プロボウラーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

プロボウラー 資格

プロボウラーはプロテストは結構大変ですが、合格すれば自分の趣味を仕事に生かせることができ、しかも収入を得ることが出来るのでボウリングが好きな人にはとても向いている資格です。さらに大会で賞金を稼げばより収入を得られるので素晴らしいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロボウラーは幅広い年齢層の男女が目指せる、ボウリングのプロフェッショナル職業です。
プロボウラーの職業は他にもプロのボウリング選手と呼ばれております。
プロボウラーに「なるには」についてご紹介してまいります。

sponsored link

資格広場は、プロボウラーになるには?プロボウラーになるためには?プロボウラーになりたいを応援しております。

プロボウラー

プロボウラーってどんな仕事?(仕事内容など)

プロボウラーが出場する大会に参加したり、時にはボウリングのイベントを行い、ボウリングを普及する活動も行っています。さらにたまにだとは思いますが、ボウリング場で一般のお客様に対して指導をしたりもしています。

プロボウラーになる為の勉強法

筆記試験はマルバツ式と記述式が併用で出題され、一般常識(漢字の読み書き、社会・経済問題、簡単な計算)が40点、ボウリングに関する問題が60点分出題されるので、一般常識・ボウリングに関する問題共にそのような本を書店などで購入したり、ネットで検索して問題を解いて暗記すれば問題ないと思います。記述式はボウリングの本を見て「こうなるのはこうなるから」というのが書かれてあったらそれを中心的に覚えるようにすれば良いと思います。

プロボウラーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

プロボウラーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

プロボウラーの学歴

現在調査中

プロボウラーの勤務時間

現在調査中

プロボウラーに必要なスキルや機材

現在調査中

プロボウラーのやりがい

現在調査中

プロボウラー苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR



プロボウラー

プロボウラーの年収・将来性・独立について

プロボウラーに向いている人

ボウリングが好きでよくボウリング場に足を運ぶ人や腕の筋肉がある人、あと意外ですが不器用な人は向いているそうです。あとリズム感やバランス感覚が優れている人も向いているそうです。

プロボウラーと同じ分野の他の職業

ボウリングの知識を教えたり技術を指導出来るインストラクターや、協会公認の競技会における審判員の資格であるJBC公認審判員、使用ボールの認証検査を実施するJBC公認ボール検査員、そして日本体育協会公認のスポーツ指導者資格があります。

プロボウラーの年収・給料相場

大会で優勝しない限りは20代の1ヶ月あたりの平均の給料が25万くらい、30代だと35万くらい、40代だと40万くらいになっています。年齢を重ねるごとに増える傾向にあります。もし国内の大会で優勝したら多くて300万、アメリカの大会で優勝したら500~2000万もらえるそうです。ちなみに初任給は10万円からになっています。

プロボウラーの現状

2016年7月末現在で、プロボウラーの在籍数は1141人にのぼり、男性の方が女性の2倍くらいの数になっています。スカイAなどでボウリングの大会の中継や再放送が観れたり、東京や大阪、名古屋、福岡などの都市圏のボウリング場ではプロボウラーが出場する大会が開かれています。

プロボウラーの将来性

人が外に出て交流をする機会が減った今、戦後栄えたボウリングなどのスポーツが衰退しつつあります。ですがボウリングが面白くなるようなアイデアが出れば、戦後栄えた時みたいに復活するかもしれません。プロボウラーまたは本気でプロボウラーを目指している人たちがボウリングが面白くなるような工夫をすれば今よりもっと人が増えて、将来性も格段にアップすると思います。

プロボウラーの独立について

プロボウラーとして独立するには、公認A級又はマスターインストラクターくらいのインストラクターになる必要があります。プロボウラーになってから最低8年はかかりますが、頑張るしかないと思います。さらに数々の大会で賞金を稼ぎ、お金を貯めておく必要があります。施設を建てたりするお金や人件費はすごくかかりますが、実際に独立している人もいるようです。

プロボウラーの主な著名人

実際にその資格を持っているタレントさんなどはいないようですが、中山秀征さん、中日ドラゴンズの元監督の落合博満さんなどはプロボウラーの試験を受けたことがあるそうです。

コメントを残す

*

*