調理師

調理師 コック 資格

調理師の資格はホテル、旅館、飲食店などの公共施設でプロとして調理業務に携わる際に必須となる国家資格です。調理師の資格は日本料理、西洋料理、中国料理、製菓などの分野に分かれます。試験は筆記試験のみで実務経験などの受験資格は課せられません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調理師は幅広い年齢層の男女が目指せる、食のスペシャリスト仕事です。
調理師は他にもシェフ、コックと呼ばれています。

sponsored link

調理師

調理師ってどんな仕事?

ホテル・旅館をはじめ飲食店などの公共施設でプロとして調理業務を行うのが調理師です。分野別には、日本料理、西洋料理、中国料理、製菓などに分けられます。調理師の免許保持者は社会から職業人としての評価を受けられますが、どんな料理の名人でも、筆記試験に合格して資格を取得しなければ調理師という名称は使えません。高校卒業後、厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業すれば、業務経験がなくても無試験で資格を取得できます。また中学卒業の場合は、指定施設で調理業務を2年以上行い、都道府県が実施する調理師試験を受験する方法があります。 

調理師になるためには?

調理師免許はマークシート方式の試験です。参考書を何度も読み、どこが出題されても完璧に答えられるようにしておきましょう。また、日々の生活から得られる知識もありますので常にアンテナを張ることで覚えることはだいぶ減ります。メークシート方式ですので、過去問題への取り組みは大切となります。何年分も解いてみると、必ず毎年出題されている内容がみられますのでしっかり理解して、得点を落とさないようにしましょう。

調理師の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

sponsored link

調理師

調理師の仕事例・報酬相場

調理師の他の職業例

調理師、料理人、寿司職人、食品衛生責任者

PR

調理師に向いている人

調理師に向いている人はやはり第一に「人に料理を提供することが好きな人」です。自分の作った料理を提供してお客様に喜んでもらうことで感動ややりがいを得られることが多いため、何も感じない方は向いているとは言えないでしょう。そのほかにもより良い食材を選べる人、衛生面で気配りがしっかりできる人、新しいレシピや今注目の食材のリサーチなど研究熱心な人にもまた調理師は向いているでしょう。

調理師と同じ分野の他の職業

管理栄養士、ふぐ調理師、船舶料理士、食品衛生 責任者、食品衛生監視員、食鳥処理衛生管理者

調理師の給料相場

調理師免許が必要な職業は、就職する地域等にもよりますがおおよそ15万~21万円前後が多いようです。「見習い期間」の場合の給料はもっと下がり10万円前後という場合もある為、一人前になりたいという強い意志と志がないと続けていくのは難しいでしょう。年収は経験を積むことで上がっていくというわけでもなく、30代では300万円、40代では400万円ほどが平均のようです。実力をつけて料理長、板長クラスまでになれば年収1000万円クラスになることもあります。

調理師の現状

長い拘束時間や低い給料、休みは週一等過酷な勤務体制が理由で退職を考える人も多いようです。最終的に独立を目指すのであれば見習い期間に対する考え方も変わりますが、雇われを希望する人にとっては過酷ともいえる仕事です。

調理師の将来性

外食産業が発展している今、調理師の需要がなくなることはないでしょう。ですが、冷凍食品の発展やコスト競争など調理師をとりまく環境は年々悪くなっています。他にも高齢化により老人ホームやディサービスといった施設がが増えてますので、飲食店だけでなく食事の用意が必要な施設での活躍もできます。

調理師の独立について

調理師は開業・独立ができるお仕事です。飲食店は資金さえあれば比較的開業しやすい業界ですが実際に生き残るには難しいといえるため、事前に経営学について学ぶ必要があります。看板メニューの創作や同業者との差別化をしっかり考えることが大切です。また、世界各地で日本食はの人気が高まっています。視点を海外に向けて活躍の場を広げることも一つの方法です。

コメントを残す

*

*