スポーツ系資格一覧

ウォーター・ライフセーバー

ウォーター・ライフセーバーは20代30代の男女に人気の、人助けに貢献できる資格です。

資格名:ウォーター・ライフセーバー

ウォーター・ライフセーバーの資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場ではウォーター・ライフセーバーになるには?ウォーター・ライフセーバーなるためには?ウォーター・ライフセーバーになりたいを応援しております。

ウォーター・ライフセーバーになるために必要な知識

ライフセービング概論で水辺に関する知識、水辺での救助法、応急手当、蘇生法、サバイバル・スイムの講習を受けるので事前に必要な知識はあまりないと思います。

ウォーター・ライフセーバーの資格は「特定非営利活動法人日本ライフセービング協会」が運営管理を行っております。

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会とは:

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会は、ウォーターライフセーバーになるための講習を行っています。

ウォーター・ライフセーバー なるには

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

ウォーター・ライフセーバーってどんな仕事なの?(仕事内容など)

海水浴、釣り、サーフィン、磯遊び…。楽しいはずのレジャーの中で、ちょっとした不注意や油断によって引き起こされる事故で、命を落としたり行方不明になってしまうケースがあります。ライフセーバーは、水辺の事故をなくすことを目的に活動を行い、事故を未然に防ぐための監視や指導、おぼれた人の救助などを行います。また、ライフセービングを広く一般に普及させる役割も担っています。

ウォーター・ライフセーバー資格取得の為の勉強法

水辺における活動やアクアスポーツ等の中で自らの安全を確保し、ライフセービングの最も基礎となる知識と技術を備え、事故防止に積極的に努めていく人材を養成することを目的にした講習をしっかり受けることが一番の勉強法です。講習は7時間×5日間になっています。

ウォーター・ライフセーバーの試験料・試験の内容・合格発表について

ウォーター・ライフセーバー資格試験料

23000円(日本ライフセービング協会登録料含む)です。少し高くはなっていますが、登録料も含まれています。

ウォーター・ライフセーバー試験・検定の年間試験回数

JLA ACADEMY資格認定講習会はJLAが主催する場合と、全国各地のライフセービングクラブ等が主催する場合がありますのでさまざまです。

ウォーター・ライフセーバーの試験科目等の内容

年齢15歳以上(中学生を除きます)400メートルを10分以内、50メートルを50秒以内、潜行15メートル、立ち泳ぎ2分ができる泳力があることが受験資格になっており、年に数回(10~3月)講習時間が35時間です。7時間✕5日です。ライフセービング概論で水辺に関する知識、水辺での救助法、応急手当、蘇生法、サバイバル・スイムの講習を受けます。

ウォーター・ライフセーバー資格の難易度

受講条件を満たしている場合に受講する事によって資格取得が出来る為、難易度は低いと思います。

ウォーター・ライフセーバー資格の合格率について

受講条件を満たしている場合に受講する事によって資格取得が出来る為、合格率の明記はありません。

ウォーター・ライフセーバー試験の合格発表

日本ライフセービング協会HP内にて合格発表が行われています。

sponsored link

ウォーター・ライフセーバー資格取得後の傾向

ウォーター・ライフセーバーの職業例

検定に合格すると、JLAから認定証が発行される。資格取得後、各地のライフセービングクラブに入会すれば、活動ができる。講習会受講生は大学生が多く、男女比は6:4。社会貢献を目指して受講する人が多く、ボランティアで活動する人もいます。

ウォーター・ライフセーバーに向いている人

水辺でおぼれた人の人命救助や、事故防止のための監視などを行なうので人助けが好きな人。ボランティアが好きで社会に貢献したい人などがウォーター・ライフセーバーにむいているでしょう。

ウォーター・ライフセーバーと同じ分野の他の資格

ベーシックサーフライフセーバー、アドバンスサーフライフセーバー、プールライフガーディング、

ウォーター・ライフセーバーの給料相場

一般的に、海水浴場などのガードに従事する場合には役職・資格により変動がありますが日給6000~10000円前後です。

ウォーター・ライフセーバーの現状

ライフセービングは「溺れた人を救う」という救助活動から、溺れない安心な環境をマネジメントすることを重点課題としています。実際の溺水事故例の分析から、人間の危険な行動という人的要因と自然(海浜状況)という環境要因を知り、監視ポイントを明確に学びます。また万一の危険な状態の人に対する救助技術や、応急手当の実践的技能を習得します。全国の海水浴場に対し、日本ライフセービング協会認定のサーフライフセーバーが活動する数は、まだまだ不足しているのが現状です。

ウォーター・ライフセーバーの将来性

ライフセーバーの活動は大きく分けて二つあり、ひとつは事故が起こった祭の救助活動、もうひとつは事故を未然に防ぐ為の浜辺の環境整備や海の状態の監視、海水浴客への注意指導などです。基本的には事故が起こらないほうが理想ですので、後者に力を入れるべきとされています。

ウォーター・ライフセーバーの独立について

ボランティアですることが多いのと、海水浴場などのガードに従事する場合なので独立はないでしょう。

こんな著名人の方もウォーター・ライフセーバー資格を持ってます。

飯沼誠司・三浦貴大

関連記事

  1. スポーツ系資格一覧

    グループエクササイズフィットネスインストラクター

    グループエクササイズフィットネスインストラクターは20代30代の男女に…

  2. ハングライディング 技能 資格

    スポーツ系資格一覧

    日本ハンググライディング技能証

    日本ハンググライディング技能証は幅広い年齢層の男女に人気のある、趣味を…

  3. スポーツ系資格一覧

    スポーツプログラマーになるには

    スポーツプログラマーは幅広い年齢層の男女が目指せる、達成感を得られる資…

  4. プロボウラー 資格

    スポーツ系資格一覧

    プロボウラー

    プロボウラーは幅広い年齢層の男女が目指せる、ボウリングのプロフェッショ…

  5. フィッシング 海上安全指導員 釣り 資格

    スポーツ系資格一覧

    フィッシング海上安全指導員

    フィッシング海上安全指導員は幅広い年齢層の男女が好きなことを仕事にでき…

  6. 審判員 空手 指導員 資格

    スポーツ系資格一覧

    空手公認審判員・空手公認指導員

    空手公認審判員・空手公認指導員は空手が好きな男女に人気のある資格です。…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP