グループエクササイズフィットネスインストラクター

Tweet Tweetグループエクササイズフィットネスインストラクターは20代30代の男女にやりがいのある資格です。 資格名:グループエクササイズフィットネスインストラクター 目次1 グループエクササイズフィットネスイン […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループエクササイズフィットネスインストラクターは20代30代の男女にやりがいのある資格です。

資格名:グループエクササイズフィットネスインストラクター

グループエクササイズフィットネスインストラクターの資格は「民間資格」です。

資格広場ではグループエクササイズフィットネスインストラクターになるには?グループエクササイズフィットネスインストラクターなるためには?グループエクササイズフィットネスインストラクターになりたいを応援しております。

グループエクササイズフィットネスインストラクターになるために必要な知識

理論知識ではフィットネス基礎理論:フィットネス概論、運動器の基礎解剖学、運動生理学、体力学・トレーニング科学、運動処方、運動と栄養・体重管理、心と運動、運動と安全管理、事故・傷害の予防 など。グループエクサイズ指導理論:指導者の役割、指導の準備、指導の実際、指導者の動き、グループエクササイズのクラス運営 プロになるための心得 など。種目別の指導理論:各種目における基礎知識、基本の動き、プログラミング、指導法 など。実技能力では見本となる動作を示すことができる実演能力、動きの指示や注意ができる指導能力、条件に応じて、動きを修正・アレンジしたり、連続性のある動き(コリオグラフィー)を作成できるプログラミング能力(上級レベルのみ)

グループエクササイズフィットネスインストラクターの資格は「公益社団法人日本フィットネス協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本フィットネス協会とは:

公益社団法人日本フィットネス協会は、試験の運営のほかにも、フィットネスの普及・発展のための活動もしています。

エクササイズ フィットネス インストラクター

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

グループエクササイズフィットネスインストラクターってどんな仕事なの?(仕事内容など)

JAFAは、フィットネス(健康・体力づくり)を目指して集団で行う運動を「グループエクササイズ」と捉え、現在の健康レベルを維持または向上させることを目指す集団に対して指導を行う者を「グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)」と位置づけます。GFIは、指導者に必要なKSA(knowledge;知識、skill;技術、ability;能力)に基づいた資格です。グループエクササイズには、「大勢の人が一緒に運動することにより、やる気や一体感が生まれる」「グループだからこそのパワーや高揚感、達成感、満足感を得ることができる」というグループならではの特長があります。GFIの役割は、グループエクササイズの持つ特長を最大限に生かしたプログラムを作成し、参加者が運動の効果を得られるように導くことです。

グループエクササイズフィットネスインストラクター資格取得の為の勉強法

大学・短大・専門学校・フィットネスクラブ等が主催する養成コースなど養成校に通い卒業するか、eラーニングによる理論学習と資格取得講習会での実技学習をする。

グループエクササイズフィットネスインストラクターの試験料・試験の内容・合格発表について

グループエクササイズフィットネスインストラクター資格試験料

初めてのGFI受験でSEI(上級レベル)を受験する場合41,640円(テキストブック3冊の料金と、発送手数料600円を含む)、初めてのGFI受験でSEBI(中級レベル)を受験する場合31,920円(テキストブック3冊の料金と、発送手数料600円を含む)、すでにいずれかの種目のGFI資格を保有していて、GFIの2種目め以降としてADI(上級レベル)を受験する場合は25,980円(テキストブック1冊の料金と、発送手数料600円を含む)、健康運動実践指導者を保有し、初めてのGFI受験でSEI(上級レベル)を受験する場合は31,056円(テキストブック2冊の料金と、発送手数料600円を含む)

グループエクササイズフィットネスインストラクター試験・検定の年間試験回数

年に何度かあり更新や資格取得など種類よります。

グループエクササイズフィットネスインストラクターの試験科目等の内容

筆記テストでは全種目共通テストでフィットネス基礎理論グループエクササイズからマークシートで20問、指導理論からマークシートで6問。種目別指導理論の種目別テストからマークシートで14問。実技テストより基礎能力テスト(実演能力と指導能力の判定)から各種目の規定動作や規定動作の指示指導と応用力テスト(プログラミング能力の判定)そのうちアクア2種目の実技テストは、プールではなく室内で行います。

グループエクササイズフィットネスインストラクター資格の難易度

該当なし

グループエクササイズフィットネスインストラクター資格の合格率について

50%

グループエクササイズフィットネスインストラクター試験の合格発表

該当なし

グループエクササイズフィットネスインストラクター資格取得後の傾向

グループエクササイズフィットネスインストラクターの職業例

フィットネスクラブ、スポーツジム

グループエクササイズフィットネスインストラクターに向いている人

特にスイミングやダンス、エアロビクス、ヨガなどの専門種目は、実力が一定のレベルに達していることが望ましいです。それ以上にスポーツインストラクターに向いているのは人柄の良い人です。特に利用者や生徒を明るく元気に、勇気づけられるタイプならピッタリです。また、アルバイトから正社員として採用されることが珍しくないのも、勤務態度と人柄が認められてというケースが多いようです。

グループエクササイズフィットネスインストラクターと同じ分野の他の資格

該当なし

グループエクササイズフィットネスインストラクターの給料相場

勤務形態や会社の規模によって違ってきます。フィットネスクラブやスポーツジムの社員であれば、その会社の規定の給料になりますが、同年代の収入に比べるとやや低いといわれています。社員の場合、初任給は17万〜20万円くらいで、年収は200万〜300万円くらいが相場となっています。会社によっては、30歳で年収600万円という人もいるようですが、あるフィットネスクラブに勤務するインストラクターの場合、30歳で月給が約30万円、年収が約400万となっています。

グループエクササイズフィットネスインストラクターの現状

国内の大都市はもちろん、地方の小さな都市までフィットネスクラブやスポーツジムが存在し、ダンス教室やヨガ教室などのレッスンスタジオも開かれています。しかし、アメリカやイギリス、ドイツ、フランスといった欧米の国々と比べれば、まだまだスポーツに親しむ国民の数は少なく、スポーツインストラクターの地位も高いとは言えません。これは、日本に、本当の意味でスポーツ文化が根付いていない証拠です。現在、スポーツインストラクターは収入が少なく、あまり長く続けられる職業とはなっていません。実際、全国のフィットネスクラブやスポーツジムで働くスポーツインストラクターの7割が、20代から30代の女性といわれています。

グループエクササイズフィットネスインストラクターの将来性

将来に向けて明るい希望はあります。2020年に、東京でオリンピックが開催されることに決まったからです。2020年に向けて、これから各地でスポーツに関するイベントが計画されたり、スポーツが話題の中心となるはずで、国民がスポーツに親しむ機会が増えるでしょう。日本に本当の意味でスポーツ文化が根付けば、欧米各国のように、日本のスポーツインストラクターの地位や待遇も現在より数段アップすると期待できます。

グループエクササイズフィットネスインストラクターの独立について

該当なし

こんな著名人の方もグループエクササイズフィットネスインストラクター資格を持ってます。

該当なし

コメントを残す

*

*