柔道整復師

柔道整復師とは、骨や関節、筋や腱などに発生する骨折や脱臼、打撲などを治療する仕事です。ただ外科とは違い投薬や手術は行わず、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。国家試験の合格率は比較的高く、例年70%前後で推移しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道整復師 は 20代30代 の 男女 が目指せる、 需要の高まっている 仕事です。

柔道整復師 は他にも ほねつぎ・接骨師・整骨師 と呼ばれています。

sponsored link

	柔道整復師

柔道整復師 ってどんな仕事?

柔道整復師とは、骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療する仕事です。柔道整復師の治療は、外科で行われる手術などとは異なり、手術をしない「非観血的療法」によって損傷を治していきます。捻挫をすると、ひどいときは当て木を当て、捻挫箇所を固定します。また固定だけでなく、その箇所のマッサージなども行われます。柔道整復師の特徴は、基本的に素手でのみ治療を行うことです。病院と異なり、投薬や手術は行わず、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学の考え方で治療法が成り立っています。ただし、骨折や脱臼の治療については、応急処置以外では、治療の際に医師の同意が必要とされています。

柔道整復師 になるためには?

必修問題で出そうな所をまとめる作業をします。そして、まとまったら基本的なことを完璧に覚える。そして次に必修問題で出そうな所の深い部分を暗記していく。これを半年続けて必修問題に自信が持てたら今度は3か月程、必修問題以外の範囲を勉強します。

柔道整復師 の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

sponsored link

	柔道整復師

柔道整復師 の仕事例・報酬相場

柔道整復師 の他の職業例

接骨院や整骨院で働くか独立開業を目指さず、病院の整形外科やスポーツトレーナー

PR

柔道整復師 に向いている人

患部に当て木を当てたりギブスで固定したり、またはテーピングするなどの作業は専門的な知識のもとに柔道整復師自身が行わなくてはなりません。そのため柔道整復師は手先の器用な人、また自分の体をつかって施術を行うため、体力がある人。患者さんの様子をみながら適切な指導を行っていかなくてはなりませんのでコミュニケーションが上手に取れる人。

柔道整復師 と同じ分野の他の職業

鍼灸師、整体師

柔道整復師 の給料相場

接骨院や病院の整形外科に就職した場合、新人時代の平均年収は350万円〜400万円程度、10年くらいの経験と実績があれば、600万円〜700万円程度であるようです。独立開業して成功すればこれ以上の高収入を狙うことも可能ですが、整骨院の競争は激化しており、成功は容易ではありません。実力を身に付けて、スポーツトレーナーとして名の知れた存在になれば、年収1000万円を超える人もいるようです。

柔道整復師 の現状

日本は本格的な高齢社会に突入し、介護保険関連施設とそこに働く人たちがますます必要になってきています。そうした介護保険関連施設で柔道整復師は、介護が必要な高齢者の方たちの筋力強化や機能訓練指導を行っています。また、介護保険関連施設以外にもスポーツ関連施設や健康関連施設、プロスポーツチーム、教育機関など、さまざまなジャンルで柔道整復師が求められることが多くなっています。高齢化するこれからの日本では介護の分野で柔道整復師の存在は大きくなっていて、今後もますます需要が高まるでしょう。

柔道整復師 の将来性

健康ブームによって健康関連施設やスポーツ関連施設も増えていますから、そうした施設でも柔道整復師の需要が高まっています。需要が高まり、仕事場が広がっていますが、手に職をつけたいという多くの人が柔道整復師を目指すようになり、柔道整復師の人数は増加しています。今後、柔道整復師が増えてくるにつれて、競争が厳しくなることが予想されるため、自分の得意分野をもっておくことが重要となってくるでしょう。

柔道整復師 の独立について

医療従事職の中で柔道整復師は独立・開業することができる職種のひとつであり、独立開業するということは自分で患者さんの治療方法を決めることができるということです。もっとこうした方が患者さんのためにはいい」と考えていたことが実行できるというのは、責任の重さは大きくなりますが、柔道整復師にとってやりがいのあることでしょう。

コメントを残す

*

*