アイドルになるには?

Tweet Tweetアイドルは10代20代の男女に人気の、人を笑顔にさせる職業です。 アイドルは他に「青春スター(戦後の若い映画俳優・女優の呼び名)」という名称で呼ばれております。 sponsored link 資格広 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルは10代20代の男女に人気の、人を笑顔にさせる職業です。

アイドルは他に「青春スター(戦後の若い映画俳優・女優の呼び名)」という名称で呼ばれております。

sponsored link

資格広場ではアイドルになるには?アイドルなるためには?アイドルになりたいを応援しております。

idool

アイドルってどんな仕事なの?(仕事内容など)

アイドルは、芸能人の分類の1つです。必ずしもそうとは言えませんが、年齢的に若い人や、容姿が優れている人が多いです。ダンス、歌、演技、バラエティ、モデルなど、一人で何役もこなすことができます。社会影響力も凄いので、アイドル本人はプライベートでも言動に気を使う必要があります。仕事内容としては、水着などでのグラビア雑誌、女性アイドルの場合は、モデルと肩を並べてファッション雑誌に出演することもあります。歌番組、バラエティやドラマなどのテレビに出演することもあります。テレビの視聴率が悪くなっている現在でも、テレビの影響力は強いものです。テレビで名が売れると、映画や舞台などの仕事をもらうこともあります。ほとんどのアイドルは、歌とダンスをメインにしたライブを行っています。ある程度売れているアイドルの場合は、CDを出すこともあります。多くのアイドルはこのライブ活動がメインで、ライブ活動を通してファンを増やしていくことになります。ライブ活動の後に、握手会やサイン会を行うこともあります。この握手会やサイン会では、興味を持ってくれたファンをより確実につかむのにとても有効です。ファンの数が増えると、腕も疲れますが、アイドルは笑顔で対応することが求められます。

アイドルになるためには?

アイドルになるには、様々な道があります。一般的には、大手のプロダクションや、アイドルグループのメンバー募集のオーディションに応募します。ある程度の容姿や運があれば、デビュー候補生や研究生、プロダクション直営のスクールのレッスン生になることができます。もちろん、芸能スクールのオーディションに応募することもできます。ですが、スクールに通いながらデビューを夢見ることができるのは中学生頃までと思っていいでしょう。現代のアイドルは低年齢化が進み、若ければ若いほどいいという風潮になっています。何年もアイドルを続けてきて、その結果今20歳を超えたというパターンは多くありますが、20歳でデビューをして成功したという人は中々いません。もし高校生位の年齢でアイドルを目指すのであれば、先程も述べたグループのメンバー募集に応募することをおすすめします。この場合はデビューまでのスケジュールが決まっている事が多々ですし、新規グループのメンバー募集の場合だと、ある程度の常識や協調性をもっていたり、容姿が完成されている即戦力になるメンバーを求めていることもあります。自分の立ち位置や、進みたい方向をしっかり確認して自分が進む方向を決めましょう。

sponsored link

アイドルの他の職業例

アイドルとしてデビューすると、最初は大抵ステージで歌やダンスのパフォーマンスと、握手会やサイン会がメインの仕事になります。グッズやCDの手売りを行ったり、ファンの人と一緒に写真を撮る写メ会というイベントをこなすこともあります。少し名前が売れると、深夜のバラエティ番組やローカル番組に出演することもあります。また、地方のイベントなどに赴いてライブを行うこともあります。このような下積み時代を経験して、CDの販売枚数が増えていくとメジャーデビューへの道が見えてきます。メジャーデビューできるとゴールデンタイムの音楽番組やバラエティ番組の仕事が入ってきます。この時期にしっかりファンと人脈を掴んでおくことが、芸能界で生き残る上で必要です。ある程度芸能界での認知度が高まると、今度はドラマや映画、雑誌への出演依頼も増えてきます。この時期に、アイドルを卒業した後にどのように芸能活動を行っていきたいかを見据えて活動することが大切です。アイドルを卒業した後は、女優やモデルになったり、歌手としてソロデビューすることもあります。最近は自分でファッションブランドを立ち上げるなど、新しい道を模索している元アイドルもいます。

PR

アイドルに向いている人

アイドルへの適性として一番大切なのは、容姿が優れている事が重要です。絶世の美形である必要はありませんが、あまりにも容姿が劣っていては、事務所に所属することもままならないでしょう。また、責任感や努力をいかにできるかも重要になります。責任感がない行動でスキャンダルをおかしてしまえば、自分やグループの芸能活動を途端に不安定にさせます。また、努力ができなければ、パフォーマンスでファンを喜ばせることも、新規ファンを獲得することもできません。歌やダンス、愛嬌といったものは、アイドルという仕事への責任感や努力があれば、かんたんに補えます。

アイドルと同じ分野の他の職業

タレント、モデル、女優、俳優、お笑い芸人、歌手、声優、歌舞伎俳優

アイドルの給料相場

気になるアイドルの年収(給料)ですが、これは上から下まで様々です。給与形態は事務所などによって様々なので、割愛させていただきます。2016年現在で一番メディア露出の多い、AKBグループに所属している売れっ子アイドルの、指原莉乃さんの推定年収は約7000万円になります。AKBグループなどで売れないメンバーの場合は、月収が2桁になれば御の字という感じではないでしょうか。そして給料の少ない、売れていないアイドルの場合は、赤字になることもしばしばあります。赤字になるということは、アイドルの仕事をしていないときはアルバイトをして生計を立てているということです。売れていないアイドルは、ライブのチケットのノルマなどもあります。衣装事務所に提供してもらえればいい方で、酷い事務所では、登録料だけ徴収して、ライブなどの仕事は自分で探させるような詐欺まがいの事務所もあります。その場合は、給料以上に金銭的に損をすることになります。

アイドルの現状

アイドルが崇高な存在として認識されていた1970年代ごろと比較すると、現在は誰でもアイドルを名乗れる時代になりました。アイドル戦国時代とも呼ばれています。多くの人がアイドルとして活動しやすくなった時代ですが、その分トラブルや難しい事も多いようです。ファンと直接触れ合うようなイベントで、傷害事件や殺人事件が起きたこともあります。以前はこのようなアイドルとファンの距離の近さが原因の問題は、地下アイドルに限定されている風潮がありましたが、大手事務所に所属している場合でも関係なく事件は起こっています。また、守ってくれるはずの事務所から暴行を受けるという事件も起きています。

アイドルの将来性

アイドルは一回成功するとその先の活動もうまくいきそうですが、そのようなことはありません。アイドルを卒業した人の7割は芸能界ではない道を選び、就職したり進学したりしています。3割は芸能界に残り活動をしていきますが、そこで息の長い活動をできるのは半数にも満たないでしょう。なので、現在は一部でアイドルを卒業した後のエンターテイメント業界への就職口を斡旋できるような活動も始まっています。

アイドルの独立について

アイドルとして独立することは難しいでしょう。アイドルは芸能界ではいわば半人前の状態です。本人に魅力があるというよりも、グループに魅力があるから仕事が回ってくるということも多々あります。大きい事務所から独立してしまうと、確実にメジャーの仕事は回ってこなくなります。この先も芸能界で活躍したいと思う人は、事務所に不満があっても我慢して所属するというパターンが多く、芸能界に未練がないような人は、芸能界そのものを辞めるようです。

コメントを残す

*

*