デイトレーダーになるには?仕事内容、必要な機材・環境、適性等

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.10.27

公開日:2016.12.05

儲かる副業として有名な「デイトレーダー」ですが、一体その実態はどのようなものなのでしょうか。パソコンに1日中張り付いていなければいけないのか、失敗してしまったら多くの借金を抱えなければいけないのかなど、多くの疑問に答えます。


デイトレーダーは幅広い年齢層の男女が目指せる、副業として人気の職業です。
デイトレーダーの職業は他にも相場師、スイングトレード、カリスマトレーダー、日計り筋、トイレトレーダー、投機家と呼ばれております。
デイトレーダーになるにはなにが必要なのかというポイントについてご紹介してまいります。

資格広場は、デイトレーダーになりたいを応援しております。

デイトレーダー

デイトレーダーってどんな仕事?(仕事内容など)

デイトレーダーとは、個人投資家の中でも、1日の中で株の売買を完結させる短期の株売買方式を行って利益を得ている人のことを指します。

個人投資家はそれぞれ様々な投資スタイルで利益を得ていますが、その中でもデイトレーダーは個人投資家の半数を占める割合で存在していると言われています。もちろん、デイトレーダーの中でも様々な投資スタイルがあると思いますが、1日完結型の投資スタイルとインターネットの普及による投資へのハードルの低下で、多くの人が手軽にデイトレードに挑戦しています。手軽に挑戦できる反面、自分との闘いでもあり、心理的負担やストレスは相当なもので、デイトレードに挑戦して損をしていなくても辞めてしまう人も多いようです。


デイトレーダーの生活・労働時間・学歴・苦労ついて

では早速、デイトレーダーの生活についての詳細を追っていきましょう。

労働時間、必要な機材・環境、また苦労などについてもみていきたいと思います。

デイトレーダーの生活・労働時間

株式市場では、9時~11時という午前の2時間と、12時30分~15時という午後の約2時間30分に限り、取引可能となっています。合計で4時間30分の間、株の売買を行えるというわけですね。

サラリーマンやフルタイムで働かれている方にとっては難しそうですね。

また、FX市場は土日を除く24時間で市場が開いておりますので、FX利用してのデイトレーダーは、1日中好きな時間帯に活動することが可能です。

デイトレーダーに必要な機材・環境とは

デイトレーダーになるために必要なのは、ネット証券口座・インターネット回線につながれているパソコン・資金です。最低限必要なこれらがあればすぐにデイトレードを始めることが出来ます。

もっと作業し易い環境にするのであれば、パソコンやモニター(ディスプレイ)を数台用意するといいでしょう。1つのディスプレイでチャートを表示させ、もう一つは瞬時に株の売買が出来るように、ネット証券口座の画面を出しておきます。できればもう一つディスプレイを用意して、新しい情報を常時探せるように検索画面を出しておくのもいいでしょう。

デイトレーダーとしてやっていくには、先ほど説明した道具の他に、自分だけの厳格な投資ルールも必要です。デイトレードにおいて良くないのは、感情的になって取引をしてしまうことです。負けてしまいそうな雰囲気の時にやけどをしない程度で引き上げることが出来るか、「なんとかなるのではないか」というような根拠のない楽観的な考えをどのくらい捨てて冷静に考えられるかが重要です。

デイトレーダーになるための専門学校や通信講座について

株式投資に関する通信講座や、セミナー、勉強会などが開催されているようです。ただし、中には疑いを抱くべきセミナーなどがあるのも現実です。高額な参加費や年会費、違約金などを徴収されるようなセミナーには気をつけましょう。

株式投資は常にリスクと隣り合わせにあります。「必ず稼げる」「必勝法」などは本来ありえないのです。そのことを念頭に、信頼できる講師、セミナーかどうかをよく見極めることが重要です。

デイトレーダーの学歴

デイトレーダーは資格ではありませんので、学歴、年齢による制限は一切ありません。

デイトレーダーのやりがい

やはり収入面でのやりがいが大きいようです。デイトレーダーに限らず、株式投資とはうまくいった場合、わずかな手数料はひかれるものの、残りは全て自分の利益となります。市場の動きを把握し、値動きの読みがあたれば、その分稼ぐことができるからです。

ということは、大きく稼げる半面大きな損失を生んでしまう可能性にも繋がります。まさにハイリスクハイリターンな職業ともいえるでしょう。

デイトレーダー苦労、大変なこと

上述のとおり、値動きが予想通りにいかず、大きな損失を生んでしまうかもしれないという点で、ストレスや苦労を感じることも多いと思います。100万円稼ぐ人がいるということは、どこかで100万円の損失を背負う人がいるということです。

また、デイトレーダーは1日単位での売買を行うと説明いたしましたが、値動きによっては分、秒による売買も行わなければなりません。じっとパソコンやモニターの前に張り付くことになるため、孤独を感じたり、精神的苦痛を感じる場合もあるかもしれません。

国家資格バナー

PR



デイトレーダー

デイトレーダーの年収・将来性・独立について

さて、ここからは実際にデイトレーダーとして活動する際に重要なポイントについてご説明いたします。

活躍の場や適性、気になる年収相場などについてもまとめましたのでご覧下さい。

デイトレーダーに向いている人

冷静で、自分の気分転換方法を知っている人が向いているでしょう。デイトレードはお金が関わっているので「損したくない」「儲かりたい」という思いから、冷静な判断ができなくなりがちです。感情的な株取引は上手くいきません。また、長時間ひとりでパソコンのディスプレイを見ることが多いのがデイトレーダーです。ストレスはもちろん、孤独感にさいなまれることもあるそうです。そのような時に、うまく気分転換出来る人だと、長続きするでしょう。

デイトレーダーと同じ分野の他の職業

証券アナリスト、証券外務員、トレーダー、国際公認投資アナリスト、機関投資家、外国人投資家

デイトレーダーの年収・給料相場

月に1万円稼ぐ人がいれば、1日に数十万、年間1億円稼ぐ人がいたり、逆に1年で1億円のマイナスを負う人がいるというのが現実です。

要するにデイトレーダーの給料は、「自分次第」です。デイトレーダーは株の売買で儲かった分だけ自分の給料、生活費になります。

自分なりの勝ち方を見つけて継続的に結果を出している人であれば毎月の生活に不自由ない程度のお金が入ってきますが、闇雲に検討をつけたり、感情に任せて売買を行っているようだと、生活費どころか資金が底をついてしまうこともあります。

デイトレーダーの現状

デイトレードはインターネット回線とパソコンと資金があれば簡単に始められるので、多くの人がデイトレードを行っていますが、それで儲かっていると言えるのは全体の1割で、残りの9割の人は損をしていると言われています。また、現在の世界情勢の不安定さから、株価の変動は大きくなることのほうが多いようです。その分勝って儲かるチャンスもありますが、それと同様に負けて損する可能性もあります。また、借金をして投資をする人もいますが、損した時のリスクがかなり大きいので慎重に考えてから行うべきでしょう。また、副業としてデイトレーダーをしている人もいます。時間を捻出するのが難しく、副業であり心理的負担が大きいデイトレードの方を最終的に辞める人も多いようです。

デイトレーダーの将来性

将来的に株式市場として、デイトレーダーが投資を行いやすい環境になるかというと、それは難しいかもしれません。アルゴリズムの発展や情報の伝達速度が早くなり、多くの人が株式投資に手を出しやすくなるほど、デイトレーダーとして買って儲けていくのは難しくなるでしょう。また、先行きの不透明な世界情勢も不安要素の1つです。ですが、最近の風潮であるように、毎日会社へ決まった時間に通勤する現在の働き方が見直されて投資への時間を捻出しやすくなり、心理的負担、身体的負担、ストレスは和らぐかもしれません。

デイトレーダーの独立について

デイトレーダーは個人事業主と同じようなものです。なので、デイトレーダーとして独立するというよりもデイトレーダーになった時点で独立しています。なので、所得税や住民税も全て自分で申告、納税しなくてはなりません。デイトレーダーとしてコンスタントに稼いでいくのは最初は難しいですが、それでも事務的な手続きを怠ってはいけません。逆に知り合いのデイトレーダー数人で会社を立ち上げ、そこで情報を教え合ったりと、協力しながらそれぞれ個人で取引をする人もいるようです。

デイトレーダーの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*