宅地建物取引士 資格

建築・土木系・インテリア系資格一覧

宅地建物取引士

宅地建物取引士は幅広い年齢層の男女に最も人気な国家資格です。

宅地建物取引士資格取得者は他には宅建士という名称で呼ばれております。

資格名:宅地建物取引士

宅地建物取引士の資格は「国家資格」です。

sponsored link

資格広場では宅地建物取引士になるには?宅地建物取引士なるためには?宅地建物取引士になりたいを応援しております。

宅地建物取引士になるために必要な知識

宅地建物取引士試験に合格しただけではただの「宅地建物取引士試験合格者」であって、宅地建物取引主任者にはなることができません。実務経験を2年積むか、不動産流通促進センターで実習を受けなければ取引士証はもらえないので注意が必要です。また、合格後1年経過してしまうと「法定講習」が必要になるので、合格後はすぐに資格登録手続きをした方がいいでしょう。

宅地建物取引士の資格は「一般財団法人不動産適正取引推進機構」が運営管理を行っております。

一般財団法人不動産適正取引推進機構とは:

一般財団法人不動産適正取引推進機構は、宅地建物取引士の試験の運営や事務を各都道府県知事から委託されている団体です。

宅地建物取引士 宅建士 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

宅地建物取引士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

土地や建物の売買、アパートの賃貸契約の際取引相手に“重要事項説明”を説明することが義務付けられています。この説明を行えるのが宅地建物取引士です。不動産業は高額かつ複雑な権利関係が生じます。より知識をもった専門家が介入することで不当な取引や契約が行われるのを防ぐことを目的としています。また不動産業を営む際には、事務所ごとに最低1人、大きな事務所では5人に1人の割合で有資格者を配置しなければならないと決められています。

宅地建物取引士資格取得の為の勉強法

試験はマーク方式で行われます。合格するのにとても難しいと有名な資格の一つですが、出題される問題はパターン化されていますので絶対に落としてはいけないポイントさえ押さえることができれば十分に合格できる資格といえます。より多くの過去問を解いて、よく出題されている問題をしっかり理解することが大切です。

宅地建物取引士の試験料・試験の内容・合格発表について

宅地建物取引士資格試験料

試験料は7,000円です。インターネットで受験を申し込んだ場合はクレジットカード決済かコンビニ決済となります。その場合はプラスして事務手数料が257円別途かかります。郵送の場合は振替用紙にて銀行か郵便局で支払いになります。

宅地建物取引士試験・検定の年間試験回数

試験は年に1回、10月の第3日曜日に行われます。合格発表は試験日から45日後に発表されます。

宅地建物取引士の試験科目等の内容

宅地建物取引士試験の試験時間は2時間で問題数は50問出題されすべて4択から1つ選ぶ選択方式です。出題される分野は大きく分けて4つに分かれており、宅建業法が20問、民法などが14問、法令上の制限が8問、税金等に関する問題が8問出題されます。その中でも宅建業法は資格取得後も仕事で使う分野で、比較的取り組みやすいので落とすことなくしっかりと勉強しましょう。

宅地建物取引士資格の難易度

宅地建物取引士試験はとても人気のある資格で毎年25万人前後の人が受験をします。受験する年によって合格点は前後しますが、50点中約7割である35点前後の正答で合格できると言われています。

宅地建物取引士資格の合格率について

平成27年度の宅地建物取引士試験の合格率は15.4%、それ以前の合格率もおおよそ16%前後となっています。

宅地建物取引士試験の合格発表

宅地建物取引士試験の合格発表方法は3通りあります。1つ目は各都道府県の指定された場所での掲示で知る方法です。指定場所は受験の際に案内があります。2つ目はインターネットによる確認方法です。不動産適正取引推進機構のホームページ上で合格した受験者番号を確認することができます。3つ目は郵送での合格通知書を待つ方法です。合格発表の当日に発送されるので翌日以降に手元に届きます。

sponsored link

宅地建物取引士資格取得後の傾向

宅地建物取引士の職業例

不動産経営、建築業、デベロッパー、銀行員

宅地建物取引士に向いている人

不動産の専門用語やむずかしい知識を、誰にでもわかりやすく説明するのが宅地建物取引士の仕事でもあるので、物事を論理的に考えられる人は宅地建物取引士に向いていると言えます。また、不動産は高額商品となることが多く、生活や仕事の拠点として求めることが多いことから接客や交渉が嫌いではない人もまた宅地建物取引士には向いているでしょう。

宅地建物取引士と同じ分野の他の資格

不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士・マンション管理士・管理業務主任者

宅地建物取引士の給料相場

宅地建物取引士の給料・年収ですが、一般的な「不動産屋さん」の求人ですと300〜400万円程度で普通のサラリーマンと何ら変わりありません。ただ勤続年数が長くなればそれに比例してもらえる額も増える場合もあります。また、不動産業界ではインセンティブ制(歩合制)を設けていることが多く、コンサルタント系不動産会社などでは1000万円近く稼いでいる人も中にはいます。また、資格手当がつく会社がほとんどでおおよそ1万円~3万円ほどの手当てがつきます。それだけで年収が12万円~36万円変わってきますので、収入に大きな幅がある資格だと言えます。

宅地建物取引士の現状

不動産業界では持ってて当たり前の資格になるため、資格だけあっても重宝される人材ではありません。また不動産業は景気に振り回されるることが多く、その変動が他の業過に比べて大きいことが言えます。景気に振りまあされないためにも、マンション管理士や不動産鑑定士など他の資格を取得し、勤めている企業でなくてはならない人材になることが大切となります。

宅地建物取引士の将来性

土地や建物の取引の需要は今後の日本でも一定してあると見込まれます。少子高齢化や人口減少社会が進んでいますが、住むということは人が暮らしていくことに必要不可欠であり、時代によらず人々の需要が安定しやすいという特徴があると言われています。

宅地建物取引士の独立について

宅地建物取引士の取得後、すぐに独立・開業する人は少ないようです。まずは数年は主任者として企業で働き、ノウハウをなどを学んだあとに起業・独立する人が多い傾向にあります。その理由としては、資金面と独立するにあたっての外部とのかかわり(コネ)が重要になるためだと言われています。

こんな著名人の方も宅地建物取引士資格を持ってます。

木下博勝、なかやまきんに君、石坂浩二

関連記事

  1. 建築・土木系・インテリア系資格一覧

    インテリアコーディネーター

    インテリアコーディネーターは20代、30代、40代の男女が目指せる、主…

  2. 建築・土木系・インテリア系資格一覧

    一級建築士

    1級建築士は20代30代の男女が対象の、自分のアイデアを組み込めるクリ…

  3. 建築・土木系・インテリア系資格一覧

    測量士になるには?

    測量士は幅広い年齢の男女が目指せる、土地家屋調査士を受験する方のための…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP