プロボウラー

プロボウラー 資格

Tweet Tweetプロボウラーは幅広い年齢層の男女が目指せる、ボウリングのプロフェッショナルです。 プロボウラーは他にはプロのボウリング選手という名称で呼ばれております。 資格名:プロボウラー 目次1 プロボウラーの […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロボウラーは幅広い年齢層の男女が目指せる、ボウリングのプロフェッショナルです。

プロボウラーは他にはプロのボウリング選手という名称で呼ばれております。

資格名:プロボウラー

プロボウラーの資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場ではプロボウラーになるには?プロボウラーなるためには?プロボウラーになりたいを応援しております。

プロボウラーになるために必要な知識

漢字の読み書きなどの一般常識はもちろん、ボウリングのルールや必要な道具、スコアの見方、用語などボウリングをするために必要な知識も必要になります。

プロボウラーの資格は「日本プロボウリング協会」が運営管理を行っております。

日本プロボウリング協会とは:

日本プロボウリング協会は、プロボウラーが出場する大会を主催したり、ボウリング施設の売上金の一部を義援金として被災地に届けたりしています。

プロボウラー なるには

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

プロボウラーってどんな仕事なの?(仕事内容など)

プロボウラーが出場する大会に参加したり、時にはボウリングのイベントを行い、ボウリングを普及する活動も行っています。さらにたまにだとは思いますが、ボウリング場で一般のお客様に対して指導をしたりもしています。

プロボウラー資格取得の為の勉強法

筆記試験はマルバツ式と記述式が併用で出題され、一般常識(漢字の読み書き、社会・経済問題、簡単な計算)が40点、ボウリングに関する問題が60点分出題されるので、一般常識・ボウリングに関する問題共にそのような本を書店などで購入したり、ネットで検索して問題を解いて暗記すれば問題ないと思います。記述式はボウリングの本を見て「こうなるのはこうなるから」というのが書かれてあったらそれを中心的に覚えるようにすれば良いと思います。

プロボウラーの試験料・試験の内容・合格発表について

プロボウラー資格試験料

プロテストの試験料は10万円です。ただし前年、2次テストで不合格になった人は7万円、3次テストで不合格になった人は1万円となります。これらの受験料は受験申請書と共に現金で協会事務局に納付しないといけません。

プロボウラー試験・検定の年間試験回数

年間に1回しかありません。ちなみにプロテスト会場は、1次テストは東日本が静岡・山梨・長野・新潟を含めた東側の都道県で東京の会場、西日本が東日本以外の県で兵庫・大阪の会場になります。2次テスト以降はその前のテストが終わった際に示達されます。

プロボウラーの試験科目等の内容

1,2次テストが実技試験で共に4日間行われ、1,2次テスト共に男子は1日15ゲームを4日間投げ続けて200アベレージ以上、女子は1日12ゲームを4日間投げ続けて190アベレージ以上獲得しないといけません。ただし、1次テストの最初の2日間で男子は190、女子は180を超えていないとこの時点で不合格になります。3次テストは筆記試験と面接及び身体検査が行われ、筆記試験は100点満点中60点以上、面接及び身体検査は特に問題がなければ合格となり、プロテストに合格という事になります。

PR

プロボウラー資格の難易度

偏差値で表すと60、つまり普通ぐらいだそうです。ですが合格率が半分もないので、難しいと思っておいた方が良いでしょう。

プロボウラー資格の合格率について

免除者を除いた合格率は。男子は10〜20%、女子は40%くらいです。男女全体の合格率は、35%くらいです。

プロボウラー試験の合格発表

3次テストが終わったら、プロテストの合格者が発表されます。合格後はすぐ入会手続きを行い、C級インストラクター講習会に参加します。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま高校生限定で図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です! 大学の無料パンフレット・願書などをまとめて7校以上請求するだけで、 全員に500円分の図書カードがプレゼントされます!!! 気になる大学の資料を請求して、自分の本当に行きたい大学を見つけましょう! ↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 大学資料請求キャンペーンページへ 】
sponsored link

プロボウラー資格取得後の傾向

プロボウラーの職業例

プロボウラーになるのが一般的です。ですが一般的なサラリーマンほど給料をもらう人は少ないのが現状で、ほとんどの人がレッスン料とその他の報酬で生計を立てています。

プロボウラーに向いている人

ボウリングが好きでよくボウリング場に足を運ぶ人や腕の筋肉がある人、あと意外ですが不器用な人は向いているそうです。あとリズム感やバランス感覚が優れている人も向いているそうです。

プロボウラーと同じ分野の他の資格

ボウリングの知識を教えたり技術を指導出来るインストラクターや、協会公認の競技会における審判員の資格であるJBC公認審判員、使用ボールの認証検査を実施するJBC公認ボール検査員、そして日本体育協会公認のスポーツ指導者資格があります。

プロボウラーの給料相場

大会で優勝しない限りは20代の1ヶ月あたりの平均の給料が25万くらい、30代だと35万くらい、40代だと40万くらいになっています。年齢を重ねるごとに増える傾向にあります。もし国内の大会で優勝したら多くて300万、アメリカの大会で優勝したら500〜2000万もらえるそうです。ちなみに初任給は10万円からになっています。

プロボウラーの現状

2016年7月末現在で、プロボウラーの在籍数は1141人にのぼり、男性の方が女性の2倍くらいの数になっています。スカイAなどでボウリングの大会の中継や再放送が観れたり、東京や大阪、名古屋、福岡などの都市圏のボウリング場ではプロボウラーが出場する大会が開かれています。

プロボウラーの将来性

人が外に出て交流をする機会が減った今、戦後栄えたボウリングなどのスポーツが衰退しつつあります。ですがボウリングが面白くなるようなアイデアが出れば、戦後栄えた時みたいに復活するかもしれません。プロボウラーまたは本気でプロボウラーを目指している人たちがボウリングが面白くなるような工夫をすれば今よりもっと人が増えて、将来性も格段にアップすると思います。

プロボウラーの独立について

プロボウラーとして独立するには、公認A級又はマスターインストラクターくらいのインストラクターになる必要があります。プロボウラーになってから最低8年はかかりますが、頑張るしかないと思います。さらに数々の大会で賞金を稼ぎ、お金を貯めておく必要があります。施設を建てたりするお金や人件費はすごくかかりますが、実際に独立している人もいるようです。

こんな著名人の方もプロボウラー資格を持ってます。

実際にその資格を持っているタレントさんなどはいないようですが、中山秀征さん、中日ドラゴンズの元監督の落合博満さんなどはプロボウラーの試験を受けたことがあるそうです。

コメントを残す

*

*