調理師 コック 資格

食・調理・栄養系資格一覧

調理師

調理師は幅広い年齢層の男女が対象の、食のスペシャリストの資格です。

調理師資格取得者は他にはシェフ、コックという名称で呼ばれております。

資格名:調理師

調理師の資格は「国家資格」です。

sponsored link

資格広場では調理師になるには?調理師なるためには?調理師になりたいを応援しております。

調理師になるために必要な知識

調理師免許は、専門学校に1年以上通うことで無受験で資格を取得することができます。また、学校へ通わなくても飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師免許試験で合格することができれば免許の取得は可能です。どちらにしても就職すれば同じ「見習い」から始めるので、飲食店で実務経験をしどのような仕事なのかを見極めてから取得に向けて行動しても遅くはないと言えます。

調理師の資格は「公益社団法人調理技術技能センター」が運営管理を行っております。

公益社団法人調理技術技能センターとは:

公益社団法人調理技術技能センターは、調理師の試験を実施運営している、厚生労働省から指定された団体です。

調理師 コック 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

調理師ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

ホテル・旅館をはじめ飲食店などの公共施設でプロとして調理業務を行うのが調理師です。分野別には、日本料理、西洋料理、中国料理、製菓などに分けられます。調理師の免許保持者は社会から職業人としての評価を受けられますが、どんな料理の名人でも、筆記試験に合格して資格を取得しなければ調理師という名称は使えません。高校卒業後、厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業すれば、業務経験がなくても無試験で資格を取得できます。また中学卒業の場合は、指定施設で調理業務を2年以上行い、都道府県が実施する調理師試験を受験する方法があります。 

調理師資格取得の為の勉強法

調理師免許はマークシート方式の試験です。参考書を何度も読み、どこが出題されても完璧に答えられるようにしておきましょう。また、日々の生活から得られる知識もありますので常にアンテナを張ることで覚えることはだいぶ減ります。マークシート方式ですので、過去問題への取り組みは大切となります。何年分も解いてみると、必ず毎年出題されている内容がみられますのでしっかり理解して、得点を落とさないようにしましょう。

調理師の試験料・試験の内容・合格発表について

調理師資格試験料

調理師免許の受験費用は地域によっても異なりますが、おおよそ6,000円ほどです。

調理師試験・検定の年間試験回数

各都道府県により日時は異なりますが年1回です。別の都道府県でも受験することは可能ですので人によっては2回、3回受ける人もいます。

調理師の試験科目等の内容

調理師免許取得試験は筆記のみのマーク方式です。内容は主に衛生法規・食文化概論・栄養学・公衆衛生学・食品学・食品衛生学・調理理論の7つより出題されます。試験は都道府県ごとで実施される為、問題はそれぞれ異なりますが出題範囲は共通です。

調理師資格の難易度

合格率から見てもまったく勉強せずに簡単に試験に合格するというわけではありません。実際に調理する、生活していることで分かる問題もありますが、栄養学や衛生法規などは勉強しなければ解答することが難しいでしょう。過去問題から毎年類似問題が出題されるので、理解し様々な角度から出題されても確実に正解できるよう準備しておくことが大切です。

調理師資格の合格率について

地域によって多少は異なりますが、おおよそ60%前後の合格率です。ただし一科目でも平均点を著しく下回る場合は不合格となり、6割以上の正解率が必要となります。

調理師試験の合格発表

調理師試験は各地で行うため、受験した都道府県の保健所や都道府県のホームページで知ることができます。また、合格者には合格証明書が郵送されます。

sponsored link

調理師資格取得後の傾向

調理師の職業例

調理師、料理人、寿司職人、食品衛生責任者

調理師に向いている人

調理師に向いている人はやはり第一に「人に料理を提供することが好きな人」です。自分の作った料理を提供してお客様に喜んでもらうことで感動ややりがいを得られることが多いため、何も感じない方は向いているとは言えないでしょう。そのほかにもより良い食材を選べる人、衛生面で気配りがしっかりできる人、新しいレシピや今注目の食材のリサーチなど研究熱心な人にもまた調理師は向いているでしょう。

調理師と同じ分野の他の資格

管理栄養士、ふぐ調理師、船舶料理士、食品衛生 責任者、食品衛生監視員、食鳥処理衛生管理者

調理師の給料相場

調理師免許が必要な職業は、就職する地域等にもよりますがおおよそ15万~21万円前後が多いようです。「見習い期間」の場合の給料はもっと下がり10万円前後という場合もある為、一人前になりたいという強い意志と志がないと続けていくのは難しいでしょう。年収は経験を積むことで上がっていくというわけでもなく、30代では300万円、40代では400万円ほどが平均のようです。実力をつけて料理長、板長クラスまでになれば年収1000万円クラスになることもあります。

調理師の現状

長い拘束時間や低い給料、休みは週一等過酷な勤務体制が理由で退職を考える人も多いようです。最終的に独立を目指すのであれば見習い期間に対する考え方も変わりますが、雇われを希望する人にとっては過酷ともいえる仕事です。

調理師の将来性

外食産業が発展している今、調理師の需要がなくなることはないでしょう。ですが、冷凍食品の発展やコスト競争など調理師をとりまく環境は年々悪くなっています。他にも高齢化により老人ホームやディサービスといった施設がが増えてますので、飲食店だけでなく食事の用意が必要な施設での活躍もできます。

調理師の独立について

調理師は開業・独立ができるお仕事です。飲食店は資金さえあれば比較的開業しやすい業界ですが実際に生き残るには難しいといえるため、事前に経営学について学ぶ必要があります。看板メニューの創作や同業者との差別化をしっかり考えることが大切です。また、世界各地で日本食はの人気が高まっています。視点を海外に向けて活躍の場を広げることも一つの方法です。

こんな著名人の方も調理師資格を持ってます。

天達武志、壇蜜、藤岡弘、、ギャル曽根

関連記事

  1. ソムリエ 資格

    食・調理・栄養系資格一覧

    ソムリエ

    ソムリエは幅広い年齢層の男女に人気で、ワイン選びのプロの資格です。…

  2. 管理栄養士 なるには 資格

    食・調理・栄養系資格一覧

    管理栄養士

    管理栄養士は幅広い年齢層の男女に様々な活躍の場がある資格です。管理…

  3. 食・調理・栄養系資格一覧

    食品衛生管理者になるには

    食品衛生管理者は20代以上の男女が目指せる、指定食品・添加物の製造、加…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP