国家資格の難易度・人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのページでは、国家資格の難易度をランキング形式でご紹介しています。
また、通信講座で取得が可能な人気資格もピックアップしています。
お仕事や学校で忙しい方でも、国家資格が取れちゃうんです!

国家資格 難易度 人気

国家資格とは、国の法律に基づいて能力や知識が判定され、
特定の職業に従事するということを証明するものです。
一般的に、国家資格を取得すると職業に困ることはなかなかないとされているため、
取得したいという方が増えてきていますね。

ですが、資格によっては取得するために専門学校や大学へ通わなければ
受験資格自体が与えられないものも数多く存在します。
そのため、自分が興味のある資格については予め詳しく調べておきましょう。

国家資格 難易度ランキング

順位 資格の名称 カテゴリ 難易度
1位 司法試験 公務員・法律系 超難関
2位 公認会計士 企業・経営系 超難関
3位 司法書士 公務員・法律系 超難関
4位 税理士 企業・経営系 超難関
5位 司法試験予備試験 公務員・法律系 超難関
6位 弁理士 公務員・法律系 超難関
7位 医師 医療・福祉・リハビリ系 超難関
8位 不動産鑑定士 企業・経営系 超難関
9位 無線従事者試験 総合無線通信士1級 機械・電気・電子系 超難関
10位 ITストラジテスト試験 コンピューター・パソコン系 超難関
11位 システム監督技術者試験 コンピューター・パソコン系 難関
12位 プロジェクトマネージャ試験 コンピューター・パソコン系 難関
13位 ITサービスマネージャ試験 コンピューター・パソコン系 難関
14位 システムアーキテクト試験 コンピューター・パソコン系 難関
15位 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 コンピューター・パソコン系 難関
16位 データベーススペシャリスト試験 コンピューター・パソコン系 難関
17位 ネットワークスペシャリスト試験 コンピューター・パソコン系 難関
18位 中小企業診断士 企業・経営系 難関
19位 情報セキュリティスペシャリスト試験 コンピューター・パソコン系 難関
20位 無線従事者試験 総合無線通信士2級 機械・電気・電子系 難関

ユーキャンで人気の国家資格

専門学校や大学に通学しなくても、自宅で学べる「通信講座」。
そんな通信講座の中でも有名かつ人気のユーキャンで取得できる、人気の国家資格をご紹介します。

宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士 宅建士

不動産の売買や賃貸の仲介に必要不可欠な資格、「宅地建物取引士(宅建士)」。
数ある国家資格の中でも常にニーズが高く、人気の資格です。

不動産取引をおこなう際、法律知識をもとにアドバイスや提案をするのが宅建士のお仕事です。
重要事項の説明書面への記名・押印37条書面への記名・押印などは宅建士のみ行える仕事になります。
そのため、不動産業を営む上で宅建士の資格は必ず必要になり、就職や転職でとても有利にはたらきます。
ユーキャンでは講座の標準学習期間は6ヶ月で、その間添削や質問のサポートも充実しています。

行政書士

行政書士

PR

行政書士は、法律を扱う国家資格。「業務独占資格」と呼ばれ、資格を持っている人のみ行政書士の仕事をすることができます。
行政書士になると専用のバッジを取得できます。
このバッジは、コスモスの花弁の中に「行」の文字デザインしたもので、「調和と真心」を意味します。

近年の法改正により年々業務の範囲が広がっており、今後も活躍の場が広がる可能性のある資格です。
教育訓練給付制度の対象となるため、学費の20%が支給される場合があります。

ファイナンシャル・プランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー FP

税金・保険・年金などの幅広い知識を学ぶファイナンシャル・プランナー。
金融機関や不動産、保険会社や住宅メーカーなどのいろいろな業種から求められるため、就職や転職にとても有利な資格です。

この資格では、保険や年金などの一般の方の身近なお金についてのことを学ぶため、知識としても実生活でとても役立ちます。
教育訓練給付制度の対象となるため、学費の20%が支給される場合があります。

生涯学習のユーキャン

今が狙い目!おすすめ国家資格

役立つ資格というのは、その方の置かれている状況にもよって変化するかと思います。
ですが、取得することにより就・転職に有利になったり、今後発展していくであろう資格をまとめてみました!
将来性のあるおすすめの国家資格を以下でご紹介します。

登録販売者

登録販売者

登録販売者は、2009年の薬事法改正により新設された国家資格です。
以前は、「ドラッグストア等での実務経験」が受験資格として設けられていましたが、現在は廃止され素人でも受験ができるようになりました。

主な就職先はドラッグストアとなり、お客様からの相談に乗ったり、一般用医薬品の販売をします。
薬剤師とは違いすべての医薬品の取り扱いはできませんが、第二類・第三類医薬品は登録販売者で取り扱いができます。
近年の薬剤師不足を補う人材として期待がされている資格です。
ドラッグストアはパート勤務も可能なので、子育て世代の女性や長時間勤務ができない方におすすめです。

中小企業診断士

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営者から依頼を受け、企業の経営診断や経営に関する助言・提案を行うお仕事です。
中小企業の業務全体に関するアドバイスを行うことができます。

とても汎用性が高く、簿記や行政書士などの資格と併せて取得することでさらに活躍します。
難易度は高いですが、社内昇進や転職にもかなり有利になり、自身のアピールにも繋がる資格です。
受験資格は特にありませんが、取得までに半年~1年以上はみておいたほうがいいでしょう。

社会保険労務士

社会保険労務士 社労士

通称「社労士」と呼ばれる社会保険労務士は、労働や年金、社会保険におけるプロです。
主な業務は、社会保険の書類作成や申請の代行をおこなうことです。
その他に、労務面からみた経営上の問題点を指摘・改善策の助言をおこないます。

企業の人事・総務で勤務する「勤務社労士」と、独立開業をする「開業社労士」のタイプに分かれます。
取得のために学習した知識は、普段の生活でもとても役立つでしょう。