹介します!

働きながら資格を取得するということ

本

就職難が続いている現代において、何も資格を持っていない状況で挑むことは極めて不利だとされています。
資格がなくてもできる仕事ならば問題はありませんが、仕事に活かせるような資格があるならば、できるだけ取得しておいて損はないでしょう。

比較的就職しやすい職業として、”介護職”が挙げられます。
こちらは無資格だったとしても働ける場合もありますが、キャリアアップや収入のアップにつなげるためには、やはり何らかの資格を持っていた方が無難です。

そこで今回は、女性が働きながら介護の資格取得を目指す場合、どのような方法があるのかを見ていきましょう!

まず、働きながら資格を取得する際に、大切な基準についてご紹介します。

働きながら取れる資格を選ぶときの基準①「難易度は高すぎない」

第1の基準として「難易度は高すぎないか」ということが大きなポイントとなります。働きながら勉強をするということは、学生や、働いてなくて勉強に思う存分時間が割けるという方とは状況が違ってきます。
あまりにも難しい資格を選んでしまうと、勉強時間の少なさもあって、いつまで経っても合格にたどり着かない…という結果となってしまいます。

それでは勿体なさすぎるので、スキマ時間でも十分に勉強ができるくらいの難易度の資格を選ぶと良いでしょう。

働きながら取れる資格を選ぶときの基準②「学校に通わなくても取得できる」

第2の基準は、「学校に通わなくても取れる資格」であるということです。
どういうことかというと、資格の中には決められた養成学校に通ったり、卒業していることが受験の条件となっているものが存在します。

元から卒業していれば問題ないですが、働きながら新たに学校に通うことはかなり厳しいと思われます。そのため、受験資格が緩めで在宅でも受験できるなど、学校に通う必要のない資格を選んだ方が楽です。

働きながら取れる資格を選ぶときの基準③「実務経験が必須ではない」

第3の基準は「実務経験が必須の資格ではない」ということです。
こちらも経験があれば良いのですが、実務経験を必要としている資格を受験する場合、そもそも経験がなければ受けることができなくなってしまいます。

実務経験といっても、ほんの数日間の講習に参加すればOKというものもあります。
しかし、これが数年の実務経験が必要となると話が変わってくるので、試験の勉強をはじめる前にしっかりと確認しておきましょう。

これは介護の資格だけではなく、働きながら勉強をする人すべてに当てはまることです。今後、ぜひ参考にしてみてください!

オーソドックスなのはハローワーク

介護の業界で役立つ資格がすぐさま欲しい場合、ハローワークの『求職者支援制度』を受けることがオーソドックスな方法の一つです。

これは受講料無料で、「介護職員初任者研修」の資格を取得することができるという制度ですが、詳細は次のとおりです。

早期就職を国が支援する

最初に大切なこととして挙げると、この制度は「本当に介護の仕事に就きたい」と考えている人に向いているということです。
労働の意思があることが前提であり、応募前にハローワークへの求職申込みが必要となります。

条件を満たしている人であれば厚生労働省認定の職業訓練施設=スクールの授業料が無料となりますが、テキスト代などは自己負担なので注意してください。

通常、「介護職員初任者研修」を資格のスクールなどで受講すると10万円前後の費用がかかることになりますが、これが無料になるのは大きいですね。
その後、ハローワークから就職の斡旋を受けて就業するという手順になっています。

ただ、こちらの制度はデメリットとして「応募倍率により、受講ができないことがある」「テキスト代などが自己負担」「未経験者とみなされ、採用面接で不利になることがある」という点が出てくる可能性があることを視野に入れておきましょう。

それでは、他に働きながら学べる方法はどのようなものがあるのでしょうか?

『地元のお仕事探し かいご畑』に応募する

女性におすすめの資格取得方法

そこでおすすめなのが、『地元のお仕事探し かいご畑』というサイトです。
このサイトは地域密着の介護専門就職支援センターとして、厚生労働大臣の認可を受けています。

全国8万以上もある業者の中で、160社しか認められていない「優良派遣事業者認定」に認定されており、利用者が安心して使えるサービスとして有名です。

今、このサイトがなぜ人気を博している理由は次のとおりです!

介護資格が実質無料で得られる

かいご畑には「キャリアアップ応援制度」というものがあり、およそ13万円ほどかかる介護の資格が実質無料で取得できます。

かいご畑は介護教室も運営しており、「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士(受験対策)」など、初級から上級に至るまで、すべての資格が無料なんです!
これまで資格を取ろうか悩んでいたものを、勉強するチャンスですね!

また、就職においても資格を持っていない人や、未経験者OKという求人が多いのも特徴です。
実際にかいご畑では、お仕事を紹介したうちの57%の方は資格を持たない状態からのスタートだったそうです。

短時間や残業なしの求人が多い

様々な事情により、残業ができない方や、短時間しか勤務ができないという人もいることでしょう。

かいご畑では、そのような条件を重視している方にピッタリな求人が見つけられます。
子育て中の方でも希望に沿った仕事を紹介したもらえたと喜びの声が寄せられています。

専任のコーディネーターがいる

かいご畑には専任のコーディネーターがいるので、1対1で親身に相談に乗ってくれます。
コーディネーターは、全員が介護の有資格者という点も心強いです。

就職を希望する施設などに、給与や勤務時間の条件交渉も代行してくれるなどサポートも手厚く、無理に考えを押し付けることもしません。
すぐに仕事を探さなくとも、情報収集のために利用することも可能としています。

かいご畑の口コミ

実際にかいご畑を利用したユーザーの女性からは、「他のサービスよりも、専任のコーディネーターの親身さや真剣さを感じた」「資格取得の為に利用するのがおすすめ。新しい施設で希望通り働けた」といった口コミがありました。

働きながら資格を取得するという点も、コーディネーターに相談することでスムーズに事が運ぶでしょう。
ハローワークよりも手軽にはじめることができるサイトなので、気になる方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

働きながら資格を取得することについてのまとめ

働きながら何らかの資格を取得することは容易ではありません。
根気もいるため、あまり難易度が高くなく、厳しい条件がないものを選ぶことが良いでしょう。

また、介護の資格は人気がありますが、上記でおすすめした『かいご畑』は「優良派遣事業者認定」に認定されており、様々なサイトでも「良いサポートが受けられる」「利用者が安心して使えるサービス」と紹介されています。

すぐに仕事を見つけたいわけではない方も、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*