美容師資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2016-10-06

美容師 シザー 資格

美容師は、お客様に対してカットやカラーなどを行う仕事です。営業中はかなりハードで、昼休憩も取れない日もあるようです。アシスタント時代は、朝練や営業終了後の夜練などもあり、日付が変わるころに帰宅することも多いようです。


美容師は10代20代の男女が目指せる、人気資格です。
美容師資格取得者は他にもスタイリスト・ヘアスタイリスト・盛り師・カリスマ美容師という名称で呼ばれております。
美容師の資格は「国家資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、美容師になるには?美容師なるためには?美容師になりたいを応援しております。

美容師になるために必要な知識・受験資格


美容専門学校では美容師国家試験に合格するために、学科試験に特化した授業と、実技試験に特化した授業を行います。

学科の授業は、法律や制度はもちろん、ヘアスタイルなどの歴史や、実際に店舗を運営する際の知識についても学ぶことが出来ます。

また、生物化学に通じる皮膚や薬剤の知識を学びます。
実技の授業では、カットやパーマなどについて学びます。

基本的に国家試験で問われる知識や技術は、実際に美容店に就職した際に実用的ではありません

ですが、基本となるものですのでしっかりと腰を据えて学ぶべきでしょう。

美容師の資格は「公益財団法人理容師美容師試験研修センター」が運営管理を行っております。

公益財団法人理容師美容師試験研修センターとは:
公益財団法人理容師美容師試験研修センターは、美容師国家試験を管理運営している団体です。
平成2年に発足しました。試験の管理だけでなく、美容師の登録業務や講習会なども企画実施しています。

美容師 国家 資格

美容師ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

大抵の美容師は美容室で、お客様に対してカットやカラーなどの施術を行います。
カウンセリングを通してお客様の求める髪型を把握し、それに沿ったカラーやパーマなどの施術を行います。

また、お客様と接するサロンワークと呼ばれる仕事以外にも、職位によって職務や責任が異なってきます。
見習いやアシスタントの場合は雑務がメインですが、店長になると、売り上げ管理やスタッフの管理などをサロンワークと同時に行うことになります。

営業時間後の清掃はもちろん、休日に研修や勉強会が頻繁におこなわれており、時間外労働も頻繁にあります。
営業中は昼休憩もなく、トイレに行く時間もない状況が多々あるようです。

店舗の営業時間にもよりますが、朝に出勤し、日付が変わる頃に帰宅する美容師が多いようです。

美容師資格取得の為の勉強法

学科試験はマークシートなので、過去問を解いて答え合わせをして、間違った問題をそのままにしないと言うことが大事になります。

実技試験についてですが、美容専門学校で練習した内容が問われます。

基本的には、学科試験も実技試験も日ごろから真面目に勉強していれば心配する必要はありません。

美容師の専門学校や通信講座について

美容師になるためには専門学校で学ぶのが一番!
日本全国の美容師専門学校が一覧でまとまっています。
気になる専門学校がありましたら、ぜひ気軽に資料請求してみてくださいね。

先ずは無料で資料請求

美容師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

美容師の資格試験料

学科試験と実技試験を両方受験する場合は25,000円で、試験を一部免除する際は12,500円になります。

美容師試験・検定の年間試験回数

試験は年に2回行われています。

学科試験(ペーパーテスト)は3月と9月に、実技試験は1月と8月に行われています。

美容師試験科目等の内容

美容師国家試験の筆記試験は、美容師としてお客様に美容行為を行う際に覚えておくべき制度や法律、衛生や美容に関すること全般が試験で問われる内容になります。

実技試験においては、基礎的な技術と身体やハサミなどを良好な衛生状態で扱えるかが問われます。

美容師資格の難易度

美容師国家試験の難易度は、決して低くはないものとなっています。

美容師国家試験は夏と冬に行われていますが、夏の試験は5割から6割、冬の試験は8割前後となっています

これは夏の試験で不合格だった人が冬に再受験し、合格するというパターンが定型化されているからです。

美容師資格の合格率

平成27年度の冬の試験は、89.1%の人が合格しています。

ですが、夏の試験の場合は50%の合格率の場合もあるようです。
これは、夏に不合格だった学生が冬に合格するパターンが多いからです。

美容師試験の合格発表

美容師試験の合格発表方法は3通りあります。

1つ目は厚生労働省と試験センターに合格者の受験番号が掲示されるのを見に行く方法です。
合格発表日の朝9時に掲示されます。

2つ目は発表日に郵送される合格通知で、合否を確認する方法です。

3つ目が、試験センターのホームページで照会する方法です。
ホームページで確認する場合も、当日朝9時から確認できます。

美容師 資格

美容師資格取得後の就職先・年収・報酬相場

美容師所持者の職業例

美容師、アイリスト(まつげエクステを施術する技術者)、福祉美容師、美容学校教員、ウィッグ専門店などのビューティーカウンセラー

美容師に向いている人

美容師として店舗で働きだすと、まず最初はアシスタントとして数年の下積みを余儀なくされます。

スタイリストとして活躍できるようになるまで、平均的に3年かかるようです。
この約3年が、美容師として一番苦労する時期でなおかつ、一番離職する人が多い時期です。

美容師を目指す人はまず、アシスタント期間を乗り越えられるような我慢強さが必要です。

そしてヘアスタイルは毎年、毎シーズンで流行があります。
新しいヘアスタイルやヘアカラーが頻繁に生まれています。

これらを自ら好奇心をもって学ぶことはもちろん、自分で最先端のスタイルを生み出す気概も求められています。

美容師と同じ分野の他の資格

理容師、ネイリスト、アイリスト、メイクアップアーティスト、スタイリスト、エステティシャン

美容師の年収・給料相場

美容師全体の平均年収は300万円程度です。
アシスタントの場合は低くても手取り10万前後、高くなると17万前後です。

スタイリストになれると、基本給が20万前後、指名や売り上げに対して、手当がつく場合があります。

ある程度経験を積むと、800万前後の年収になります。
スタイリストの中でも売れっ子になると、年に1000万ほど稼ぐ人もいます。

美容師の現状

日本全国の美容室は20万店以上あります。
ですので、美容師免許取得後、就職に困ることはあまりないと考えられます。

近年AI(人工知能)が人間の仕事の多くを奪うと言われていますが、一流のスキルを持った美容師に変わる人工知能を生み出すのは膨大なコストがかかります。
ある程度の年数は安心して美容師として働けるでしょう。

美容師の将来性

日本人そのもののマーケットは縮小傾向にありますが、最近はアジアの観光客がモノだけではなくサービスなどに興味を持ち始めています。

この現象をチャンスにして競争に勝つことが出来れば、さらなる高みに向かうことが出来るでしょう。

美容師の独立について

美容師として独立するには、資金と人材と経営力が必要です。
これは美容師に限らず、独立開業をする人にとっては当たり前のことです。

まず最初に、出店するうえで資金が一番の問題です。
出店する地域にもよりますが、少なくとも300万以上は資金として必要と言われています。

お店にお客さんを継続的に呼ぶために、スキルと高い志を持った従業員も必要です。

また、綿密な戦略を立てて他店と差別化できる魅力を作り、宣伝する必要もあります。

美容師資格を所有している主な著名人

EXILE・TAKAHIRO・奈良裕也・八木岡

先ずは無料で資料請求

【国家資格】公認会計士

無料で資料請求

コメント・口コミ・体験談

  1. にぼいわし より:

    こんにちは、にぼいわしです。まず美容師になろうと決めたのが高校2年生の夏だったなぁ。当時付き合っていた彼女の紹介で人生初めての美容室デビューしました。それまでは通称近所の床屋へ行ってました。その美容室でカリスマに出会い、感動して美容師とはなんぞや!とあらゆる話を聞かせていただき美容師に私はなる!と決意しました。高校卒業後に専門学校へ行きライバルたちと切磋琢磨しました。1発目の驚きが、入学2日目で来なくなったやつ!つまらなそうだから退学したそう…入学金もそこそこするのに!それからの2年間はなにものにも変えがたい学生生活でしたね。技術と座学を両方兼ね備えないと国家資格である美容師免許はいただけないので、死に物狂いまでは行かないまでもかなり頑張った記憶があります。春休み夏休み冬休みがまとまって長いので、そこで頑張れる人が無事試験をパスしていました。就活も終え仕事が始まると同時に修行が始まります。見た目華やかに見える美容師ですが、やる事は職人です。今は美容師免許が無いとお客様に触れられないので、まずは免許ですね。そして、練習練習また練習!師匠のパシリになりながらも食らいついて行くといつのまにか一人前になってるはずです。
    (にぼいわし/青森県在住/30代/男性)

  2. hitoori より:

    小さい頃から美容師になりたくて、高校を卒業と共に実家を出て神奈川で働きながら勉強していました。当時はまだ雑用ばかりで、仕事が終わった後、通信で勉強していたので、決まった提出物を毎月勉強していました。サロンでの仕事もあり、練習もありでしたので、正直大変でしたが、なりたくて勉強していたので頑張りました。専門学校も考えましたが、高卒で採用してくれて、寮もある所を探して面接も受け、働かせてもらえる事になったので、一生懸命に頑張りました。通信を無事に卒業でき、当時は筆記試験からでしたので受けれる時になったら申し込んで、友人と一緒に受けました。勉強を頑張ったせいか、筆記試験は一回で合格できました。当時は筆記試験に合格出来なければ、実技試験が受けれなかったので、何度も受けている人もいました。その後無事に実技試験も一回で合格でき、免許を取る事が出来ました。
    (hit/神奈川県在住/40代/女性)

  3. ゆうこ より:

    美容師免許と言えば誰でも比較的簡単に取れる資格だと思われていますが、中々美容師免許を取るまでの道のりは楽ではありません。先ず、実技と筆記があり決められた点数以上をとる事で美容師免許を取得する事が出来ます。自己流でこの免許を取得する事は出来ないので美容専門学校に行くか美容室で働きながら勉強して取得する方法があります。どちらもそれをしたからといって免許がとれるのではなく受ける資格を得る事が出来ます。実技の試験は毎年何をするかは近くにならないと分からないので沢山の事を勉強しとかないといけません。それにかかる費用も決して安いものではなく揃えるのも大変です。筆記も毎年違う問題が出てくるので色々勉強しておかないといけません。筆記の難易度は確かにそこまで高くはありませんが、実技もあるので中々勉強する時間が減ってしまうので筆記で落ちてしまう人もいます。美容師はチャラいイメージを持っている人もいますが、実はとても頑張り屋な人が得られる資格だと思います。
    (ゆうこ/愛媛県在住/30代/女性)

コメントを残す

*

*